ひたすら自分と向き合う

ひたすら自分と向き合う

「自分がわからない」を卒業して自分に戻っていく実践記録です✨

小さいシンクロも味わって楽しもう!

こんにちは、朋子です。

 

皆さん体調いかがですか?

 

梅雨の時期は湿度が高くて、

気圧も低いので

身体がだるくなったりしますよね~。

 

Hydrangea Purple, Flower, Petals, Plant

 

さてさて、

とても面白いことがありました。

 

趣味でドラムをやっているんですが、

こないだ先生が急に、

 

「よし、曲やりましょう!」

「どんな曲が好きですか?」

 

 って言って、youtubeを検索し始めました。

 

ずっと基礎練習ばかりだと

私が飽きるのではないか?という

気遣いなのでしょう。

 

(私は全然飽きてない。笑

黙々と基礎練をやりながら

瞑想に入っていくタイプ。笑)

 

それで

「最近の曲と昔の曲なら、どっちがいい?」

っていう話になって、

 

「昔の曲、結構好きで

最近聴いてるんですよ」

 

って言ったら、

 

「Steavie Wonderとか好きですか?」

とか言って、

彼の色んな曲を流し始めたんです。

 

私はちょっと前の記事に

Steavie Wonderのことを書いてまして、

 

「次はSteavieの曲で練習しようかな」

なんて書いてるんです。

ベースの話だけど。笑

 

『To Feel the Fire』 - ひたすら自分と向き合う

 

先生も大好きみたいで、

「やっぱSteavieは神っすよねー」

とか言いながら

何曲かかけたんだけど、

 

 

なんとここで先生は

おもむろに、

 

 

「あ、女性ボーカルが良かったら、

 

Aretha Franklinなんて

どうですか?」

 

って言ったので、

 

超びっくりして、

 

「えー!好きです!

最近よく聴いてて…」

 

とか何とか私が言ってる間に、

 

先生はなんと、

 

「こんなのどうですか?」と言いながら、

 

 

『Think』をかけ始めた。

 

・・・笑。

 

 

…はい、そうです。

 

最近の記事で皆さんにも紹介した、

これです。

 


Aretha Franklin - Think (feat. The Blues Brothers) - 1080p Full HD

 

 

「あーーーっ!!!

私、これ大好きなんですよ!

このMV、もう何度も観てるんですよ!」

 

「よし!じゃあこれにしよ!!」

 

…って、即決。笑

 

いやー、びっくりしました。

 

 

この曲とこのMVが大好きで、

これでもかってくらい聴いてるので、

 

たぶんこの、

純粋な「好き!」の気持ちだと

今回のようなシンクロが起きるんですね。

 

 

こういうケースだと、

「雑念」がないじゃないですか。

 

「こんなに好きでいいんだろうか」とか

「こんなのが好きって、頭おかしいのかな」

 

なんて、思わないじゃないですか。

 

心配や不安などの「雑念」がない、

 

ただ純粋に「好き!」っていう

ピュアな「ウキャー」っていうエネルギーだと、

 

こういうふうに

シンクロが起きやすいんですね。

 

 

たいてい、

大きな望みとか

うまくいって欲しいこととか、

 

そういった期待が大きいこと程、

「雑念」が入るじゃないですか。笑

 

大丈夫かな、できるかな、

おかしいかな、どう思われるかな、

とか色んな雑念が。

 

だから

こんな簡単じゃないなんだけど、

 

逆に言うと、

そういう「雑念」なしに、

 

好き!楽しい!嬉しい!とか、

安心~心配ない~リラックス~

ゆるむ~幸せ~

 

みたいな純粋な気持ちでいると、

予想だにしないシンクロが起こる、

 

ってことなんだろうなぁ。

 

って思います。

 

恐らく皆さんにも、

小さいことから大きめのことまで、

シンクロは起きてることでしょう。

 

昔の私は

「なにこの偶然?」くらいの感じで

軽くスルーしていましたが、

今はじっくり味わって楽しんでます。笑

 

 

今日も読んでくれてありがとう!

/* */ @import "/css/theme/handwriting/handwriting.css"; /* */ /* */ body{background:#F5A2A2;} /* */ /* ### ブログタイトルの文字色 ### */ 6 #title a{ 7 color:#FF66CC !important; 8 } #title{ font-family: "Mplus 1p"; font-size: 10px; letter-spacing: 0px; } h1.entry-title a{ color: #752100; font-size: 20pt; }