ひたすら自分と向き合う

2023年 新時代を生きよう!

朋子です。

明けましておめでとうございます!

2023年が始まりましたね!

今年もお付き合いいただけると嬉しいです。

宜しくお願い致します(^^)/

 

年末は北海道に帰省して

両親と楽しく過ごしました。

 

新千歳空港で帰りの飛行機の搭乗を待ちながら

ボーっと座っていたときに

思っていたこと。

 

 

これからは

芸能人でもなく有名人でもない、

一般の普通の人にファンがついて

輝いていく時代なんだなぁ、

ということ。

 

それはもちろん、

「趣味」というものを通して

それを発信することで

人との繋がりが出来ていって、

 

その人が作る作品が好きとか

その人の表現が好きとか

その人が創造する「何か」に惹かれて

ファンがつく、みたいなことは

これまでもずっとあったけど、

 

これからはさらに、

 

その人が創る「何か」というより

その人の「在り方」が好き

というシンプルさが強くなるので、

 

何かを作ったり

何かすごい趣味や特技があったり

何か人のためになることを

言ったりやったりしていなくても

ファンがつく時代になる。

 

そんなふうに思いました。

 

そのためには

SNSでの発信」というのは

横の繋がりが出来ていくという点では

大事ではあるけれど、

 

究極のところ、

 

発信する気がない

発信を好まない

だから発信はしていない

という人であったとしても、

 

その人の何気ない日常が

見る人を和ませたり

楽しませたり

勇気を与えたり

人の思い込みを外すものだったり

 

とにかく

人の目に留まった方がよい

集合意識を変えてくれる

そんな生活や生き方をしている方の場合、

 

想像できないルートで

世の中に知れ渡っていって

その人の「在り方」自体が

人々に勇気を与えて

自然にファンがついていく

 

そんな世の中になっていくんだろうなぁ、

なんて思います。

 

実は人類誰もが

特別何もしなくても

存在の輝きだけで人を惹きつける

という能力を持っていて

 

2023年は

みんながどんどんそこに戻っていく

何となくそんな気がしています。

 

何かをしてもいいし

何もしなくてもいい

どっちでもいい

その選択と自由

 

そして大事なのは

自分の「満足」

という体感。

 

私自身も2023年は

そんな生き方がしたいなと

思いました!

 

今年もどうぞ宜しくお願い致します!

 

朋子

新たな気持ちで2023年へ!

こんにちは、朋子です。

皆さん、2022年はどんな一年でしたか?

 

私のことを振り返ってみると、

まずは例年に増して

身体や五感と向き合った年でした。

 

本当は感覚派なのに

ずっと頭であれこれ考えて生きてきた

その名残りがあるので、

 

頭をおとなしくさせて

感覚、体感をもっと取り戻したい。

そう思って、

ヨガやお風呂でリラックスしたり

身体を撫でて安心させたり

色んなエネルギーを感じるために

エアロビでアドレナリンを出してみたり

そんなことを実験的にやってみました。

 

それに関連して

4月からはオンラインヨガの配信を始め

秋からは「体感FITNESS」という

体感に特化したヨガや筋トレ、

エアロビの配信を始めました。

 

今年は今までになく

人との繋がりが出来た年でした。

 

前は大勢の人とワイワイするのが苦手で

人と会うと疲れるし

友達とのランチも4人が限界で

それ以上人がいると厳しい!

…と思っていましたが、

それがだいぶ無くなってきました。

 

素敵な出会いもありました。

何でも話せる素敵な仲間、

尊敬出来る素敵な先生。

人との出会いって本当に宝ですよね。

お金では買えませんし

ご縁なので本当に有難いです。

 

f:id:yuuhotoissho:20221230234130j:image

 

そして

今年後半あたりから

ぼんやりと思っていたこと。

 

私達って

自分が普通に出来ることを

過小評価してるよなぁ、ってこと。

 

私にとってのそれは

「人の話を聴く」ということで、

 

あまりにも普通にしていることだし

誰でも出来ることだと思いがちなので

 

人から

「聞き上手だよね」と言われても

その言葉を

まともに受け取っていなかったりする。

 

だけどそれって

その人の立派な才能だから

まずは自分でしっかり認めて褒めて

それからそれを活用出来たら

最高だよなって思うんです。

 

来年はここに取り組みたいと

思っています。

 

自分の才能を伸ばして使うのと、

人様の才能も見つけて

それを伸ばすようなことが出来たら

嬉しいなと。

 

そんな夢を

2023年に託したいと思っています✨

 

皆さん、2023年も

自分について気づきと変化の多い

良き一年にしていきましょうね!

