ひたすら自分と向き合う

ひたすら自分と向き合う

「自分がわからない」を卒業して自分に戻っていく実践記録です✨

愛される価値がある!(動画紹介)

こんにちは、優歩です。

 

たまには、

私が好きな音楽や動画を紹介することを通して

みなさんと感動を共有しながら

メッセージをお伝えするというのも

いいかな~と思って、

やってみることにしました(*^^*)

 

今日、

私が2つの動画を通して

みなさんにお伝えしたいメッセージは、

「あなたには愛される価値がある!」

ということです。

 

世界中でたった一人のあなたです。

世界中にたった一人しかあなたはいない。

それだけでもう、充分に価値のあるあなたです。

 

理屈では、頭ではわかっているけど、

日常生活でいろんなことがあると

ついついそのことを忘れちゃって

自信をなくしたり、

落ち込んだりする日も当然ありますよね。

 

もちろん、

自信をなくしたり落ち込んでもいいんです。

そういう気持ちに浸ることも大事ですからね。

 

だけど、浸るを通り越して

自分をいじめ始めたり責め始めたら

ちょっと気分転換しましょう!

動画や音楽で気分を変えてみるのはいい方法ですよね。

 

 

ということで今日は、

お気に入りの動画を2つ、ご紹介します!

 

まず、1つめ。

映画「グレイテスト・ショーマン」の

主題歌『This is me』を歌う

キアラさんの動画です。

 

この動画は、映画始動前のワークショップの様子。

この日がキアラさんの生歌初披露だそうです。

 

恐る恐る歌い始める彼女。

自信のなさ、怖さを持ったまま歌い始めます。

歌いながらどんどん変化していく様子と、

彼女が叫ぶ歌詞に注目してご覧下さい!

 

 

彼女はこう歌い上げています。

「私にも愛される資格がある」

「値しないものなど、何ひとつない」

 

彼女はおそらく、

この「This is me」という曲に

自分の過去を重ねて、辛くなっていた。

だからマイクの前に出るのが怖かった。

過去色んな辛い経験があったんだろうと思います。

 

それがこの日、勇気を出して

この「This is me」を歌い切ることで

全てが解放されて、

自分を丸ごと受け入れた感じが

素晴らしいですよね!

 

やっぱり「勇気」ですね。

怖いままでも一歩を踏み出す「勇気」。

彼女が歌いながら涙を流したり震えたりしても

誰もバカになんてしていませんね。

それは彼女の勇気に感動したからです。

 

コーラスやピアノ、楽器の人たちも

徐々に彼女のエネルギーに感化されて

自分を出していくのがわかりますね。

素晴らしい動画です!!

 

 

 

それから、もう一つ。

私が好きな音楽アーティストのひとつに

『SUPER BEAVER』というバンドがあります。

「スーパービーバー」です。

 

若いお兄さん達のバンドだというのに、

彼らの歌は

人生の本質を突いています。

 

この「証明」という曲は、

歌だけじゃなくて動画の内容自体にも

メッセージ性があります。

是非みなさんの感想を聞いてみたいです!

 

 

 

 

まずは自分。

愛される価値のある自分をまずは大事に。

だけど自分っていうのは、

人と関わって初めて知る自分っていうのも

すごくたくさんあって、

その中で自分を知っていく。

そういう気づきをくれる曲ですね。

 

彼らの曲は、

「他でもない自分に自信を持って生きよう」

という、暖かいメッセージ性のある曲が多いです。

私は彼らの音楽にいつも元気をもらっています。

 

このバンドが気に入ったら、

是非他の曲も聴いてみて下さい。                

 

みなさんがどの曲が気に入ったか、

コメントやメールで教えてもらえると嬉しいです(*^^*)

 

 

今日はこの2つの動画を観ただけで

かなり愛のエネルギーで満たされたと思うので、

このくらいにしておこうかな(笑)

 

今日も読んでくれてありがとう(*^^*)                     

 

 

/* */ @import "/css/theme/handwriting/handwriting.css"; /* */ /* */ body{background:#F5A2A2;} /* */ /* ### ブログタイトルの文字色 ### */ 6 #title a{ 7 color:#FF66CC !important; 8 } #title{ font-family: "Mplus 1p"; font-size: 10px; letter-spacing: 0px; } h1.entry-title a{ color: #752100; font-size: 20pt; }