ひたすら自分と向き合う

関野あやこさんを紹介しています。

こんにちは、朋子です。

 

昨日、youtubeの「おすすめ動画」に、

「関野あやこさん」という方の動画が

上がっていまして、

 

あら?と思って、観てみました。

初めて、この方の動画を観ました。

 

…はっきり言って、素晴らしいです。

 

宇宙の法則について、

ホワイトボードにさらさらっと描いた

シンプルで可愛らしい図を通して

本当にわかりやすく説明されています。

 

その上で、

 

私達がずーっと使ってきた、

無価値観や罪悪感、

私にはできない、能力がない。

そういった重い周波数を外す、

誰でも簡単にできるワークを紹介しています。

 

…はっきり言って、素晴らしいです。

 (2回目。笑)

 

関野あやこさんが

何年も前から講演会の度に使っているという、

この可愛くてシンプルかつパワフルな

ホワイトボードのイラスト!

 

このシンプルなイラストに、

大切な情報がぎっしり詰まっています。

 

あなたが持っている黒い球は、

重たい周波数、つまり

無価値観、罪悪感、どうせ私なんて…

…などの重たい周波数です。

 

自分が持っている周波数が

現実というスクリーンに映し出されます。

 

重たい周波数を手放せば、

上に広がる宇宙の高い周波数、

つまり本来の自分の高い周波数と繋がり、

それが現実のスクリーンに映し出されるよ、

 

…ということをシンプルに表しています。

 

 

現実というのは映画のように

自分が持っている周波数を映し出しています。

 

だから、映画(現実)を変えたければ、

フィルム(自分が持ってる周波数)を変えれば良い。

 

映画のスクリーン(現実)を変えようとして

「大変!私が何とかしなきゃ!」と手を伸ばしたり、

ああだこうだと文句を言ったりしても、

映画(現実)は変わらないのです。

 

フィルム(自分が持ってる周波数)を

好みのものに変えれば、映画(現実)も変わる。

 

重たい周波数を手放して、

どんどん軽くなって宇宙へとぐんぐん上がる。

 

つまりそれは、

今まですっかり忘れていた本来の意識、

 

私は素晴らしい、私ならできる、

私には無限の可能性がある、

私の全てがうまくいっている、

これからの自分にワクワクする、

 

そういう意識に「戻る」

本来の自分に「戻る」

 

そうすると現実というスクリーンには

そういう周波数の映画が映し出される。

 

そういうことなんですね。

 

そのための、

重たい周波数を外すワークの動画を

関野さんはたくさん出しています。

 

彼女のこと御存知の方も多いかと思いますが、

動画リンクを貼っておきますね。

 

今のあなたにしっくりくるのならば、

取り入れてみて下さいね。

私はかなり腑に落ちました。

 

いつも言っていることですが、

こういうのって「相性」が大事ですよね。

どの人のどんな解説やどんな表現が好きか?

「しっくりくる」という

自分の体感というのは大事です。

しっくり来なくてもいいんです。

それは今のあなたに必要ではない、

または別のタイプが好みである、

というだけの話です。

また、色んな方を紹介しますからね。笑

 

www.youtube.com

 

今日も読んでくれてありがとう!

/* */ @import "/css/theme/handwriting/handwriting.css"; /* */ /* */ body{background:#F5A2A2;} /* */ /* ### ブログタイトルの文字色 ### */ 6 #title a{ 7 color:#FF66CC !important; 8 } #title{ font-family: "Mplus 1p"; font-size: 10px; letter-spacing: 0px; } h1.entry-title a{ color: #752100; font-size: 20pt; }