ひたすら自分と向き合う

社会福祉士という仕事と、私

こんにちは、優歩です。

 

今日は、私が10年弱働いてきた

社会福祉士」という仕事と、

その仕事を通して見た自分自身について

お話してみようと思います。

 

まずは、

社会福祉士」って、何をする仕事?

というところから。

 

いきなり法律いきますよ~(笑)

 

社会福祉士及び介護福祉士法」

 

社会福祉士とは

「専門的知識及び技術をもって、

身体上もしくは精神上の障害があること、

または環境上の理由により

日常生活を営むのに支障がある者の

福祉に関する相談に応じ、助言、指導、

福祉サービスを提供する者

又は医師その他の保健医療サービスを提供する者

その他の関係者との連携及び調整

その他の援助を行うことを業とする者」

 

…とされています。

 

…堅いですね~!!

全然、わからないでしょう?(笑)

 

社会福祉士って、

開業してる人もいますが、

多くは病院、社会福祉施設、学校、

地域の色々な機関などに所属します。

 

私はずっと医療機関に勤務していました。

MSW(Medical Social Worker;医療ソーシャルワーカー)

っていう職種です。

 

割と大きな病院によくある

「医療相談室」とか

「地域連携室」にいる

いわゆる相談員です。

 

f:id:yuuhotoissho:20180418204347j:plain

 

関わる方は、

病気や障がいをお持ちの方とその家族、

医療チームのスタッフ、

必要なら患者さんの友人、近所の人、

地域サービスの担当者、自治体の方など

本当に色々な方と関わる仕事です。

 

 

ここで素朴な疑問ですよね。

 

自信がなくて

自分がわからないことで悩んできた私が、

よくそんな、

色んな人と関わる仕事を長年やってましたね~!

 

って、思いませんでした?

 

はい、私もそう思います。(笑)

  

医療機関って、当たり前だけど、

医師、看護師、薬剤師、栄養士、

臨床検査技師理学療法士

作業療法士言語聴覚士

 

と、医療の専門職集団なんです。

 

その医療の専門職集団の中に、

医療チームの一員として、

唯一の「福祉」の専門職、

社会福祉士」が入るわけです。

 

要するに、思いっきり異端児な訳です。

 

そもそも、 

勉強してきたベースが全然違います。

 

医療専門職=「命を守る」

社会福祉士=「生活の質を守る」

 

だから、

担当患者さんの担当者会議で、

自分の意見を言うのが超苦手だった私が、

勇気を振り絞って、

医療の専門職集団を前にして

福祉視点からの発言をしたところで、

 

「?」(何を言っている?)

というリアクションをされる、

または猛烈な反撃に合う。

 

これはもう日常茶飯事なわけです。

 

とにかく、しんどい!(笑)

 

私は職場を、いや、職業を間違えたー!!

 

私のように自信がない、

そして自分がわからない人は

医療の専門職集団に立ち向かえない!

 

ただでさえ意見を言うことが苦手なのに、

さらに何も言えない!

 

こんな仕事無理!

ソーシャルワーカーになんて、

なっちゃいけなかったんだ!!

 

…と、どんどん自信を失っていくわけです。

 

じゃあなぜ、

結婚退職するまで10年弱も続いたのか?

 

不思議じゃないですか?

自分でも不思議だったんですよ。

 

それは

今だからわかることですが、

 

「自分がわからない人」

っていうのは

人のことはよくわかるんです。

 

自分に注目しない代わりに

人には注目してるから、

人の気持ちはよくわかるんです。

 

だから、

患者さんとかその家族の方々と話していると

気持ちがすごくよくわかる。

 

社会福祉士の援助技術に

傾聴、受容、共感

ってのがあるんですが、

それが素でできたんです。

 

だから、ありがたいことに、

「優歩さんに話を聴いてほしい」

って相談室に来てくれる患者さんや

家族の人が結構いたし、

 

別に相談することもないのに

「元気~?世間話しに来たよ~」って

私のところに来る人も結構いたんです。

 

同じように医療スタッフも、

仕事が落ち着く夕方の時間帯になると、

「お疲れ~」とか言いながら相談室に入ってきます。

 

愚痴りたい、相談したい、という気持ちが

表情にあらわれています。

 

例えば

「〇〇医師が私の話を全然きいてくれない」

って言う看護師さんとか、

 

作業療法士と意見が合わなくて困ってる」

って言う理学療法士さんとか。

 

そういうのが、とっても嬉しかった。

「私に話してくれる」

「私に聴いてもらいたいって言ってくれる」

 

愚痴でも相談でも何でも、

話してくれるっていうことは

信頼してくれてるっていうことだし、

 

私に解決できるような問題じゃなくても、

一緒に悩むことはできます。

それが、すっごく嬉しかったんです。

 

だから、

私は自信がなくて自分がなかったという点では

この職種に就いたことで

ものすごくしんどい思いをしましたが(笑)、

 

人の気持ちがわかる、共感できる、

っていうのは

社会福祉士として強みだったのかもしれない、

だから10年弱も続けられたのかな、

って思います。

 

そして色んな方に言われたのが、

「優歩さんは話しやすい」

「優歩さんには癒される」

 

…これが、もしかしたら、もしかすると、

「私らしさ」なのかもしれない!

 

 って、思っちゃったんですよね~。

 

今日は長くなったのでここまでにしますね。

今日も読んでくれてありがとう(*^^*)

 

/* */ @import "/css/theme/handwriting/handwriting.css"; /* */ /* */ body{background:#F5A2A2;} /* */ /* ### ブログタイトルの文字色 ### */ 6 #title a{ 7 color:#FF66CC !important; 8 } #title{ font-family: "Mplus 1p"; font-size: 10px; letter-spacing: 0px; } h1.entry-title a{ color: #752100; font-size: 20pt; }