ひたすら自分と向き合う

今の気分を大事にするということ

こんにちは、朋子です。


スピリチュアルの世界では
よく耳にする

「今この瞬間」

っていう言葉がありますよね。

今この瞬間を生きる。
今ここ。
今を大事に。
今に戻る。
毎瞬毎瞬、生まれ変わる。
毎瞬ワクワクすることを選択する。

…っていう感じに。


エイブラハムの本でも
バシャールの本でも

「今ここ」っていうワードは
頻繁に出てきます。

確かに、

過去や未来のことを考えるから
あれこれ考えて不安になったりするわけで、

「今」に戻って
「今」深呼吸をして
「今」自分がいい気分になれることをすれば

不安から解放される、

というのはわかります。



この「今この瞬間」の大事さが、

今回の一連の
「ふと湧いたことをやってみる」
ということで

少しわかった気がしたので、

今日はそれについて書いてみます。

f:id:yuuhotoissho:20190502155703j:plain

今までの人生について振り返ってみて、

「あの時のあの決断があるから今がある」
って思うことってありますよね。

あの時、別の選択をしていたら
自分の人生は別の方向に行ってただろうな、

…みたいな。


私たちはいつも
何かを選択して、
決断してる。


小さなことから大きなことまで。

今コンビニでどのおやつを買おうかという
小さなことから、

内定をもらった2つの企業のうち
今どちらを選ぼうかという
大きなことまで。


それを、
その渦中にいるその瞬間に
「選択」して「決断」してるわけですよね。


それを決断するその「瞬間」に、
どんな気分でいて
どんな状態でいて
何を選ぶかってことが超重要
で、

それによって人生が左右されますよね?


だからこそ
その瞬間の、
毎瞬の「気分」とか状態、
コンディションって大事
で、

不安とか恐怖とか焦りのような
本来の自分からかけ離れてしまった感情で
何かを選択するということは

「本来の自分ではない状態で選択した」
=心の選択ができなかった

ということになるから、

どっかでズレが生じるような気がする。


喜びとか幸せとか、
本来の自分、本音の自分で
何かを選択していくほうが、

心の声に従った、

ということになるから、
何があっても頑張れるし
喜びの人生を送れるんじゃないか、と。



もちろん、
その時に心からの決断ができなかったとしても
いつでも軌道修正はできるし
いつからでも選択し直せるんだけど、


最初っから
本当の自分での
純粋な心からの
選択ができたらいいよね!

っていう話です。笑



じゃあ、
どうしたら毎瞬、
本来の自分で選択ができるか?

ってことになるけど、

そこがまさに

「いつもいい気分でいる」
「今いい気分を選択する」
「今この瞬間、いい気分でいる」
「今深呼吸してリラックス」
「今を生きてる」(過去や未来にいない)

っていうことなんだろうな、と。

このところの
ひらめきを実行に移すっていう
ひとりキャンペーンをやってみて
実感したのだけど、

リラックスしていい気分でいて
なんか気楽に過ごしてる時ほど、

ふと閃くっていう感覚が来やすいんだな、
というのはわかった。笑


過去や未来のことばかり考えないで
焦りや不安からちょっと抜け出して、

今を気楽にリラックスして過ごしていたら
ふっと何かを感じたりする。


イライラするなとか
怒るなとか言ってるんじゃなくて、

もちろんどんな感情でいてもいいんだけど、

うわぁー!って感情を出したあとは、
はい次!って感じに、切り替える。

yuuhotoissho.hatenablog.com


その繰り返しを、いつもやる。

その時の気分に応じた選択肢がやってきて、
決め方も無限にあるわけだから、

やっぱり、

今いい気分でいる、っていうのは
大事なんだなー、と
改めて思います。


だからこそ
エイブラハムが
しつこくしつこく言ってるわけだ。

「あなたがいい気分でいること以上に
大切なことは何もない」

ってね。



今日も読んでくれてありがとう(*^^*)

/* */ @import "/css/theme/handwriting/handwriting.css"; /* */ /* */ body{background:#F5A2A2;} /* */ /* ### ブログタイトルの文字色 ### */ 6 #title a{ 7 color:#FF66CC !important; 8 } #title{ font-family: "Mplus 1p"; font-size: 10px; letter-spacing: 0px; } h1.entry-title a{ color: #752100; font-size: 20pt; }