 

今年もありがとうございました😊

来年も宜しくお願いします!

 

朋子

 

「好きなこと」は、些細な下らないことでいい。

こんにちは、朋子です。

 

最近、

「私は電車に乗るのがかなり好きだ」
ということに気づいたんです。


もちろん、
空いてて座れる電車がいい。


電車の揺れを身体で感じるのが心地いいし
ガタンゴトンという音も好きだし
外の景色をボーっと眺めてると
頭が空っぽになるし


何より
「乗ってるだけで
目的地に連れて行ってもらえる」
というのが、たまらなく好き。w


乗りながら
「目的地に着かなかったらどうしよう」
なんて、全く心配もしない。

必ず着くから安心しきってる。
余裕で景色を楽しめる。


これは
本当にそうなるかな?叶うかな?
と心配しないで
リラックスして安心しきって
「今」を楽しんでいれば
望む未来に必ず到着しますよ〜


という、まさに宇宙理論的な
望みに向かうプロセスそのもので
人生そのものじゃないですか!w


それを電車に乗ってると
すごく体感出来るのがわかって、
だから大好きなんですよね。

 


今日は電車に乗って
ボーーーっとしたくなり、
用もないのに都内の電車に乗って
ずっと座りっぱなしで2往復。
ほんとはもっと往復したかったくらい。


寝過ごして往復してるんじゃないよ!
やりたくてやってるの。w


ボーーーっと座ってるだけの時間。


座ってれば目的地に着く。
この感覚が心地よくて幸せを感じる。


昼間は高齢のご夫婦なんかが割と乗っていて

高齢者好きな私としては
見ていてほっこりさせてもらえるし、


電車ならではの揺れ、音、景色が
何とも言えなく好き。


車やタクシーでは味わえない幸せ感。

 

小さいようで大きい
「好きなこと」
を見つけた気がして、すごく嬉しい。

 

私は7年前くらいまでは
「自分が何が好きかわからない」
という状態で、

何をしても楽しくないし
「やりたいことがない」
と思っていましたが、

案外「好きなこと」って、
一般的に趣味と言われてない
趣味と言っていいのだろうかと
思うようなことだったりする。


むしろ
人に堂々と言えないような
本当にどうでもいいこととか
くだらないこととか
そういう小さいことが、
魂の「好き」の類だと思うし、

そこから他のことに
広がりを見せていくと思う。

 

「電車にボーっと座って
何往復もするのが趣味です」

 

私、この新しい趣味を見つけて 
本当に嬉しいんですよね。

なぜかというと
自分がすごく楽しいからです。
自分が喜んでるのがわかるからです。

「楽しい!」って思えることって
貴重ですよね。

 


…あ、そうそう、これをやる時は
目的地で一度は改札を出るか、
帰りに駅で清算する必要があるので
気をつけましょうね。

もちろん、
終点に着くごとに改札を出るのが
正規の乗り方なのだろうけどね。

 

朋子

自己受容のパワーワード。

こんにちは、朋子です。

今日は中学生の娘と2人で

お出かけしてきました。

アニメイトに行ったりランチしたりと

楽しい時間を過ごしました。

 

娘は人目が気になるお年頃で、

…というか

「気質」というのが大きいな、

と思っています。

 

小学校高学年の頃、

コロナが流行る前から

風邪を引いていなくても

マスクをつけて登校していました。

 

人に顔を見られるのが苦手。

マスクを外したくない。

給食の時間は

マスクを外さなきゃいけないから

速攻で食べ終わるように量を減らす。

 

授業で先生にあてられて

みんなの前で答えるのが嫌過ぎて

あてられる授業のある日は具合が悪くなる。

どうしても嫌過ぎて学校を休む。

 

娘ほどではないけど

私も多少そういうところはあったので

気持ちはわかります。

 

ただ娘が私と違うところは、

 

あてられる授業がある日は

学校を休む

というところです。

 

私は親に

「学校行きたくない」なんて

絶対に言えませんでした。

 

言ったところで

ああだこうだと諭されて

「頑張って行きなさい」

と言われるだけなのがわかってたし、

 

