ひたすら自分と向き合う

ひたすら自分と向き合う

「自分がわからない」を卒業して自分を生きる✨

ユヴァル・ノア・ハラリ氏の『21Lessons』の最終章に感動。

こんにちは、朋子です。

 

今日は、

私が「凄いな」という驚きとともに

すごく感動したこの気持ちを

是非皆さんと共有したくって、

 

そのことについて書きます。

 

☟  ☟  ☟ 

 

先日、夫がテレビで、

 

『“衝撃の書”が語る人類の未来』

第2部「ホモ・デウス

 

という番組を観ていました。

 

私は全く興味がなかったので

何か他のことをしていたのに、

 

気がついたら引き込まれるように

「ふむふむ」と身を乗り出して観ていて、

 

結果、最後まで

興味深く観てしまいました。笑

 

 

今年の初めに放送された

BS1スペシャルの番組で、

 

第1部が「サピエンス全史」
第2部が「ホモ・デウス

 

夫が観ていたのは第2部で、

人類250万年の歴史を多角的視点で紐解く、

という番組です。

 

 

 

“衝撃の書”というのは、

 

イスラエル在住の歴史家、

ユヴァル・ノア・ハラリ氏の

ホモサピエンス全史』という本で、

 

各方面で話題の本だそうです。

 

どのくらい話題かっていうと、☟

 

全世界で1000万部超えの

歴史的なベストセラーで、

マイクロソフトビル・ゲイツ氏や

Facebookザッカーバーグ氏、

ノーベル文学賞カズオ・イシグロ氏、

オバマ元大統領ら、

世界のリーダーや著名人が絶賛している

『サピエンス全史』。

 

人類250万年の歴史を

全く新しい驚きの視点から読み解き、

世界中に注目されている“衝撃の書”。

 

…っていう、凄い本らしいんですよ。

 

 

その続編

『ホモ・デウス(神となった人間)』

という本も出ていて、

 

テクノロジーの進化やAIが

人類の未来をどう変えるか?

人類は幸せに向かってるのか?

宗教問題、地球温暖化、国際問題、

あらゆる事象を多角的に見て紐解く

 

…という、

これまた深い本らしいんです。

 

 

この番組は、

 

ハラリ氏×池上彰さんの対談により、

 

これから人類の未来はどうなるの?

私達は本当に幸せに向かってるの?

 

というような

壮大なスケールの話題について、

ハラリ氏がグローバルな視野から語る。

 

…という、

 

恐らくハラリ氏のファンにとっては

たまらないであろう番組だったんです。

 

 

...で、ハラリ氏が番組で語った

その詳しい内容については

 

今日はちょっと置いといて、笑

 

 

実はここからが本題なんですよー。笑

 

 

夫はちょうど、

 

ハラリ氏の新刊である、

続編3冊目を読んでたんです。

☟これです。

 

21 Lessons: 21世紀の人類のための21の思考

21 Lessons: 21世紀の人類のための21の思考

 

 

「衝撃の書」『サピエンス全史』で

人類の「過去」を。

 

続編『ホモ・デウス』で

人類の「未来」を。

 


で、夫が読んでた『21 Lessons』

人類の「現在」を問うています。

 

この時代を私たちは
「どう生きるか」

 

ということについて、

 

幻滅、雇用、自由、平等、

コミュニティ、文明…などの

21トピックについて、

 

1章1トピック×21章で書かれています。

 

 

このテレビ番組を観終えた後、

 

この新刊を読み終えた夫が

驚いた様子でその本を持ってきて、

 

この本の大事な「締め」としての

21番目の最終章について

見せてくれたんですが、

 

 

超びっくりしましたよ。

 

 

…な、な、なんと、

 

 

21「瞑想」

 ーひたすら観察せよー

 

 

…って書いてあるんですよ!!

 

 

 

私はすんごく嬉しかったです!

 

 

何が嬉しいって、

 

 

数多くの偉人から注目されている

ハラリ氏が書いた新刊ですよ。

 

私にしてみれば、

 

理解できるのは最終章の「瞑想」だけで、

 

それ以外の章で書かれていることは

未知の分野過ぎて難しいし、

 

使われてる単語とその意味が

まずわからないという難易度。笑

 

申し訳なくなるくらい、

私には難しくて完全には理解できない。

 

絶対自分では手に取らないであろう本。

 

その『21 Lessons』の

最終章で述べられていることが、

 

「瞑想」~ひたすら観察せよ~

 

 

 

…こんな素晴らしい偉人が、

最終章で「瞑想」を持ってくるあたりが、

 

超嬉しいじゃないですか!笑

 

こんなに学歴も知識量も経歴も

興味のある分野も深め方も考え方も

まるっきり私とは違う方と、

 

大事にしてるポイントが同じ

 

って、超嬉しくないですか!?

 

…笑

 

違う星の宇宙人同士が、

お互い違いすぎて話が全く噛み合わない中で、

1個だけ超大事な共通点を見つけて

大喜びしてる(こちらが一方的に嬉しい)

 

…みたいな感覚ですよね。笑

 

 

しかも

書かれてる内容がまた、

素晴らしいんですよ。

 

「瞑想」が世界のあらゆる問題の

魔法の解決策になるなどとは、

私は断じて思ってはいない。

 

としたうえで、☟

 

世の中を変えていくためには

世界の多くの人が団結し

協力することが必要で、

 

人間の心や自分自身の心、

自分の内なる恐れや偏見、

コンプレックスとの対処法を理解すれば、

効果的に行動したり協力したりし易くなる。

 

 

…って言ってるんですよー!!

 

 

もう、本当にそうなんです。

 

世界や地球を整えたかったら

まず自分が整ってないと、

うまくいくものも、うまくいかない。

 

人も国も、

お互いどうでもいい何かに執着してると

議論がどんどん本質からズレるんですよね。

 

瞑想でなくてもいいので、

セラピーや芸術、スポーツなど

自分の内側と向きあうツールを

持っていることが大事だ、と

ハラルさんは言っています。

 

まず、自分。

まず、自分を見ていきましょう。

 

ここが一番大事、

っていうか大事な事って、

これ以外あるか?って感じです。

 

ハラリさん、ありがとう。笑

 

皆さんにもこの感動が

伝わってたら嬉しいです。

 

 

今日も読んでくれてありがとう!

/* */ @import "/css/theme/handwriting/handwriting.css"; /* */ /* */ body{background:#F5A2A2;} /* */ /* ### ブログタイトルの文字色 ### */ 6 #title a{ 7 color:#FF66CC !important; 8 } #title{ font-family: "Mplus 1p"; font-size: 10px; letter-spacing: 0px; } h1.entry-title a{ color: #752100; font-size: 20pt; }