ひたすら自分と向き合う

肉まんが食べたかったんだもん。

こんにちは、朋子です。


昨日、
新幹線に乗る前に肉まんを買って、
新幹線の中で食べました。

とてもおいしかったです。



…娘の作文か!



今日はこの

「肉まんを買って食べた」
という,

何のことはないと思われる
日常の出来事を一例にして、

このときの私の中での

自分との会話について
書いてみます。

f:id:yuuhotoissho:20190506122644j:plain

…ちなみにこの一連の流れ、

最近は普通にやってますが、

以前の私なら出来ないことでした。


いつも相手優先で自分後回しだったし、

周りと足並み揃えずに
自分だけ違うことやるなんて、

とんでもないことでしたから。笑


ワガママだと思われるとか、
変な人だと思われるとか、

そっちの不安のほうが大きかった。



このどーでも良さそうな肉まんの話で、

「自分を生きる」ということの

喜びと楽しさを感じてもらえたら嬉しい。笑




昨日、新幹線に乗る前に

だいぶ時間があったので

広い駅の中をぶらぶらしました。


私は美味しそうな肉まんを見つけて、

わぁ~肉まん美味しそう❤
食べたーい!
と一瞬思ったけど、 


…でも新幹線に乗るまで
あと1時間くらいあるから、

今買ったら
新幹線に乗る頃には
冷めて固くなってるだろうなぁ。

夫も娘も

「肉まんはいらない」
って言うし、

ひとりで肉まん食べるのもなぁー。

やっぱり買うの、
やめとこーっと。

っていう思考が働きました。



そしたら夫と娘が

「駅弁買って、
新幹線の中で食べたーい!」

と言って
駅弁を選んでいます。


駅弁かぁー。
私はどうする?

おなかいっぱいだし、
さほど惹かれないなぁー。

それだったら肉まんの方がいいな。

娘が
「ママも駅弁買おうよ~」
とか言ってるけど、

私は
「ママは駅弁より肉まんがいいなぁ」
と言っていた。

家族みんなで駅弁を食べるのも
楽しいかもしれないな~

っていう思考は
4%くらいは働いたけど、

夫と娘がどの駅弁にしようかと
ギャーギャー騒いでる時、

私は既に肉まんを買いに行っていた。笑



夫と娘は駅弁を買って、
嬉しくてほくほくし、

私は肉まんを買って、
嬉しくてほくほくしている。

当たり前だけど、
食べたいものを買うから
嬉しいのだ。


そして新幹線に乗り込み、
みんなでランチタイム。

肉まんは
冷めて少し固くはなっていたものの、
とってもとっても美味しくて、

はぁ~~幸せ~~~♡♡♡
という気分になり、

大満足で幸せ気分満点になったのです。



最初に
「肉まん食べたい!」

と思ったのが、
自分の心の声です。

直感、感覚、魂の声とか言うやつ。


「冷めて固くなるかもしれない」
「夫も娘も肉まんはいらないのに
 ひとりで肉まん食べるのもなぁー」
「家族みんなで駅弁も楽しいかもしれない」
「みんなと同じもの買ったほうがいいのかな」

これらは全て、
後から考えた思考。


あれこれ思考が出てきたけど、

結局、私は肉まんを買った。



すごく美味しい肉まんだったんですよ。

大きくて、ふわふわで、
冷めても固くなっても、全然美味しかった。


だけど
美味しい肉まんだったから
幸せを感じた、

というよりも、


自分の望みを叶えてあげた
自分の直感で動いてあげた

だからこその、

この
「幸せ感」
「満足感」

なんです!!!


これ、超大事だと思う!!


自分より人のこと優先して
言いたいこと言えずに生きてきた人ほど、

これ超大事!!


ぜひぜひ、

日常のちっさいところからでいいから

やってみて欲しい!


それで、

ここがまた凄いところなんだけど、

万が一この肉まんが

美味しくなかったとしても、
だとしても、

ちょっとはガッカリするにせよ、

幸せ感と満足感は
必ず感じるよ!!


これは当然そうです、

だって
結果よりもプロセス。

自分の願いを叶えてあげた
自分の直感で動いてあげた

こっちのほうが
結果よりはるかに大事だからね!!



私のこの、
どーでもいい肉まんの話から

必要な方に必要な何かが
伝わったら嬉しいです。笑


今日も読んでくれてありがとう(*^^*)

/* */ @import "/css/theme/handwriting/handwriting.css"; /* */ /* */ body{background:#F5A2A2;} /* */ /* ### ブログタイトルの文字色 ### */ 6 #title a{ 7 color:#FF66CC !important; 8 } #title{ font-family: "Mplus 1p"; font-size: 10px; letter-spacing: 0px; } h1.entry-title a{ color: #752100; font-size: 20pt; }