それ自体が

ものすごくキツいことだったのです。

 

親が自分の気持ちを理解してくれない。

何とか納得させようと

必死に説得してくる。

それ自体が私には辛かった。

 

だから

どんなに嫌でも

学校には我慢して行きました。

 

そんなこともあり

私は小さい頃から

「親に相談する」

ということをしなくなりました。

 

親がこうして欲しいと思うほうに

ものすごい勢いで説得される。

それがわかっていたし

それがすごく寂しかったのです。

 

私達って、

ただ、気持ちを聴いてもらって

「そうなんだね」

って言って欲しい。

 

もう本当に、これだけなのです。

 

それがわかっていたからこそ、

私は

医療ソーシャルワーカーという

「人の話を聴く仕事」

を選んだのかもしれません。

 

そして私たちは本来

誰かに、ではなく

 

自分に気持ちを

わかってもらって

自分に

「そうなんだね」

と言って欲しい。

 

もう本当にこれだけ。

本当にこれだけだと思うのです。

 

自己受容って

結局こういうことですよね。

 

私は子供の頃は

とても真面目な優等生だったので、

 

「学校行きたくないなんて思っちゃだめ」

「学校休んじゃダメ」

「親を困らせちゃだめ」

「ちゃんとしなきゃだめ」

「そんなこと思っちゃだめ」

とやっていたので、

 

結局、自分で自分の本音を

いつも自分で受け止めてなかったのです。

 

自分で受け止めていないうちは

親もそういう反応をしてくるのだと

思うんです。

 

私は

生き方を変え始めた6、7年前くらいから

 

徹底的に自分の本音を

全部受け止めてあげたい

と思い、

 

それを日常でずっとやってきて

今もやっています。

 

子どもの頃から

ここが全然出来てなかったな、

と思ったのです。

 

私と同じような方がもしいたら

自分の本音を

自分で受け止めてあげるための

簡単なパワーワードがあります。

 

それは

 

「わかるー!」

です。w

 

自分が何を思っても

何を感じても

心の中で

「わかるー!」

と言ってあげるんです。

 

これ、簡単なワードですが

かなり効き目あります。

 

「だよねー」とか

自分にしっくりくる言葉を

探してもいいと思います。

 

私はとにかく

「わかるー!」で

ずっとやってきました。

 

私達は

自分の気持ちというものを

他人ではなく

自分に一番聴いて欲しいし

自分に一番わかって欲しい。

 

自分に

「わかるよ」

「そうだよね」

と言って欲しい。

 

本当に

それだけだと思うのです。

 

朋子

自分にとっての「大ごと」が未来に繋がる

こんにちは、朋子です。

 

昨日、初めて「ロクシタン」に入りました。

 

私、美容に関してはあまりこだわりがなくて

デパートの化粧品売り場で

化粧品を買ったこともないんです。

 

 

昨日、買い物に行ったら

たまたまロクシタンの前を通りました。

いつも通っているところです。

いつも素通りしていますが。w

 

でも昨日はお店に入った。

なぜなのか?

 

最近、知り合いの方が

ロクシタン大好きなんですよ、

香りがとても良くて

化粧水とか使ってるんですよー」

って言っていた。

 

それから

最近いただいたハンドクリームが

ロクシタンのレモンの香りのやつで

香りがとても良かった。

 

つまり最近、

ロクシタン」というワードが

急に私の世界に現れ始めた。w

 

それを思い出して

私はロクシタンに吸い込まれるように

入っていったのです。w

 

ロクシタンは植物とか果実とか

天然成分の香りにこだわっているようで

いい香りのハンドクリームや

ブースターのオイルが特に人気のようですね。

 

可愛い店員さんが声をかけてくれました。

「何かお探しですか?」

 

私「いやー、初めてこちらに入ったので

全然何も知らないんです」

 

その店員さん、とっても素敵な方で

「買って欲しい」というエネルギーが全くない。

この店員さんとの出会いがまず奇跡。

 

ただただ楽しそうに

「これ、すごくいいんですよ!」

「これ、すごくいい香りなんですよ!」

って言いながら色々出してきて、

私の腕や手の甲に色々つけてくれる。w

 

私の腕にスクラブまでつけて、

「つるっつるになるんですよ~」

って言いながら

腕をくるくるマッサージしてる。w

 

私の腕と手の甲は

信じられないくらいしっとりして

すっごいいい香りに包まれて

自分の腕じゃないみたいになった。w

 

