ひたすら自分と向き合う

ひたすら自分と向き合う

「自分がわからない」を卒業して自分を生きる✨

どうして自分がわからないのか?②感情を思い出す

こんにちは、朋子です。

 

前回の記事の続きです。

 

yuuhotoissho.hatenablog.com

 

自分の心の奥に、

どんな消化しきれなかった気持ちが

潜んでいるのか?

それを知るための作業です。

 

今までの自分の人生や関わってきた人、

起きた物事について

思い出すということは、

当然、

嫌な思い出や傷ついた出来事を

改めて回想することになります。

 

辛くなったらやめましょう。

 

紙とペン、ノートなどを用意して

やってみます。

※自分ノートについてはこちら↓

 

yuuhotoissho.hatenablog.com

 

今の自分の考え方に

大きく影響を与えた出来事や

人との関わりを思い出して

ノートに書き出します。

 

その時の自分の気持ちも

一緒に書き出してみます。

 

「出来事」+

「その時の気持ち」

 

というように、

思いつくものは全部書いてみます。

 

誰かのせいにして

心の中でその人を責めてしまったり、

 

過去の辛い体験を思い出して

胸が苦しくなったり、

 

どうしようもなく

悲しくなってきて

涙が止まらなくなって、

 

どうしようもなく

ネガティブな気持ちに

なってしまうかもしれません。

 

 

私の場合は、

 

人に自分の気持ちを

言えるタイプではなかったので、 

 

人に自分をわかってもらうより

諦めたほうがずっと楽

 

自分の感情や気もちなんて

人に伝えなくたって

感じなかったことにした方が

ずっと楽

 

という定説が

私の中に出来ていきました。

 

自分の気持ちを表現しなくなり

人とオープンに話すことを

最初から諦めるようになりました。

 

幼稚園の時

友達が私の悪口を言っているのを

偶然聞いてしまったことがあり、

 

それも自分の中では

結構印象に残っている出来事です。

 

陰で悪口を言われていた。

それを自分が偶然にも

聞いてしまったことは

幼児にとっては

結構衝撃的な出来事でした。

 

もちろん、

このようなことは

誰もが体験していることです。

 

誰もがこのような

傷ついた経験を持っているからこそ

人に優しくできたり

人には同じ思いを

させないようにしようと

思えるのだと思います。

 

大事なのは、

このような体験をした

だと思うんです。

 

その時に感じた自分の気持ちを

感じ切ったかどうか。

誰かに話して聴いてもらうことで

自分で受け入れて

癒していくことができたかどうか。

親や誰かに精神的に

フォローしてもらえたかどうか。

 

そこが大事だと思います。

 

私も自分ノートで

幼い頃の体験と

その時の気持ちを掘り下げる

という作業を

ずいぶんやってきました。

 

そうやって

出来事とその時の気持ちを

色々書き出してみて

最終的にやっとわかったことは、

 

私が過去の出来事で

一番多く感じていた感情、

そして心の奥に残っていた感情は、

 

「寂しい」

 だったんです。

 

これ、私の中では

結構驚きだったんです。

 

え?寂しいって思ってたんだ!

っていう感じです。

 

最初は、

腹が立つ、悔しい

怒り、悲しい、わかって欲しい

 

そういう感情に

焦点が当たっていたので、

気付くのに時間がかかったのですが、

 

それよりも何よりも

一番癒されるべき感情は

 

「寂しい」だったんです。

 

親にわかってもらえなくて

「寂しい」

友達にわかってもらえなくて

「寂しい」

 

「寂しい」

 

という思いを

心の奥にずっと持っていたんです。

 

その「寂しい」を消化しきれずに

握ったままでいると、それが

「わかってほしい」になり 、

人間関係をこじらせて

共依存の関係に

なったりしていたんです。

 

だから、

 

自分で「寂しかった気持ち」を

受け止める必要がある。 

そう思ったんです。

 

その

「自分でその気持ちを癒してあげる」

ということについて

次回書きますね。

 

今日も読んでくれてありがとう😊

 

/* */ @import "/css/theme/handwriting/handwriting.css"; /* */ /* */ body{background:#F5A2A2;} /* */ /* ### ブログタイトルの文字色 ### */ 6 #title a{ 7 color:#FF66CC !important; 8 } #title{ font-family: "Mplus 1p"; font-size: 10px; letter-spacing: 0px; } h1.entry-title a{ color: #752100; font-size: 20pt; }