ひたすら自分と向き合う

本来の自分を思い出す。②

こんにちは、朋子です。

 

今朝の東京の空です

この芸術的な雲!素晴らしかったです。

 

 

さてさて。

今日は前回の記事の続きです。

yuuhotoissho.hatenablog.com

 

本来の自分に戻りやすくなる、

思い出しやすくなるポイント。

 

 

一つめは、

 

宇宙から地球にいる自分を見降ろす、

というイメージで日常を過ごす。

 

ということでした。

 

要するに、高いところから、

自分の現実を客観的に優しく見守る

もう一人の自分がいる、

という意識でいることによって、

 

現実に呑み込まれなくなる、ということです。

 

今日はその続きで、

あと二つ目と三つ目を書きます。

 

 

 

二つ目は、

 

「本来の自分」

つまりピュアでまっすぐで、

安心で満足で幸せで豊かで、

心地よい感覚を纏っていて、

広大無辺の宇宙のように、

無限で自由で全てが可能な意識。

 

こっちが本来の自分なんだということを

腑に落とすこと。なんです。

 

 

宇宙の法則について説明している人、

例えばバシャールやインドのAkikoさんなど、

(バシャールは人じゃないけど。笑)

 

自分が好きな人を見つけて、

その人の本や動画などで、

こっちが本来の自分なんだということを

腑に落とすこと。

 

 

ここを腑に落とすと、

 

「高いところからの広い視野」

っていうことがイメージしやすくなるので、 

 

 

一つ目に書いた

宇宙から地球にいる自分を見降ろす

というイメージが掴めない方は、

 

逆に「腑に落とす」を先にやってみたら

良いかもしれません。

 

手始めとして、

関野あやこさんの動画は

わかりやすくておすすめです。

https://www.youtube.com/watch?v=FGtu7jHK7rM&t=7000s

 

 

 

三つめは「瞑想」

 

瞑想と言っても、

椅子に座って、深い呼吸を繰り返す。

たったこれだけですが、

 

吸い切る、吐き切るという

深い呼吸を繰り返すうちに、

自分に意識がグーっと集中し、

何とも言えない安心感を体感できます。

 

お~、これが本来の私の心地い良い意識なのか。

こんなに安心感に満ちて平和なんだなぁ。

 

…ということを感じながら

深い呼吸を繰り返すだけで、

その時もう本来の自分と繋がっています。

 

 

瞑想で体感した心地良さと、安心感。

これこそが、本来の自分の意識なんだ。

 

…とカラダが覚えると、

「いつもこの心地よい気分で過ごしたい」

という感覚になるので、

 

気分の悪い自分に

居心地の悪さを感じるようになり、

「早く本来の自分に戻ろう」

と思うようになります。

 

 

 

…ということで、まとめです。

 

 

これまで、

本来の自分に戻りやすくなる、

思い出しやすくなるポイントについて

三つ書いてきました。

 

 

一つ目、

宇宙から地球にいる自分を見降ろす

というイメージで日常を過ごす。

 

二つ目、

「本来の自分」という概念を腑に落とす。

 

三つ目、瞑想。

 

 

 

 

…何だか色々と書いてきましたが、

 

兎にも角にも一番お伝えしたいことは、

 

現実で何が起ころうとも、

それは本来の自分に

戻るためのことです。

 

起きたことで湧いた感情は、

感じ切ってポイするために出現しただけです。

 

感じ切ってポイする度に、

本来の自分に近づいていきます。

 

感じ切って、ポイ。

感じ切って、ポイ。

 

玉ねぎの皮が剥けるみたいに

ポイポイされていって、

ピュアな本来の自分が見えてきます。

 

 

だから、大丈夫なんですよ。

何が起きても大丈夫なんです。

 

「本来の自分」が見えるって、

すごく興味深くありませんか?

 

私も早くそこに到達したいです。笑

 

 

今日も読んでくれてありがとう!

/* */ @import "/css/theme/handwriting/handwriting.css"; /* */ /* */ body{background:#F5A2A2;} /* */ /* ### ブログタイトルの文字色 ### */ 6 #title a{ 7 color:#FF66CC !important; 8 } #title{ font-family: "Mplus 1p"; font-size: 10px; letter-spacing: 0px; } h1.entry-title a{ color: #752100; font-size: 20pt; }