ひたすら自分と向き合う

自分の感情に気付くには?

こんにちは、優歩です。

 

自分の感情や気持ちは

「ない」のではなくて

確かにそこに「ある」のだ!

ということを何度か書きました。

 

私はそれに気付くまで

少々時間がかかりました。

自分は無感情、無感覚な人なんだ

思っていたからです。

 

 

 

小学生の頃から大人しい性格で、

学校の先生から

「いるかいないかわからないくらい大人しい」

と言われていました(笑)。

 

もちろん手をあげて発言することも少なくて

友達と話していても

積極的に自分の意見を言うタイプでは

ありませんでした。

 

だけど…

感情や気持ちは

その瞬間瞬間で必ずあって、

必ず感じています。

 

その感情と気持ちを

封印するクセがついてしまっただけ

なんです。

 

私など、

長年それをやっていて

すっかり習慣化していました。

 

だから

自分がわからない、

自信がない

ということになっていったんだと思います。

 

でも、

意識的に自分の今の感情や気持ちに焦点を当てて

それを吸い上げて表現する、

 

ということを

少しずつ練習していけば、

 

自分とつながった

自分を見つけた

 

というような感覚を

取り戻すことができます!

 

ではでは、

「自分の感情や気持ちに焦点を当てる」

「封印せずに吸い上げる」ためには

どうしたらいいんでしょうか?

 

今日はその練習の仕方について

書いてみたいと思います。

 

「自分ノート」で感情と気持ちに触れる

 

ウォーミングアップとしてお勧めしたいのは、

やはり「自分ノート」です。

 

yuuhotoissho.hatenablog.com

 

 A5かB5の小さくて薄いノートを

「自分ノート」にして、

日々の自分の気持ちを

ずらずらと書いてみます。

 

最初は書いている内容が

感情や気持ちではなくて

日々の出来事ばかりだったり、

 

気持ちを書いているつもりでも

本当の気持ちではなくて

タテマエだったりするかもしれません。

 

何かいいことを書こうとしている自分、

本音ではなくて

正しいことを書こうとしている

そんな自分に気付いてきます。

 

「あ~、私は

自分ノートの中でさえも

いい子でいようとしているんだな」

と気付いてきます。

 

そうなってきたら、

徐々に本音が書けるようになってきます。

 

何を書いても許されるノートなので

腹黒いことや

誰にも言えない気持ちだってOKです。

徐々にそういう本音が出てきます。

 

そうやって、

自分とじっくり会話してみます。

 

書くことが苦手な方は、

自分ノートを使わなくても良いです。

例えばお風呂に入っている時や

寝る前のひとときなど

一人の時間に心の中で

自分と会話してみましょう。

 

すると

「自分が感じたことを吸い上げる」

ということが

感覚的にわかってきます。

 

例えば、

昨日あの人と話してた時に

自分はこう感じていた、

ということに

1日経った今日気付いた。

 

それを何度か繰り返しているうちに、

「今相手と会話している

この瞬間に感じている自分の気持ち」

に気付けるようになってきます。

 

段階としては、

 

今までだったら完全にスルーしていた

自分の心の奥底からのサインに

「気付いて」

 

②それを

「封印せずに拾い上げて」

 

③その瞬間に感じた感情と気持ちが

自分で「わかる」!

 

この感情に気付く3段階!!

これができるようになるだけでも

相当すごいことです!!

 

自分の感情や気持ちというのは、

頭で考える前に

心の奥底で

体感とともに「感じる」ものです

 

言葉でうまく説明するのは難しいですが、

 

「ん?」「あ!」「じーん」「ちくっ」

というような、

感覚的な何かを心で感じます。

 

ひらめきを心で感じるイメージです。

 

一休さんが「チーン」とひらめくのは

「頭」でひらめいています。

 

自分の感情や気持ちは

「心」でひらめきます。

 

心の奥底から小さく「チーン」と

ひらめきの合図を送ってくる。

そんなイメージです。

 

あ、一休さんを知らない

若い方がいたら、ごめんなさい。笑

 

 その貴重な

自分の心の奥底からの合図を、

 

なんか調子が悪いとか、

気のせいだ、などと誤魔化したり

気付かないフリをしたりしないで、

 

とにかく

拾い上げる!

吸い上げる!

感じる!!

それに尽きます。

 

 

大丈夫です。

少し練習が必要ですが、

必ず自分の感情と気持ちがわかって

それを表現できるようになります!

 

まずは自分との会話で

少しずつウォーミングアップしましょう!

 

今日も読んでくれてありがとう😊

/* */ @import "/css/theme/handwriting/handwriting.css"; /* */ /* */ body{background:#F5A2A2;} /* */ /* ### ブログタイトルの文字色 ### */ 6 #title a{ 7 color:#FF66CC !important; 8 } #title{ font-family: "Mplus 1p"; font-size: 10px; letter-spacing: 0px; } h1.entry-title a{ color: #752100; font-size: 20pt; }