ひたすら自分と向き合う

ひたすら自分と向き合う

自分を探求する旅

パーマの話。(くだらない)

こんにちは、朋子です。

 

今日は私の個人的な

どーーでもいい話ですので

気が向いた方だけ

お付き合い下さい。(^^;)

 

 

4月22日に

パーマをかけたんです。笑

 

ずっとミディアムの

ストレートだったんですが、

 

久しぶりにパーマかけよっかな~

って思って、

耳下くらいからかけてもらいました。

 

数年お世話になってる美容師さんなので、

私がくるくるのパーマは苦手で

ゆるいパーマが好きなのは

知っています。

 

すぐとれてもいいので

ゆるゆるでかけて欲しい、

くせ毛か?くらいのゆるさで。

 

とお願いしました。

 

だけど、結構かかった。笑

 

多分、

一般的には普通のカールです。

 

一般的に見ると、

むしろ、ゆるめかもしれない。

 

だけど私の中では、

私の基準では、

かなりくるくるしてる。笑

(私の基準が一番大事でしょ)

 

 

あちゃー、と思った。

 

 

私は

「ゆるゆるでお願いします」

と頼んだ。

 

美容師さんは

私がくるくるが苦手なのを知ってる。

私は強いカールは好みじゃないと

前から彼に話してるから。

 

にも関わらず、

結構くるくるになった。笑

 

f:id:yuuhotoissho:20190509152600j:plain

 

 

・・・

 

私は、

 

おかしいな、と思った。

 

だって、

 

数年の付き合いで

美容師さんとは信頼関係があるし、

 

私の好みも知り尽くしてるはずだし、

しっかり希望も伝えてオーダーした。

 

何なら、

 

何年か前に今日と同じオーダーで

ゆるゆるパーマをかけてもらってて、

 

その時はかなりゆるくしてくれた。

 

 

にも関わらず、

今回、こういうことになった。

 

しかも

日が経てばカールが落ちて

ゆるくなるだろ、

って思ってたけど、

 

全然落ちてこない。笑

 

 

・・・

 

なんでだろ?

 

 

私は考えた。

 

 

・・・

 

それは・・・

 

・・・

 

その答えは…

 

 

 

たぶん、これです。

 

 

 

「似合うから」。

 

・・・笑

 

 

 

この美容師さん、

前に言ってた。

 

「朋子さんは、

多少カールが出るパーマでも

似合うと思いますよ」

 

「もう少しカールが出るパーマも

似合うと思いますよ」

 

 

この彼の「意識」

このパーマに現れた。笑

 

 

美容師さんから見て

このパーマが私に似合うのだ。

 

 

…っていうか、

彼の個人的な好みかもしれない。笑

 

…っていうか、

たとえそうだったとしても、

たとえ似合うとしても、

 

美容師として、

これをやってはいけない。笑

 

 

だけど私は

あんまり怒りは湧かなかった。

 

感情としては、

「あ?」っていう、

驚きと、がっかり感。笑

 

 

けど実際、

家族や友人の反応は

悪くはなかったから、

 

あの美容師さんの、

「朋子さんに似合うパーマを」

っていう思いが出ちゃったんだろう。

 

いやー、ありがたいです。

 

でも、

私の好みではないんです。

 

っていう。

 

 

 

・・・まあ、

 

ただ単に

失敗ちゃっただけかもしれないけど。笑

 

それを言っちゃあ

元も子もないから。笑

 

 

 

だけどこの一件で、

改めて認識した。

 

私は、

ファッションも髪も、

シンプルで自然なのが好きで、

 

かわいい感じなのは

苦手なんだなぁー。

 

美容師さんに

「可愛くならないようにして下さい」

ってオーダーして

笑われたことある。笑

 

美容室に来て

可愛くするなって、

面白いですね、って。

 

 

 

あと、これ大事だと思うんだけど、 

 

どんなに似合っていて

どんなに周囲の評価が高くても、

 

自分がしっくり来てなくて

自分が気に入ってなくて

自分で似合うと思えないのなら、

 

 

それはやっぱり、

 

自分がしっくりくるのが

一番だよね。

 

ってこと。

 

 

 

そんなこんなで、

 

明日ストレートに戻してもらいに

行ってきます。笑

 

 

今日も読んでくれてありがとう(*^^*)