…なるほど、

ロクシタンが人気で

コアなファンが多くいる理由がわかった。

 

成分が天然の植物とかシアバターとかで

しかも濃厚に含まれているから

化粧水もクリームもオイルも

どれをつけてもらっても

「入る!」「濃い!」っていう感じ。

 

あとなんと言っても

全シリーズ、香りが良すぎる。

3週間ごとに新しい香りのシリーズを

出しているとかで

今出てる「アップルマロン」も

「リンゴと栗…その組み合わせは謎」

と思ったけど

すっごいいい香りでほんとにハマる。w

 

なので

スキンケアがやりたくて仕方なくなる。

その時間が楽しくて仕方なくなるし、

自分の肌に癒されてしまうのだ。

 

…そうか・・・

私は悟ってしまった。

 

…これがスキンケアってやつか!

(今更www)

 

楽しくて癒される

やりたくて仕方なくなる

自分の肌に癒される

 

そんなスキンケア、最高過ぎる。

ロクシタンって高価だなって思ってたけど

こんな幸せな時間が毎日とれるのなら

安いなって思った。

 

そんな感じで昨日美容液を買ったんだけど

追加で色々欲しくなって

また買いに行こうと思ってるんです。

 

それでね、

このロクシタンの一件、

「日常での些細な出来事」

という風味ですが、

 

私にとっては

全然些細じゃない、

結構な大ごと

だと思ってるんですよね。

 

私のスキンケアへの意識が

大きく変わりました。

 

スキンケアで

こんなにワクワクできる

こんなに楽しい

こんなに肌が変わる

こんなに癒される

 

それがわかったから、

 

スキンケアって

「自分を大切にする」ことの

最たるものだと思ったし

(本当に今更ですいませんw)

 

大好きなアイテムを使って

スキンケアするだけで

自己肯定感上がるじゃん!

とも思ったしw

 

とにかく私にとって

結構大きな意識改革が起きたw

 

そしてこれは

未来の何かに繋がってる

と思うんです。

 

この話単体で終わるのではなくて、

 

例えば

人目に触れる機会とか

撮影の機会が訪れた時に

このスキンケアのおかげで

自信が持てた だったり、

 

「自分を愛でる」という感覚が

肌を通してよりわかるようになるから

何か新しいアイデアが湧いちゃったり

やりたいことが出てきたりする。

 

そういう未来に

繋がっていくと思うんです。

 

おお!とか、へー!とか

視野が広がったな!

とか思った出来事って

それ単体で物語が終了ではなくて、

 

未来の何かに繋がっていく

それが楽しいじゃないですか?

 

客観的に見たら

ロクシタンで初めて買いました」

的なちょっとした出来事だけど、

 

自分にとっては

全然些細じゃない

意識が変わった

 

これを大事にしたいし、

何か未来に繋がる!と思って

わくわくしていいと思うんです!

 

せっかくこういう体験をしたので

ロクシタンで色々買って

スキンケアを楽しんでみよう!

って思っていて、

 

そこからまた生まれる何かが

とっても楽しみなんですよね~

きっと何かに繋がると思うから!

 

…という話でした~

 

一見些細でも

「自分にとっては大ごと」

これって大事な気がしています^^

 

ではまた^^

朋子

身体を撫でてみると、面白いことが起きた。

こんにちは、朋子です。

 

前回の記事にも書きましたが、

五感に意識を向けて

五感の感覚を立てていく実験として

 

身体を撫でて安心させてあげたり

安堵感や感謝を感じたり

よし!というパワフルさを感じたり

 

こういう数種類の

体感の異なるエネルギーを

身体で感じる

というのをやってみています。

 

まず

「いつも五感を意識して

毎瞬五感に居続ける」

この練習をしているのですが、

 

「ずっと五感にいるのは難しい」

という思考が出たんですよね。

 

だけどよく考えたら簡単なはず!

だって赤ちゃんの時は

みんなこれをやってたんだから!w

 

年中さんくらいまでは

五感で生きていたのでは?

 

子供って、一度見たCMの

映像も音楽も

はっきり覚えてたりしますよね?

