ひたすら自分と向き合う

ひたすら自分と向き合う

「自分がわからない」を卒業して自分を生きる✨

どうして自分がわからないのか?③自分を癒す

こんにちは、朋子です。

 

子供の頃を思い出して、

自分に大きい影響を与えたと思う出来事や

本音を封印したと思う出来事、

モヤモヤした気持ちが

残っている出来事について

 

「出来事+気持ち」

で思い出してみよう

という記事を書きました。 

 

 その続きです。

yuuhotoissho.hatenablog.com

 

誰かや何かに

自分の気持ちを癒してもらうことを

求めるのではなく、

 

自分で自分の気持ちを受け止めて

癒せるんです。

 

自分で自分を癒す

という体験自体が

自信にもつながります。

  

どうしても涙が出てしまうので

ひとりになれる場所と時間が必要です。

 

寝る前にやって泣いてしまうと

翌朝目が腫れますので注意です!(笑)

 

あなたが心の奥で感じていた

本当の感情や気持ちというのは、

 

頭で考えることではなくて

モヤっとしたり

胸がキューっとなったり

そういう体感とともに

第一義的に感じる感情です。

 

寂しい、

悔しい、

残念、

悲しい、

怒り、

妬み…

色々あると思うんです。

 

それを、自分で

あの時寂しかったよね。

だよね、わかるわかる。

本当にそうだと思う。

当然だよね。 

 

って、

気の済むまで自分に言って

全部受け止めます。

 

心の中でも

ノートに書くでもいいので

その時の自分の気持ちに

優しく寄り添って

「共感」してあげます。

 

そうなんです!

 

いつも自分だけは自分の味方だし

いつも一緒だし

気持ちにどこまでも

寄り添ってあげられるし

ギューも頭なでなでも

してあげられるんです。

 

大好きな彼氏や彼女、

旦那さんや奥さんよりも、

 

常に一緒にいてあげられて

誰にも言えない本音や気持ちに

寄り添ってあげて

優しくしてあげられるのは

自分なんです!

 

無条件で自分に

「わかるよ」

って言ってあげられるのは、

 

自分だけなんです!

 

これを、

自分の気持ちが落ち着くまで、

自分の気持ちが癒されるまで、

何回でもじっくりやってみるんです。 

 

一人の時に、

騙されたと思って

やってみてください。

 

何だか不安になった時や

嫌な思い出が蘇った時には

いつでもこれを

やってみてください。

 

「自分で自分を癒すということが

できるんだなあ」

という実感が持てます。

 

あの時のあの感情を自分で癒して、

 

「あ~何だかホッとしたな」

「安心したな」

っていう体感を

感じてみて下さい。

 

ちょっと

自分のことが好きになれます。

 

自分への声かけは 

自分がしっくりくる言葉

自分が安心できる言葉で

言うのが良いと思います。

 

例えば、

 

何なの、あの人!あの出来事!

どっか行け!消えろ!

みたいな怒りバージョンでもいいし、

 

もうさー、何なのあれ、

信じらんない。

みたいな

愚痴バージョンでもいいし。 

 

しっくりくる言葉で表現しながら、

最終的に自分の「本音」を見つけて

癒してあげる。

 

そんな感じです。

 

 

是非やってみて下さい。

 

ではまた。 

/* */ @import "/css/theme/handwriting/handwriting.css"; /* */ /* */ body{background:#F5A2A2;} /* */ /* ### ブログタイトルの文字色 ### */ 6 #title a{ 7 color:#FF66CC !important; 8 } #title{ font-family: "Mplus 1p"; font-size: 10px; letter-spacing: 0px; } h1.entry-title a{ color: #752100; font-size: 20pt; }