ひたすら自分と向き合う

ひたすら自分と向き合う

「自分がわからない」を卒業して自分に戻っていく実践記録です✨

2020年も自分に集中していきましょう!

皆さん、遅ればせながら、

明けましておめでとうございます。

 

あらためまして、

 

「ひたすら自分と向き合う」

を書いています、朋子です。

 

2020年も宜しくお願いします(*^^*)

 

このブログは、ブログ名のとおり、

自分と向き合って

自分と繋がって生きようというブログで、

 

私が日々自分と向き合う中での

どうでもいい実践内容や実体験、

私が好きなエイブラハムや宇宙理論、

音楽などについて書いているブログです。

 

良ければお付き合いいただければと思います。笑

 

 

さてさて。

 

今年の私のテーマは

「どんどん望みを出していく!」

ということです。

 

これはもう昨年の暮れから決めてました。笑

 

昨年1年間は、

自分をリラックスさせる

自分の全てを許していく

 

というところに集中したように思います。

 

おかげでだいぶ心身ともに緩んで、

ラクに生きているとは思いますが、

 

「望みを出す」ということが苦手でした。

 

 

これはもう、当たり前だと思ってます。

だって長年、

望みを出すということが下手だったし

慣れていなかった訳ですから。笑

 

望みなんて、

出ると同時に瞬時に封印。

または諦め過ぎて、望み方忘れた。笑

 

そして

望みを出すと同時に抵抗が出る、

つまり、

「どうせ無理」という気持ちが瞬間的に出るので

かえって気分が悪くなる。笑

 

去年はこういう感じだったので、

 

さぁ今年は、

さらにリラックスして、

さらに自分の全てを

許して受け入れていって、

 

望みを出すということに慣れ、

どんどん望みを出していこう!

 

…って思ってます。笑

 

 

こういうのって、やはり

人それぞれの意識の「段階」

ってもんがあるじゃないですか。

 

心身ともにリラックスして緩んで、

そうか、私はこれでいいんだ、

ダメなことなんて何もなかったんだ、

自分で否定してただけだったんだ、

 

なーーーんだ。

 

っていう境地にある程度いかないと、

 

「望み」どころじゃないんですよね。

 

それがよくわかったので、

今年はそこに集中していきたいと思ってます。

Spring, Sad, Fruit Trees, Tree, Season, Branch, Flower

 

昨年の暮れから、

Happyちゃん(竹腰紗智さん)がやってる

『Happy理論研究所』の

研究員として稼働しています。

 

研究員は約2600人、期間は約60日。

研究員それぞれが

日常生活の中で自分の意識と向き合い、

 

その実践と研究の報告をし合うという、

 

まさに

「ひたすら自分と向き合う」

ということを日々やっている、

マニアックな研究所です。笑

 

実は今それが結構忙しくて

ブログ記事がなかなか書けない。笑

 

ですが楽しいし気づきも多いので、

 

そこで得た気づきも

このブログでシェアしていきたいと

思っていますので、

 

皆さん、今年も一緒に

ひたすら自分と向き合っていきましょう!

 

では今年も宜しくお願いします♡

 

朋子

/* */ @import "/css/theme/handwriting/handwriting.css"; /* */ /* */ body{background:#F5A2A2;} /* */ /* ### ブログタイトルの文字色 ### */ 6 #title a{ 7 color:#FF66CC !important; 8 } #title{ font-family: "Mplus 1p"; font-size: 10px; letter-spacing: 0px; } h1.entry-title a{ color: #752100; font-size: 20pt; }