ひたすら自分と向き合う

ひたすら自分と向き合う

自分を探求する旅

子供の夏休みへの意識の持ち方

こんにちは、朋子です。

 

小学校が夏休みに入りましたね~。

外が暑すぎて外出できないので

家でまったり過ごすか

プールに行くしかないんですよね~。

 

以前は、

子供の夏休み・冬休みが結構苦痛だったんです。

留守番もまだ十分にできなかったり、

鍵の管理や戸締りも微妙な感じなので、

私がひとりで外出できる時間がなくて

結構ストレス溜まるんですよね…(笑)

 

特に関東の夏休みは長いのと暑いので

北海道出身の私としては

ダブルパンチのしんどさです。

 ※北海道の夏休みは短くて

  その分冬休みが長いんです。

 

それで、今までの夏休みは

「はぁ~ひとりの時間が欲しいよ~」

「ひとりで出かけたいよ~」

って、かなりどんよりしてたんですが、

 

「今年からは、子供の長期休暇を

どんより気分で過ごすのをやめよう!」

 

…と、決心しました。(笑)

 

できるだけ私も楽しく過ごせるような

意識の持ち方と考え方をして、

それを感情でチェックする。

 

楽しいって思えたらOK。

ストレス感じたら、

よりリラックスできることを考える。

 

f:id:yuuhotoissho:20180721212821j:plain

例えば今日だったら、

外が暑すぎて外出できないから

子供が1日中家にいて散らかしてたけど、

 

「いまは散らかしててもいい時間ね」

「あとで片付けタイムつくって片づけてね」

「暑くて外出できないから、宿題やっちゃお」

「おやつ、一緒にアイス食べよー」

 

などなど、

子供のためっていうより、

自分がラクになる、

自分がイライラしない考え方を探る。

 

そしたら、夏休み1日目なのに

宿題がかなりはかどってしまった!

 

そして、私も子供にイライラせずに

本を読んだりして

自分の時間を作ることができました。

 

そして、

子供が暑さでのぼせたのか

鼻血を出したので、

「元気になる、おいしいご飯にしよう!」

と言って、

私も子供も好きな肉だんごスープを作ったり。

 

…こうして書いてみると、

やってることは普段の日常と

さほど変わってないのに、

なんか楽しい。(笑)

 

変わったのは、

私の行動の起点となる「意識」。

 

「あ~夏休みがしんどい」

っていう毎年の夏休みへの意識を、

「子供と楽しく夏休みを過ごそう」

「私は私でラクに過ごそう」

に変えただけ。

 

これだけで、

気分がだいぶ変わる。

 

これこれ!

今日からの子供の夏休み、

この意識でいきます!!

今年は楽しく過ごしますよ~!!

 

また報告します(笑)

 

今日も読んでくれてありがとう(*^^*)