ひたすら自分と向き合う

ひたすら自分と向き合う

自分を探求する旅

思い立っての写真整理と、切ない気持ち。

急に思い立って、

ずっと避けて通っていた

「写真整理」をしました。

 

写真をきれいに整理して

スクラップしたり

おしゃれにアルバムを作ったり

 

そういうのは私、

さほど好きじゃないみたいで、

 

子どもの幼稚園や小学校で

購入した行事の写真なども、

買いっぱなしで

ずっと放置していました。

 

いつか、

「やろう」と思う日が

来るだろうと思って。

 

…そしたら、

今日、その日が来た。笑

 

急に、

「今日は写真整理しよう」

と思い立って、

 

写真を全部、床に広げて

時系列に分類。

 

とにかく大量だったので

分類だけですんごい疲れて、

今日はそこまで。笑

 

…で、作業しながら思ったのは、

 

私、

「家族の思い出」っていうものに

あんまり執着ないんだな、と。

 

実際、今日の今日まで

この写真たちを

一度も見ずに過ごしてきた訳だし、

 

子供の写真なんかは

「可愛い♡」って思うけど、

 

なんか、

割と気持ち的には

さっぱりしてるっていうか

ドライめな気がするんです。

 

「懐かしー」とはなるけど、

ただ、それだけ、っていうか。

 

…それで、

 

結婚してから今までの

色んな写真を見ながら

思ったことは、

 

いい奥さん

いいお母さん

いい人であること

 

☝ほんとにこれに

こだわってたから、

 

なんか…

ほんと単純に

「楽しそうじゃない」

んですよね、

私の表情が。

 

まぁ、産後疲れってのも

あるだろうけど。笑

 

写真を見ても、

その時の自分の

楽しさや躍動感が

全然伝わってこない。

 

自分の子供の頃の写真を見た時も

そういえば

同じことを感じてたんです。

 

幼児くらいまでは

おふざけさんで変顔とかして

かなりいい表情してるんだけど、

 

年長さんくらいからは、

無表情の写真が多い。

小学生の私も、中学生の私も

表情がない。 

 

私自身が

過去のその時間を

「楽しんでいない」

ということが

写真の表情でわかってしまう。

 

写真を見ることで、

その時間を楽しめていない自分を

思い出してしまうのだ。

 

だから私、

写真を撮られるのが

あまり好きじゃないのかもしれない。

 

…昔の自分を思い出し、

ちょっぴり切なくなった

「写真整理」でした。

 

これからの私は、

「自然な笑顔」の写真が

増えていくといいなぁ。

 

今日は一日中大雨の東京ですが、

昨日は

柿の葉がこんなに綺麗でしたよ。

 

ではまた♡