ひたすら自分と向き合う

ひたすら自分と向き合う

「自分がわからない」を卒業して自分を生きる✨

いい気分でいることが難しいと感じる時は、これをやろう!

こんにちは、朋子です。

 

私は昔から

エイブラハムの本

引き寄せの法則』シリーズが好きで

何度も読んでいまして、

 

その中で何度も書かれていることは

とにかく大事なことは

「いい気分でいること」

 

いい気分でいること以上に

大切なことは何もない

 

と断言されております。

 

今私たちが感じている

気分(感情、気持ち)こそが、

その気分を味わう次の現実を

創造している

 

ということなんですよね。

 

エイブラハムの本は

もうこれしか言ってない

というくらいに

 

「いい気分でいること以上に

大切なことは何もない」

 

これが繰り返し繰り返し

語られているのです。

f:id:yuuhotoissho:20210505202158p:plain

 

…で、

このことを

頭で理解したとしても、

 

今まで

自分の気分(感情、気持ち)を

封印し続けてきた方や、

 

自己否定、無価値感を

感じ続けている方、

 

そもそも

気分や感情を味わうということに

苦手意識がある方などは、

 

いい気分になるということ自体に

「難しい」

と感じてしまうのでは?

 

と思っています。

私もそうでした。

 

そういう方はまず、

自分を緩めて

自分に甘くする

ということが大事で、

 

身体に対して物理的に

リラックスを与えて

先に身体を緩ませる

 

というのは

結構有効だと思ってるんです。

 

自分の好きなことで良いので、

例えば、

 

マッサージに行くとか

温泉や銭湯、岩盤浴

汗をかいてリラックスするとか、

ヨガで身体を伸ばして

気持ち良さを味わうとか、

好きなスポーツで汗を流すとか

昼寝するとか

散歩するとか

山登りとか

 

「身体のリラックス」

ここに焦点を当てて

アプローチをかけるのです。

 

「いい気分になれる気がしない」

「いい気分になるのが難しい」

 

そういう方は、

 

気分をどうにかしようと

思考を使って頑張る前に、

 

身体をリラックスさせる

ということを先にやることで、

 

徐々に

思考がホッとして緩んできて、

気分も変わってきます。

 

私自身、

いい気分になろうとすると

かえって気分が悪くなる

という時期がありまして、

 

その時期は

思考でどうにかするのをやめ、

身体のリラックスに

焦点を当てました。

 

銭湯、ヨガ、散歩、

水泳、昼寝などで

身体にアプローチして、

 

身体をリラックスさせることに

集中しました。

 

客観的にみると完全に

「怠けた生活」

「自堕落な生活」

に見えますがwww、

 

実は、自堕落どころか

自分にとって何よりも大事な

「感じる力」

「味わう力」

を復活させるゴールデン期間だし、

 

実は

遠回りなようで近道。

 

すんごく大事な

自分の基盤づくり

になると思うんです!

 

身体が緩むと、

はぁ~気持ちがいいな~

リラックスできる~

幸せだなぁ~

心地良いなぁ~

 

ってなりますよね?

 

この時って

自己否定とか無価値感って

確実に減ってると思うんです。

 

そうなってから

少しずーつ、

 

好きなことを始めたり

望みを出したりしながら

日常生活の中で

楽しい、嬉しい、幸せ、安心などの

「いい気分」を味わっていくと、

 

無理なく段階的に

いい気分を感じていけると

思うんです。

 

「好きなこと」ってのも、

ちょっとしたことでいいんです。

 

コーヒーが好きとか

お菓子が好きとか

音楽が好きとか

お風呂が好きとか

ゲームが好きとか

 

何か好きなことがあるなら

1日中それやってたって

いい訳なんですよね。

 

有給とって

1日中ゲームやるとか

1日中昼寝するとか

 

子供を預けて

1日中ゴロゴロするとか

1日中漫画を読むとか

 

そういうことを

自分のために

罪悪感なくやる

ってことがめちゃ大事だと

心底思ってます。

 

ポイントは

「罪悪感なくやる」

 

自分を緩めて

自分を甘やかして

気分よく過ごすのが

目的なので、

 

ここで罪悪感を感じるのは

マジでもったいないのですw 

 

自分の為に

思いっきり緩む!

という意識でやることが

大事です💛

 

 

私も日々、

自分の気分に注目して

やってます💛

 

ではまたー!

朋子