ひたすら自分と向き合う

ふと思ったことをやってみる。からの学び②

こんにちは、朋子です。

 

令和の時代が始まりましたね。

ご気分はいかがですか?

 

前回の記事で、

「ふと」を「やってみる」

 

つまり

直感、魂の声、心の声、

インスピレーション、閃き…

それに従うことで、

 

自分の望みを叶えてあげた

自分と仲良くなれた

自分との信頼関係ができた

 

という体感が得られた、

というお話をしました。

ふと思ったことをやってみる。からの学び。 - ひたすら自分と向き合う

 

今日はその続きです。

 

 

 

もうひとつ、

これは凄いな、

と思ったこと。

 

それは、

結論から言うと、

 

直感に従うと

思わぬ「応援」が入る

 

ということです。

 

 

例えば、

 

「青空を見ながらコーヒー飲みたいな」

とふと思って、

空が見えるカフェを検索した時、

 

いいカフェを見つけたのに、

よくよく調べたら閉店してて。笑

 

えーっ!と一瞬思ったけど、 

 

あ、そういえば

いつも行ってるカフェの端っこに

空が見える席があったな。

 

って気づいて、

 

空いてるかどうかわからないけど

とりあえず行ってみるか、

と思って行ったら、

 

ちょうど空が見える

ベスポジの席が、空いてた

 

混んでたのに、

その席だけ空いてたのだ。笑

 

 

 

 

それから、

 

初めてインスタに

空の写真を投稿した時の写真は、

 

曇り空なのに、

ふと一瞬、

「曇ってるけど撮ってみるかな」と思って

試しに撮った1枚だったんだけど、

 

撮ってみたら

黒い雲が不気味に漂ってて。笑

 

やっぱりこういう写真になるよねー。

って一瞬思ったんです。

 

だけど、よくよく見たら、

 

雲の間から見える太陽が

ハートの形になってた。

しかも3つ。

f:id:yuuhotoissho:20190413132201j:plain

これを投稿したので

初投稿にも関わらず、

「いいね!」をいただきました。

インスタ始めました。笑 - ひたすら自分と向き合う

 

 

 

それから 

 

「妄想学校 校歌」を作曲したときは、

 

歌詞を見た瞬間、

メロディが勝手に頭に浮かんで、

曲自体はその日のうちに完成したんだけど、

 

その後

 

作曲ソフトで楽譜と音声を創るに至るまで

本当に知らないことばかりだった。

 

だけど色々調べる度に、

 

「これはどうだ?」

「あれはどうだ?」

「こうやってやってみたら?」

 

というような

必要なアイデアや情報を

ちゃんと得ることができて、

無事に10日くらいで形になった。

 

作曲にチャレンジ! - ひたすら自分と向き合う

 

 

こういうふうに、

 

ふと思った「直感」で何かやってみると、

 

「あーやっぱり無理なのかなぁ」

なんて思うことが起きても、

 

自分が頑張るだけではどうにもならないこと、

運が良かったと思えること、

ラッキー!と思えること、

 

こういうことが起きて、

 

応援が入るんだな、と。

 

これを体感したわけです。

 

 

誰の応援かって、

 

自分からの、

神様からの、

ハイヤーセルフからの、

宇宙からの…

 

自分がしっくりくる捉え方なら

何でもいいと思うんだけど、笑

 

とにかく

 

ちゃんと応援が入る

 

ということを実感したわけです。

 

 

…これ、凄くないですか?

 

 

一瞬、

えー?これどうすんの?

って思うことや、

くじけるようなことが起こっても、

 

ちゃんと何とかなる

自分が何とかしてくれる

 

これ、嬉しいですよね。

 

 

「ふと」に従って

やってみてくれてありがとう!

 

お礼に、しっかり応援するから!

 

というように、

 

ちゃんとうまくいくんだなぁ。

 

って思いました。

 

 

新しい令和の時代も、

 

自分の感覚を大事に!!

 

 

今日も読んでくれてありがとう(*^^*)

/* */ @import "/css/theme/handwriting/handwriting.css"; /* */ /* */ body{background:#F5A2A2;} /* */ /* ### ブログタイトルの文字色 ### */ 6 #title a{ 7 color:#FF66CC !important; 8 } #title{ font-family: "Mplus 1p"; font-size: 10px; letter-spacing: 0px; } h1.entry-title a{ color: #752100; font-size: 20pt; }