 

視覚も聴覚も

すごく立っているんだろうなって

思うんです。

 

私もそこを目指していきたい。w

 

…ということで

「毎瞬五感に居続けるのは

難しくない、簡単!」

という設定にしてから

始めていきました。

まず

身体を頭からつま先まで

手の届く範囲で撫でていく

 

ということを

毎日やっていまして、

そこでの面白い気づきを

シェアします。

 

私はヨガをやっているので

割と呼吸とか身体に

目を向ける時間は持っているのですが、

 

「ただ身体を撫でる」というのは

ヨガとは少し違って

ただただ自分を労わる時間

という感じがします。

 

ただただ、

頭からつま先まで順番に

撫でていくだけなのですが、

 

自分の手の温かさが

皮膚を通して伝わってきて、

撫でたりさすったりすると

とても安心します。

 

この「安心」の周波数が

源の周波数なので、

余計な思考が浮かばなくなるし、

 

普段は浮かばないような

めっちゃ肯定的思考が

浮かんでくるようになるので

面白いです。

 

例えば今日、

足首と足裏を手で撫でながら

「視覚」に集中してみたんです。

見え方に意識を集中させるんです。

 

足首の内側って色が白いから

細かい毛細血管が浮き出ていて

よく見えるんですよね。

それに目が行って。w

 

普段だったら

「あー、年取ったなぁ」とか

思うところですが、

 

身体を撫でて

安心の周波数になってるので、

 

そのたくさん見える

細かい紫の毛細血管たちを見て

「芸術的だね」

って思ったんです。w

 

…で、

足には虫刺されの跡や

湿疹の跡がたくさんあるんだけど

「綺麗な脚だなぁ」

って思ったし

(自分の脚に対して

そんなこと思ったの初めて)w

 

さらに、

足首と足裏が白いので

撫でている手の甲が

日焼けして黒いのが際立っていて、

ちょっとシワ感もあることに

目が行って。

 

その黒い手の甲を見ていたら、

「この手を使って

今までの人生で色々やって

今まで生きてきたんだなぁ…」

と思って、

その黒さとシワにさえも

愛しさを感じたんです。

 

「あぁ、手も年を取ったなぁ…」

とか思いそうなものですが、

 

身体を優しく撫でていると

身体が安心の周波数になるので

拾う思考が

自分に対して肯定的なものになる

 

自分でも驚くんです。

足首のたくさんの毛細血管を見て

「芸術的だね」

って思ったあと、

 

…芸術的って!ww

って自分でウケちゃって。w

 

そのくらい

普段は拾わないような

自分に優しい思考が出てくる

ってことなんですよ。

これ、面白くないですか?w

 

…それで、

日焼けして黒くて

ちょっとシワのある手の甲を見て

さらに出てきた発想。

 

本革のカバンや小物って、

使ってるうちにツヤが出て来て

ちょっとキズがついても

「長く愛用してるからこれが味なの」

とか言うじゃないですか?

 

「味が出るのが革の良さ」

とか言って

大事に長く使うじゃないですか?

 

身体も、そういう意識を持って

大事に扱ってあげたいって

思ったんです。

 

自分の身体は世界に一つですし!

「手がずいぶん黒くなったから

新しいのに替えよう」

ってことはできないんだし、

身体は一生ものなんだから!

 

よく

「歯は一生ものだから大切に」

って言うけど

歯だけじゃなくて

身体そのものがもう、

一生ものだから!!!

 

っていうか

歯は差し歯とか入れ歯とか

インプラントとかできるし!w

 

身体はほんとに一生ものだから!

 

だからこそ

身体そのものを大事にしたいのと

身体で感じる「感覚」

「五感」も大事にしたいと

思うのです。

 

そしてこの

身体を撫でた時の周波数を

身体を撫でなくても

デフォルトとして

いつも感じていられるようになったら

すごくいいと思うのです。

 

しばらくこの

エネルギー体感実験を

続けようと思ってます^^

 

朋子

身体の感覚(五感)を育てる実験中です

こんにちは、朋子です。

 

竹腰紗智さん(HAPPYちゃん)の

オンラインプログラムに

入っていまして、

 

前から言ってくれている

「エネルギーを出す」

ということを

ここ数週間でやっとやっと

本腰入れてやっています。w

 

「ヘルツを出す」

「エネルギーを出す」

「ハートを震わす」

「源と繋がる」

どれも同じ意味合いですが、

 

愛されてるなー

ホッとするなー

というような

安心感のエネルギー

 

ありがたいなー

という感謝のエネルギー

 

そして

やるぞ!できる!みたいな

パワフルなエネルギー

 

