ひたすら自分と向き合う

ひたすら自分と向き合う

「自分がわからない」を卒業して自分を生きる✨

自分と向き合うって、何からやるんだって話。

こんにちは、朋子です。

 

テレビのニュースを見ていた娘が、

「コロナ禍って、何て読むの?」

「コロナなべ???」

とか言っていて、

 

え?「コロナか」じゃない?

と言いつつ、

私も自信がなかったので

調べてみたら、

 

読み方は

「コロナ」で合ってたけど、

渦中の「渦」だと思ってたら、

「禍い」(わざわい)の「禍」だった!

 

っていうか、

禍いって書いて

「わざわい」って読むんだ!

知らなかったー。

ひとつ勉強になっちゃった。

 

…ということで、

お鍋の写真でも貼っておこう。笑

 f:id:yuuhotoissho:20200525194249p:plain

 

さてさて。

 

自分と向き合おうとした時、

自分の「気持ち」と

どうやって向き合うのか?

 

その方法について

私がやってきたことを

このブログに書いてきましたが、

 

書き始めてから

かれこれ2年が経過していて、

具体的な向き合い方が書いてある記事が

すっかり埋もれちゃってるので、笑

 

今後はもう少し

整理していきたいなと思ってます。

 

それで今日は、

おさらいの意味も込めて、

 

何はともあれ

大事なポイントはこれ!

ということについて書きます。

 

 

…準備は宜しいかな?

 

 

「自分がない」

と感じるということは、

 

意識的であれ無意識であれ、

「自分の気持ちを封印し続けてきた」

はずなんです。

 

ということは、

 

自分で自分の気持ち、

感情、感覚を大事にする

ということの経験値が

圧倒的に少ない

ということになります。

 

だって、考えてみて下さい。

 

自分の気持ち・感情・感覚を

感じ、味わい、表現する人と、

 

自分の気持ちを

封印し続ける人がいたとして、

 

1日24時間のうち

睡眠時間が8時間だとしたら、

それ以外の起きてる時間は

1日16時間×365日×何十年

 

こんなにも長い期間、

家族、学校、社会での日常生活を

過ごす中、

 

幼い頃から 

自分の気持ちを

封印し続けて生きてきたとしたら、

 

自分で自分の気持ち、

感情、感覚を大事にする

ということを

やってきてないんだから、

経験値が圧倒的に少ない、

やり方がわからないのは当然

 

…ですよね?

だって毎日毎瞬のことだから。

 

逆に言えば、

 

経験値が圧倒的に少ない。

ただ、それだけ。

 

ただそれだけ。

 

なんです。

 

…ということは、

これからの日常生活の中で、

 

いま自分はどんな気持ちかな?

どんなことを感じてるかな?

 

というように、

自分の気持ち、感情、感覚を

大事にする。

 

…という練習と体験を繰り返して、

 

「あ、こういうことか」

という体感を得て

慣れていけばいいだけ。

 

ということなんです。

 

これだけはもう、

地道だけど、

やっていくしかないんです。

 

日々の出来事を活用して、

自分の喜怒哀楽を

しっかり感じていきます。

 

↑これが大事なポイントの

一つ目です。

 

次に、二つ目。

 

自分がない、と感じてる人は、

自分ってダメだな。

って、自分を責めがちなんです。

 

変わらなきゃ。

もっとポジティブにならなくちゃ。

元気出して、笑顔でいなくちゃ。

 

…というように

自分ではないものになろうとしたり、

変わろう、直そうと

してしまいがちなのですが、

 

まずやることは、

 

 

自分責めをやめる

 

ということです。

 

それは、

自分はダメな人間だ。

自分は何もできないんだ。

 

というような、

自分に対する間違った思い込み、

間違った前提、思考、勘違い。

「観念」とも言います。

 

それを持ってるから

自分を責めてしまうので、

 

それを変える。

ということになります。

 

自分は世界にたった一人の、

貴重で素晴らしい存在だ。

自分は神なんだ。

 

そう思えるかどうか?

 

ここにかかっています。

 

自分はダメだというのは

単なる「思い込み」で

間違いだったんだ。

 

自分は、

容姿、社会的立場、学歴、

育ち、経験、知識など

そういった

外側の条件に一切関係なく、

 

何をしていようとしていなかろうと

素晴らしい存在価値なんだ。

 

今まで持っていた

間違った思い込みを、

こっちに

ひっくり返せるかどうか?

 

ここにかかっています。

 

ここにかかっています!

(2度言った)

 

じゃあどうやって

こっちにひっくり返すか。

 

ここは語ると長くなりますので

またにします。

 

ではまた♡

/* */ @import "/css/theme/handwriting/handwriting.css"; /* */ /* */ body{background:#F5A2A2;} /* */ /* ### ブログタイトルの文字色 ### */ 6 #title a{ 7 color:#FF66CC !important; 8 } #title{ font-family: "Mplus 1p"; font-size: 10px; letter-spacing: 0px; } h1.entry-title a{ color: #752100; font-size: 20pt; }