ひたすら自分と向き合う

ひたすら自分と向き合う

「自分がわからない」を卒業して自分を生きる✨

のんびりすることの大事さと、望みへの許可力。

こんにちは、朋子です。

 

私は長らく、望みが出ない人でした。

 

正確に言うと、

「あれやってみたい」

「これもやってみたい」

という望みが

心の奥底から湧いてきても、

 

それをキャッチしてあげられるだけの

「許可力」

を持っていなかったのです。

 

小さな小さな自分の望みに対して、

「いいねいいね」とか

「やってみようよ!」って

全力で応援してあげられるだけの

器量、受容力、許可力よりも、

 

「どうせ無理だよ」

「できる訳ないよ」

「そんなことして何になるの?」

っていう、

自分の望みを瞬時に潰そうとする

頭の中の声の方が

断然、大きかったのです。

 

この、望みを潰してくる頭の中の声は

ほぼ、瞬殺でした。笑

 

だから、

私は望みが出ない人だと

思い込んでいたのです。

 

私はこの時期は、

望みをノートに書き出せば書き出すほど

気分が悪くなりました。

 

そんなの無理だ、

私にできる訳がない、

という頭の中の声が肥大して、

自分がどんどん拗ねていって、

どんどん気分が悪くなるんです。

 

その時期に思ったことは、

 

そうか、私はまだ

頭の中の否定が強いんだ。

 

無理して望みを書き出したりするよりも、

ひたすら心身をリラックスさせて

頭の中を緩ませていこう。

 

そんなふうに思って、

のんびりだらだらとした生活を

送っていた時期があります。

 

これは、かなり有効だったと

今振り返って思います。

 

どんな生活を送っていたかというと、

 

朝一でホットヨガに行き、

軽く筋トレ、瞑想、深呼吸、

ストレッチ。

自分の筋肉の伸びに意識を集中することが

自分に意識を向ける練習にもなり、

いい汗をかいてスッキリ。

 

その後、銭湯に行って

ドクターXの大門未知子の銭湯シーンのように

ふあぁーー気持ちいいーーー!

と足を上げながら湯舟に浸かり、笑

 

風呂上がりに炭酸水を飲みながら

魂が抜けたように

ボーーーーーーっとして、

 

帰って、ケーキやプリンを食べて、

昼寝する。笑

 

または、

朝からスタバに行って

2時間ほどノートに気持ちを書きなぐる。

望みは書かない。笑

ひたすら、今の気持ちだけを書いて、

好きなコーヒーをおかわりして

はぁ、幸せな時間だったー。

と思いながら帰宅。

 

ケーキやプリンを食べて、昼寝。笑

 

こういう、だらだらとした

なまけもの生活をしていた時期があります。

 

この時期があったからこそ

私は心身ともに緩んで、

頭の中も緩んで、

自分への否定も少なくなっていったな、

と思うんです。

 

f:id:yuuhotoissho:20201105212343p:plain

心身ともに緩んでいくと、

あー今日も何もしていないことが幸せだな。

今日も身体が動くし

今日も呼吸が気持ちいい。

昼寝できる幸せ。気持ちがいい。

幸せだなぁ……

色んなことがどうでもいいなぁ…

 

という心境になってきます。

 

それプラス、

ノートに気持ちを書き出す

という作業をすることで、

今日も私と仲良く会話できた。

自分の気持ちをキャッチしてあげられた。

自分の本音を見つけてあげられた。

嬉しいなぁ。幸せだなぁ。

 

という気持ちになってきます。

 

↑ こういう、

ひたすらだらーんとする時期というのは

実はとーーーっても大事だと思っていて、

 

この時期に

自分を否定する頭の中の声が

減っていったなぁ、

という気がしているんです。

 

これは過去に何度か書いていますが、

私の場合、「ヨガ」というものが

自分の心身に意識を向ける

良い練習になったと思っていて、

この時期、散歩や水泳もやっていたので

軽い運動というのはやはり良いと思います。

 

あとは自分がリラックスできること。

お風呂や、カフェなどですね。

 

そして気持ちを書き出すノート。

これで自分と会話して、

自分と仲良くなる。

自分の気持ちへの「許可力」が

復活してくるんです。

 

だらだらする時期も必要で、

その時間は

とっても価値がある。

 

そんなふうに思います。

 

今年に入ってから徐々に、

自分の望みに対して

いいねいいね!って言えるようになり、

望みを瞬殺で潰さなくなってきましたが、

 

今も、

頭であれこれ考えるようになってきたら

リラックスモードに入りたくて

意識してのんびりだらだらします。

 

真面目な人ほど、

のんびりすること自体に

罪悪感を感じてしまうので、

のんびりすること自体が、

自分の望みを許可する練習の

第一歩になっているのです。

 

なので、のんびりすると決めたら

罪悪感を持たずに

思い切りのんびりしましょう。

人生の中で、

そういう時期があっても良いと思います。 

 

あと、自分との会話も大切に♡

 

ではまた!