こういう数種類のエネルギーを

意図的に出していきます。

 

こういう、

「意図的にエネルギーを出す」

というのが

私は苦手でした。

 

何か「意図的に」というのが

不自然だなと思ったのと、

 

特に何も起きていないのに

よし!いける!とかやるのが

嫌だったのかもしれません。w

 

遊び感覚でやればいいのに

思考が

「やりたくない」と言ってくる。

 

「今この瞬間」

が大事だとよく言うけど、

 

「今にいること」

=五感を意識すること

だから

思考を鎮めて五感を立てる

ということをやっていきたいな。

って思ったんです。w

 

「もっと自分に満足したい」

「もっと幸せを味わいたい」

「幸せな出来事があるから

幸せなんじゃなくて、

何もなくても幸せを感じられる

感覚で在りたい」

 

と思うようになった時に、

 

自分の五感に意識を集中させて

五感というもののすごさを味わったり、

 

身体を自分でなでなでして

自分から愛されている感覚を

「体感として」先に感じたり、

 

いま何か達成したいことがなくても

ただ「よし!」「いける!」

とやるだけで

パワーをエネルギーで感じる

 

ということを

じっくりと

やってみたくなったのです。

なかなかマニアックですよねw

そんな経過で

これをやり始めて

数週間経ちましたが、

 

なかなか面白いです。

 

私は静かな音楽を聴きながら

瞑想して

wellbeing

ほっとする安堵感とか

静寂の中に入っていくのは

割と得意ですが、

 

よっしゃ!いける!みたいな

パワフルなエネルギーを感じるのは

苦手だと勝手に思っていました。

 

だけど、やってみると実は

パワフルなエネルギーを体感するほうも

私、ずっとやっていたなということに

気づいて。

 

このブログを書き始めた頃、

とにかくカフェに通って

「自分ノート」に自分の感情と気持ちを

書きまくっていたのですが、

 

※自分ノートのことについては

過去記事に結構書いています

 

yuuhotoissho.hatenablog.com

 

書くことに疲れたら

元気になる音楽を聴いていました。

セカオワとか米津玄師さんとか

SUPERBEAVERとかフレデリックとか

好きなアーティストの曲を聴いて

大丈夫!大丈夫だから!と

自分に言い聞かせていました。

 

たぶん

「大丈夫!」「よっしゃ!」

「やった!」「ヤバい!」

という、静かな情熱みたいなのが

私にしっくりくる言葉なんだと思います。

 

むっちゃテンション高く、

「おっしゃぁーーー!!」

「絶対いけるーーー!!」

「うりゃあーーーー!!」

みたいなエネルギーの出し方は

私らしくないから

今まで違和感あって

やりたくなかったんだと思うw

 

…ということで、

ずっと自然にやってた。w

 

カフェに毎日通って

まず静かな曲を聴きながら瞑想して

それからエイブラハムの本を読んで

疲れたら

好きな曲を聴いて元気になって

 

…っていう、これって

数種類のむっちゃいいエネルギーを

一気に体感するすごくいい時間だったじゃん!

 

ってことに改めて気づきましたw

 

ということで

それから数年経って

当時より自己否定が格段に減っていますので、

 

なるほど、このタイミングで

また改めてこの

「エネルギー体感」をやったらいいよ、

 

という、

ハイヤーセルフからのメッセージなのでしょう。

 

はい、毎日やっています。w

 

どんな体感を感じているかについては

また追って書きたいと思います(^^)/

 

朋子

憧れの人の「在り方」からデータをもらいました。

こんにちは、朋子です。

 

先日、ご縁があって

プロドラマーさんから

ドラムレッスンを受けました。

 

私、ほぼ初心者なのに。w

 

私が直接お願いしたんです。

あるライブに行ったときの

ドラマーさんが

むちゃくちゃ上手でカッコ良くて、

 

その方のホームページを見たら

「レッスンは初心者OK」と

書いていたので

お願いしてしまった。w

 

速い曲をとってもパワフルに叩く

すごい方なんです。

多くのアーティストさんの

全国ツアーに同行されてる

プロ中のプロの方なんです。

 

そんな方に

レッスンをお願いしてしまった

ほぼ初心者の私。w

 

でもそういう方が

どんな練習をしているのか

知りたかったし、

 

