ひたすら自分と向き合う

ひたすら自分と向き合う

「自分がわからない」を卒業して自分に戻っていく実践記録です✨

Happyちゃんの言う「そよ風」

こんにちは、朋子です。

 

 

今日はHappyちゃんの話題です。

 

このブログで何度か紹介している

私が大好きな

アメブロの人気ブロガー、

Happyちゃん。

 

Happyちゃんと、愛ちゃん。 - ひたすら自分と向き合う

Happyちゃんのインスタライブ(参考) - ひたすら自分と向き合う

 

人類意識研究家(自称?)の

Happyちゃんが、

2014年から5年間書き続けた

『世界は自分で創る』という

大人気ブログを削除しました。

 

読者2万人以上?だったかな、

とにかくパンパなく読者数がいて、

私を含めて

多くの人の心を救い、

多くの人の生き方を変えたであろう

このブログを、

 

昨年12/26に、

彼女は削除しました。

 

なぜか?その理由は、

彼女の心に、

 

「ブログ削除しようよ~」

という「そよ風」が来たから。笑

 

f:id:yuuhotoissho:20190104172834j:plain

 

 

彼女が言う「そよ風」というのは、

 

ふっと湧いた、

気のせいと捉えがちな、

閃き、感覚のことです。

 

彼女は自分の感覚を

物凄くストイックに

大事にして生きてるので、

 

「ブログ削除しようよ~」

という「感覚」を

決して見逃しませんし、

 

しかも、それに従うんです。

従っちゃうんですよ。

 

彼女はブログへの愛着がありながらも、

自分の感覚に従いました。

 

彼女も人間ですので、

寂しさや怖いという気持ちだって

もちろん湧きます。

 

でも彼女は

「自分の感覚が鈍くなることが一番怖い」

と言って、

泣きながらブログを削除したのです。

 

こうして彼女は12/26に、

『世界は自分で創る』

というブログを削除しました。

 

…この力強さ、潔さ。

 

ここまで、

自分の感覚、閃き、

ふと思うことを信頼して、

それに従って生きるということの、

力強さと、潔さ。

 

彼女はいつだって

自分の「感覚」で生きて、

 

それによって

誰も想像もできなかった

すごいことを創造してきてるんです。

 

自分を信頼してるからこそ、

できることです。

 

自分の感覚こそが全て。

自分の感覚で生きよう。

 

そうすれば、

みんな思い通りの人生が創造できる。

 

それを

自分を実験台にして体現してるんです。

 

ちなみに

彼女がブログ削除を公表すると、

すぐ書籍化の話が上がりました。

 

実は彼女、

引き寄せの法則の本を

前編・後編として出版する予定で

前編のみ出版してます。

 

前編は予定どおり出版し、

後編は気が乗らなくてやめた。

 

…という経緯があるそうで、笑

 

これ出版業界ではあり得ない話らしいですが、

 

この時も彼女は

自分の「気が乗らない」という

「そよ風」=感覚に従った。

 

結果的に、その続編が

今回のブログ書籍化ということに

繋がってきた訳なんです。

 

彼女にとって

『世界は自分で創る』

ということは

もはや当たり前のことなのです。

 

彼女の第1章は終わりました。

 

そして彼女は

Happyちゃんを卒業して、

 

本名の「竹腰紗智」さんとして

第2章を迎えました。

 

竹腰紗智さんとしての

新しいブログを

アメブロで始めたそうです。

 

興味がある方はこちら。

私は自分を愛しています

 

『私は自分を愛しています』

というブログタイトルなんですが、

 

私の長年のテーマである

「自分を愛する」

 

自分を愛するってどういうこと?

自愛って何?

 

…これ、

長年私が考えていたことです。

 

これをタイトルにしてくれた彼女に

また勝手に親近感を持ってます。笑

 

彼女は今年も

みんなが驚くようなことを

やらかしてくれるでしょう。

 

人類意識研究家としての彼女を

今年も見守りつつ、

 

もちろん私も、

「そよ風」をキャッチしながら、

今年はさらにバージョンアップして

生きていきたいと思います!

 

みなさんも一緒に、

今年さらに

バージョンアップしますよー!

 

「そよ風」を大事に!笑

 

 

今日も読んでくれてありがとう(*^^*)

/* */ @import "/css/theme/handwriting/handwriting.css"; /* */ /* */ body{background:#F5A2A2;} /* */ /* ### ブログタイトルの文字色 ### */ 6 #title a{ 7 color:#FF66CC !important; 8 } #title{ font-family: "Mplus 1p"; font-size: 10px; letter-spacing: 0px; } h1.entry-title a{ color: #752100; font-size: 20pt; }