ひたすら自分と向き合う

「自分ノート」と、インナーチャイルドの癒し。

こんにちは、朋子です。

 

今夜は満月でーす。

The Witch, Witch'S House, Full Moon

 

このブログを

初期の頃から読んで下さっている方は

御存知だと思いますが、

 

自分の気持ちと向き合う手段として

「自分ノート」というのをお勧めしています。

 

過去に封印してきた自分の気持ちを

「出来事+気持ち」のセットで

ノートに書き出すというものです。

 

これは私が色んな本やブログを読みながら

自己流にやってきたものですが、

 

これは

インナーチャイルドの癒し」

だということに後から気づきました。笑

 

先日、インドのAkikoさんも

これについて動画を出していました。

 

www.youtube.com

 

私は自慢じゃないですが、

自分の気持ちの封印っぷりについては

小さい頃からつい3~4年前まで

かなりの筋金入りでしたので、

 

ノートを書き始めた頃は、

書く手が追いつかないくらいに

気持ちがブアーーーッ!と出てきたし、

 

書いても書いても、まだ収まらない。

という状況だったので、

 

あー、これはもう、

徹底的に出し切ってやる。

時間かけてじっくり向き合ってやる。

と覚悟を決め、

 

週4~5でカフェに通ってノートを出し、

書きまくっては涙を流すということをやりました。

(もちろん家でやってもいいんですよ)

 

店員さんから、

「あの人、また何か書いてるね」

「あの人、また泣いてるね」

とか言われてたかもしれません。笑

 

そうこうしてるうちに、

 

去年の10~11月あたりからでしょうか、

ノートを開いても、

手が止まるようになりました。

yuuhotoissho.hatenablog.com

 

「書くことが、ない。」

そう思った自分に驚きました。

 

…出し切ったんでしょうね。笑

 

結果的に、2年弱くらいは

この作業に集中したことになります。笑

 

 

気持ちを封印すると心に溜まっていきます。

 

だから、

「胸がモヤモヤする」

「重苦しい」

「呼吸が浅い」

…などの「体感」が常にありました。

 

心(ハート)のチャクラは、第4チャクラで、

ここを癒すために、

639Hzの周波数の音楽を聴きながら

瞑想したりしました。

 

おかげで心のモヤモヤからも解放されました。

 

 

…ということで、

 

過去に封印してきた自分の本音、

本当の気持ちや感情というものを

いま感じて、自分で癒す。

 

という作業は大事だ、ということを

しつこくこのブログでも書いています。

 

 

そして、これは特に、

 

気持ちを封印しまくってきた人、

自分の本音や感覚を無視してきた人、

気を遣いすぎて疲れるタイプの人、

いい子・いい人でいることに注力してきた人、

自分を後回しにしてきた人、

 

要するに、

自分より他人優先で生きてきて、

その結果、

自分がわからなくなってしまった人

 

こういう人ほど、

インナーチャイルドの癒し」は

特に時間をかけていいところだと思ってます。

 

 

やり方なんて、自己流でいいんです。

 

自分の中で引っかかっている出来事と、

その時の本音をセットで思い出して、

 

本当はこう思ってた、

本当はこういう気持ちだった、

ということを自分でわかってあげて、

しんどかったよね、わかるわかる。

って、自分を癒すんです。

 

簡単だし、誰でもすぐできます。

 

書いたものを持っているのが嫌なら、

書いてすぐ捨てちゃえばいいんです。

 

書いた後ビリビリに破いて捨てる、

ということを敢えてやりましょう、

と勧める本もあるくらいです。

 

ピンときた方は是非、やってみて下さい。

 

こちらの資料にも書いてあります。☟

自分と向き合う参考書.pdf - Google ドライブ

 

今日も読んでくれてありがとう!

/* */ @import "/css/theme/handwriting/handwriting.css"; /* */ /* */ body{background:#F5A2A2;} /* */ /* ### ブログタイトルの文字色 ### */ 6 #title a{ 7 color:#FF66CC !important; 8 } #title{ font-family: "Mplus 1p"; font-size: 10px; letter-spacing: 0px; } h1.entry-title a{ color: #752100; font-size: 20pt; }