ドラムのスキル以外にも

普段どんなふうに自分を見ているか

とか

どんな意識でいるのかとか

「在り方」の部分も是非

聞いてみたかったのです。

 



お会いしてみるとやはり、

ドラムの練習についても

「在り方」についても

とても興味深かったです。

 

ドラムの練習について

詳しく書くと長くなるので

端折りますが、w

 

「プロほど基礎を大事にしている」

ということがわかって

私、とても感動しました。

 

なにやらすごいハードな練習を

こなしているのだろうと

想像していましたが、

 

…いや確かに、

ハードな練習はされているのですが

何より大事なのは土台の「基礎」で

練習メニューは基礎の応用。

 

こんなすごいプロドラマーさんが

ずーっと基礎を大事にしている

というところに

感動してしまいました。

(当たり前なのかもしれないけどw)

 

 

それからもうひとつ

私が凄すぎると思った点は、

 

めっちゃんこ凄いドラマーさんなのに

インスタやYoutubeはやってなくて

メインはご自身のホームページでの

発信なのです。

 

色んな有名アーティストさんの

全国ツアーに同行されて

ライブで叩いていらっしゃるのですが、

 

アーティストとの契約上

色々な規制があるので、

例えばTwitterとかで

「今日は〇〇さんのライブで叩きました」

って画像を載せて発信することも

ちょっと難しいらしいのです。

 

…となると

自分の発信自体、

なかなかできないじゃないですか?

 

だけどこの方のすごいのは

 

仕事はほとんど

「〇〇さんっていうドラマーさん

すごくいいよー」という

口コミで仕事が入ってくる

というところなんです。

 

自分からアピールしなくとも

口コミで仕事がどんどん入ってくる。

 

これって、すごいことじゃないですか!?

 

こういうのって

「上手いから」っていう技術だけじゃなく、

 

その方の人間性とか在り方とか

どれだけ楽しそうにやってるかとか

そっちがすっごく大事ですよね!?

 

本当にこれ、すごいことだと思うんです。

確かに、とっても素敵な方で。

 

この在り方を学ばせてもらって、

 

「…私も、それがいい!!」

ってすごく思いました。w

 

私の知らないところで

私の素敵さと素晴らしさが

口コミで広がったら嬉しいなぁ。

 

…ということを望みました。w

 

いいんです、図々しくて!

望みなんだから。w

 

どういう口コミが

どんな風に広がって

キャーやばーい!(≧∇≦)

となる妄想を楽しんで

ニヤニヤしました。w

 

いいんです、図々しくて!

望みなんだから!

(2回目。w)

 

本当に、

このドラマーさんとの出会いに感謝だし、

 

ライブで「この方はすごい」と感じて

ドラムのレッスンをお願いしちゃえた

自分にも感謝です!

 

今回は連絡する時に

「勇気」とかいらなかったなぁ。

ただ何か背中を押されるように

「お会いしたい」というワクワク感が

すごかった。

 

ドラムの練習の仕方も

「在り方」の部分も

初回からとっても勉強になっています。

レッスン継続中です。^^

 

朋子

外側の評価を気にしない感覚になりたい

こんにちは、朋子です。

SNSで色々発信している皆さん、

いいね!の数や

フォロワー数って気になりますか?

 

私、日常のちょっとした発信は

インスタを使っていますが、

 

いいね!の数とかフォロワー数って

あまり気にしないほうなんです。

フォロワー数が何人かとか

チェックしたことないし。w

 

…それが、ここ数日急に

投稿した時の「いいね!」の少なさに

目が行ってしまい、

気になってしまったんですよね。

 

だけどこの

外側の指標と

外側の評価を気にしている限り、

 

そこにずーっと振り回されて

増えただの減っただのって

一喜一憂しなければならない。

 

それ本当に嫌だな

って思ったんです。

 

そういう数字とか

外側の指標とか人気とか

気にならない感覚になりたい

 

…って心から望みました。w

 

 

このはてなブログについては

自分の中の気づきを

自分の記録のように書いているので

ほぼ自己満足なのですが、w

 

Instagramというのは

画像や動画、ライブ配信など

目に訴えてくる情報が多いので

どうしても外側意識になりやすいし

人目を気にしがちになりやすい

というのは感じています。

 

 

…それで今回思ったのは、

 

あれ?私、意外と

そういう傾向あるのね…

 

もしかして本当は

数字が気になってたのに、

「いいね!の数と自分の価値は

何の関係もない」という

「知識」があるだけに、

 

「本当は気になる」って

自分で自分に言えなかったのか?

