ひたすら自分と向き合う

ひたすら自分と向き合う

「自分がわからない」を卒業して自分を生きる✨

長年持っていた思い込みを見つけたら、どうする?

こんにちは、朋子です。

 

私の母は

ああしたらいいよ

こうしたらいいよと

本当に細かく

アドバイスしてくるタイプでした。

 

良く言うと「頼りになる」

悪く言うと「過干渉」

 

私はこれがいい!こうしたい!

と主張しても、すぐ却下される。

 

「お母さんの言う通りにしてれば

間違いないから」

ってゴリ推ししてくる感じw

 

これが繰り返されると、

 

自分の意見を言っても

どうせ採用してもらえない

という拗ねといじけから

自分の意見さえ言わなくなり、

黙って誰かの意見に従うようになる。

 

そして

自分の本当の気持ちというのが

わからなくなっていったのです。

 

ですが、これは

母がそうだったから私がこうなった

ということではないのです。

 

前の投稿でも書きましたが、

 

同じ母親に育てられたとしても、

子供の気質によって、

母親の意見を受け入れる子と

自分の意見を通す子がいて、

それは気質によりけりだからです。

 

こういう過程の中で

私が握りしめた思い込みは、

 

どうせ私の意見など通らない。

言うだけムダ。

却下されたときの無力感をもう感じたくない。

何も言わないほうがラク

 

こういうやつです。

 

こういう思い込みを持っていると、

これに気づかせる出来事が

何度も起きてきます。

 

…それがもう

本当にダルい。w

 

自分がそういう思い込みを

持ってるからだって

気づいてるので、

 

…ちょっともう、

もうこの思い込み、いらない!

もう手放したいーーー!!

 

って叫びたくなりますw

 

必ず自分で気づけます。

だって、

自分が言ったことに対して

それいいね!

って言ってもらえなかった時の

気分の悪さとモヤモヤ感が

半端ないからです。

 

↑この気分の悪さは、普通じゃない。

何かあるな?

って思うわけです。

 

私だって人の意見に対して

賛成しない時たくさんあるしw

 

人それぞれ意見が違って当然。

そんなことわかってるのに、

 

なのになぜ、

人に賛同してもらえないだけで

こんなにもモヤモヤするのか?

 

あーそうか、これは

今までの人生で出来上がった

思い込みなんだな。

 

これはもう不要な思い込みなんだって

気づかせるために

この事象が起きてんだ。

 

わかったら深呼吸して、

 

はぁー…そうかそうか。

私ずっと、この思い込みにやられてたわ。

無駄に自分をいじめてたわ。

 

と認めたうえで、

真逆の設定をしたり、

じゃあどうだったら嬉しいか?

どんなのが理想か?

ってのを考えてみる。

 

まず、

私の心に沸いた意見はしっかり表現していきたい。

自分の意見をまず自分で認めてあげたい。

 

その意見を尊重してもらいたい。

お互いの意見を尊重し合える関係がいい。

お互いの発想の自由を楽しみたい。

平和と幸せと安心を感じたい。

 

こうやって、

どんなのが理想かってことを考えて

そっちの意識で生きていくと決める。

 

ということを

地道にやっていきます。

 

これをやってると、

もうやだー!ダルー!!

と思うような事象が減ってきますw

 

朋子♡