ひたすら自分と向き合う

ひたすら自分と向き合う

「自分がわからない」を卒業して自分を生きる✨

GW、自分と向き合ってみようかなと思ってる方へ。

こんにちは、朋子です。

 

家にいることが多いこの頃、

自分と向き合うチャンスですね。

 

とはいえ

家族とずっと一緒にいると

逆になかなか自分の時間が取れない!

という方もいるかもしれませんね。

 

 

最近のこのブログの記事は

自分の「感覚」でやってみたことの紹介や、

自分の「感覚」が反応した誰かのことなど、

 

「自分の感覚が反応したこと」

に関する記事が多くなっていますが、

 

これは、

徐々に変化する自分の

感覚」というものに

敏感で在りたい!

 

という思いがあるからです。

 

今でこそ、

やっと自分の感覚に

気づけるようになってきたので、

自然とそういう記事が

多くなってきただけの話なのですが、

 

このブログの初期の記事は、

 

私が実際に行ってきた

自分との向き合い方

自分の感情や感覚の変化

実践によって得た私なりの「気づき」

 

そのあたりを具体的に書いています。

 

ですので、今まさに、

自分自身のことで悩んでいる、

しっかり自分と向き合いたい、

気持ちがしんどい…というような方は、

 

過去記事、特に

カテゴリ「★★★超大事」の記事を

読んでみて下さい。

 

私自身、最初は

「自分の感情に気づく」

これを目標にして、

自分ノートに感情を吐き出す、

というところから始めています。

 

「自分の気持ちがわからない」

これほど悲しいことはないんです。

 

感情が湧いた瞬間に封印する。

自分の感情に本当は気づいているけど

気づかないフリをする。

面倒だからわからないことにする。

 

「自分の気持ちがわからない」

これについては様々な

「パターン」と「段階」

があると思うんですが、

 

要は、自分を

「無視している」

ということなんです。

 

自分を無視する度合が

強ければ強いほど、

どんどん自分がわからなくなる。

 

自分の感情を封印したり

何かと自分にダメ出ししたり

否定したり卑下したり

 

つまり

「自分に冷たい」んです。

 

 

今まさにそういう状態の方は

この記事を読んでみて下さい。☟

 

yuuhotoissho.hatenablog.com

 

☝この段階の時に、

「なりたい自分をイメージしよう」とか

「夢ノートを書こう」とか

「感謝のワーク」的なものをやろうとすると、

 

全然出来ない自分に絶望しちゃうんです。

だからやらない方がいい。

 

そういうことをやる前に、

自分が今まで封印してきた

「感情」「気持ち」を

ちゃんと心の奥底から救い出して

感じて成仏させるのが先で、

 

そのためのツールが「自分ノート」です。

要は、感情吐き出しノート。

最初にやるべきは、これです。

 

当初、

私はこれに気づけなかったので、

(というか、やらないと気づけない)

 

最初に「感謝のワーク」という、

今の幸せを見つけて感謝しましょう的な

ワークをやったら、

感謝どころか

「怒り」が湧きましたからね。笑

 

yuuhotoissho.hatenablog.com

 

自分のことがよくわからない

自分の気持ちを無視し続けてきた

子供の頃から気持ちを封印し続けてきた

 

そういう人には

「自分ノート」はお勧めです。 

要は「感情なぐり書きノート」

なんだけど、

 

これをやってみると、

インナーチャイルド

過去の傷ついた自分が

勝手に癒されていきます。

この記事を読んでみてね。☟

yuuhotoissho.hatenablog.com

 

過去記事に

結構いいことたくさん書いてるので

ぼちぼち紹介していくことにしました。笑

 

・・・・・・・・・・・・・・・

 

札幌の親友を見習って

私も布マスクを作ってみた!

 

夫の顔のサイズが大きい為、

「メンズサイズ」の型紙を

さらにひとまわり大きくして

作ったら、ぴったりだった。笑

 

アベノマスクを夫がつけたら

たぶん「赤ちゃん用?」

って感じだと思う。笑

 

f:id:yuuhotoissho:20200425144035p:plain

ではまたー♡

/* */ @import "/css/theme/handwriting/handwriting.css"; /* */ /* */ body{background:#F5A2A2;} /* */ /* ### ブログタイトルの文字色 ### */ 6 #title a{ 7 color:#FF66CC !important; 8 } #title{ font-family: "Mplus 1p"; font-size: 10px; letter-spacing: 0px; } h1.entry-title a{ color: #752100; font-size: 20pt; }