本当は気になるのに

見に行かなかっただけなのか?

 

って思ったんですよね。w

 

だとしたら、

まずは正直に自分にちゃんと

「気になる」って言わせてあげる。

思わせてあげて認めてあげる。

「だよね、気になるよね」

ってわかってあげる。

ってことが、まず大事ですよね?

 

それから、

でもそこじゃないんだよ。

そこにこだわってると

ずっとしんどいだけなんだよ。

 

自分の感動や気づきを

自分の満足のために

表現すればいいだけなんだよ。

 

っていうところに持っていけたら

いいですよね。

 

 

今回、どうして急に

いいね!の数なんて気になったのかな?

って考えてたら

秋分だからか!って思いました。w

 

春分秋分夏至冬至

ライオンズゲート

 

こういう節目の時期は

自分のいらない思い込みを

外すきっかけになるようなことが

起こりますよね、

ありがたいことに。w

 

「もうそれ、いらないよ」

ってことなんでしょうね。

 

皆さんはどうですか?

 

朋子

どんな瞑想が好きですか?

こんにちは、朋子です。

 

みなさんは

「瞑想」ってしてますか?

どんな瞑想をしてますか?

私は数年前から

気が向いた時に瞑想していて

 

それは

ゆったりした音楽を聴きながら

深い呼吸をして

思考を鎮めていくという

静かな瞑想で、

 

体感としては

「安心感」「平和」「無」

の感覚に入れる瞑想です。

 

前はよく

カフェでも瞑想してたなぁ。

(カフェでもできるんよw)

 

そのおかげか

ずいぶん自己否定が減って

頭の中が静かになって

平和な感覚でいられるように

なったんですよね。

 

 

それで最近はというと

◎もっと思考を静かにして

感覚を研ぎ澄ませていきたい

◎もっと身体(全細胞)と

仲良くなりたい

◎もっと自分のパワーを

感じていきたい

 

…と思って、

 

五感に意識を向けて

身体の細胞全体と仲良くなり

自分の(身体の)パワフルさを

感じていく時間

 

これをやってみています。

10日ほど経ったところです。

 

音楽を聴きながら

全身をなでなでしてあげて

普段意識を向けない内臓にも

意識を向けていきます。

 

ちゃんと見てるからねー

って言ってあげます。

 

そうすると細胞たちが

身体の主である自分から

目を向けてもらえて

歓んでいるように思えてきて、

身体と仲良くなった気がするんです。

 

身体の主である自分と

いつも主のために動いてくれる細胞が

お互いに感謝し合う、みたいな。w

身体がぽかぽかしてきます。

 

…で、こうして細胞たちと

仲良くなれたところで、

 

パワーを感じる曲をかけます。

壮大なクラシックとか

すごく元気の出る曲、

テンションの上がる曲など。

 

それを聞きながら

仲良くなった細胞たちを

意識しながら、

 

…よし!みたいなアツさと

パワフルさを感じていきます。

 

「体感」が大事なので

身体の感覚をじっくり味わっていきます。

 

↑ ↑

この「パワフルさを感じる時間」って

最近少なかったなって

思ったんです。

 

別に少なくてもいいし

無理して感じようとしなくても

全然いいのですが、

 

「私はすごくパワフル」

「私が自分の世界を創ってる」

「現実の責任は私にある」

「起きることに私の意識が関わってる」

 

という、

「自分のパワフルさを

もっと感じていきたい」

「自分の現実にもっと

責任を持っていきたい」

 

と思ったんです。

 

「責任」って言うと

何か重いものを感じがちですが、

 

ここで言う「責任」は

「選択の自由」

ってことだと思うんです。

 

考え方も思考も気分も

全部自由に選べる

それを自分で「選んだ」

だから人のせいにはしない

 

というパワフルさが欲しい。

これを感じていきたい。

 

このパワフルな自分が

私達の「正位置」ですもんね。

もともとは私達、パワフル。

 

どうも

「自分には力がない」

と思いがち。

 

もっとパワーを感じたい。

もっと自分を信頼したい。

 

…という望みからの、

最近のこの

「細胞パワー瞑想」

なんですよね。

…いま名付けたけど。w

 

これを

しばらく続けてみようと思ってます。

 

ではまた!

朋子