ひたすら自分と向き合う

軽く思ったことが現実化した話

こんにちは、優歩です。

 

こないだ、漠然と

「こうだったらいいな~」

と軽くイメージしてたことが、

忘れた頃にいきなり現実化して、

イメージしたこと自体を忘れていた私は

後日やっとそのことに気づいてビックリ!

 

…っていう、面白いことが起きたので、

そのことについて書きます。(笑)

 

 

私、趣味でエレキベースやってるんです。

友達とバンドを組んで

楽しく演奏したいな~と思ってます。

 

ギター、ボーカル、キーボードは

できそうな人がすぐに見つかって、

ベースも私以外にも出来る人がいて、

あとはドラムが…いないんです。

 

私、若いころに

少しドラムをやったことがあって、

「私がドラムを叩ければ、バンドができる!」

…なんて漠然と考えてたんですよ。

 

f:id:yuuhotoissho:20180806161539j:plain

 

それで、

寝る前に布団の中でボーっと考えてたんです。

 

「誰か私にドラム教えてくれる暇な人、いないかなー。」

「暇な人って言えば、大学生とかかなー。(失礼!笑)」

「いつもいくカフェの店員さんに

大学生っぽい若い人がたくさんいるから、

誰かドラムやってる人、いないかなー。」

「教えてくれそうな人、いないかなー。」

 

 

 

例えば、こんな状況どうだろう?

 

私がベースを背負ってカフェに行くと、

店員さんから

「ギターですか?」とか話しかけられて、

 (実際よく話しかけられる)

 

「ベースなんです」って言うと

「あ、僕(私)、ドラムやってるんですよ。」

「おー!いまドラム教えてくれる人探してて。

私に教えてくれませんか?」

「いいですよ~」

 

…みたいな展開だったら、面白いよな~。

 

…なんていうことを、

寝る前に布団の中で、

半分眠りかけの頭で思ってたんです。

ほんとに、軽~く。

 

これ、7月の中旬くらいだったと思うんです。

 

 

そんなことはすっかり忘れていて、

先日、ドラムの体験レッスンに行き、

すごく楽しかったし、いい先生だったので、

もうその先生にドラム習っちゃおうかな~

なんて思ってたんです。

 

 

その数日後、

ベースレッスンに娘と行き、

帰りに一休みしようとカフェに寄りました。

 

私の背負っているベースを見て、

オーダーをとる若い男性店員さんが

「楽器やってるんですか?」

と話しかけてきました。

 

「はい、ベースなんです」

って言うと、そのお兄さん、

「お子さんがいても音楽やってて

すごい素敵ですねー。

僕ドラムやってるんですよ」

 

 

・・・・・

 

 

「僕ドラムやってるんですよ」

って言ったんです!!

 

 

 

だけど私、

この状況をイメージしたことなんて

すっかり忘れていて。(笑)

 

「へー!私も最近ドラム始めたとこなんですよ」

「家にドラムあるんですか?」

「どこで練習してるんですか?」

 

…って、

普通にどうでもいい話をしてしまった。(笑)

 

この時、なぜか、

「私に教えてくれませんか?」

というフレーズは

ぜんっぜん出てこなかった!(笑)

 

で、この日は

自分がイメージしたことが現実化した、

ということにすら気づくこともなく、

(我ながらバカ)

 

翌日、急にそのことに気づいて、

「おぉぉーーーー!!」

ってなったのでした。(笑)

 

ちょっとイメージしたことが

ほぼそのイメージどおりに現実化した、

ということに超ビックリしたし、

 

さらに、

「僕ドラムやってるんですよ」

って言われた時点で

それをイメージしたことを

思い出さない自分にも

超ビックリですね。(笑)

 

だけど後で思ったのが、

この時に

「私にドラム教えてもらえませんか?」

が出てこなかった、

イメージしたことを思い出さなかった

ということは、

 

体験レッスンを受けた先生が

私には合ってる、っていうことなのかな?

なんて思ったりしました。

教え方も上手で楽しく叩けて、

この先生なら通ってもいいな、

って思ったんです。

 

じゃあなんで、

カフェのお兄さんの

「俺ドラムやってるんですよ」

だけが現実化したのか???

 

私はそのお兄さんから、

練習場所、どこにスタジオがあるとか、

そういう情報をゲットしたのです。

そのために、

イメージしたことの一部分だけ、

必要なところだけが現実化したのかな?

なんて思いました。

 

そう考えていくと、面白いですよね!

 

どんな出来事にも

何かサインがあるような気がして、

それを日々キャッチしていきたいな~

って思ってます。

 

今日も読んでくれてありがとう(*^^*)

 

 

 

 

/* */ @import "/css/theme/handwriting/handwriting.css"; /* */ /* */ body{background:#F5A2A2;} /* */ /* ### ブログタイトルの文字色 ### */ 6 #title a{ 7 color:#FF66CC !important; 8 } #title{ font-family: "Mplus 1p"; font-size: 10px; letter-spacing: 0px; } h1.entry-title a{ color: #752100; font-size: 20pt; }