ひたすら自分と向き合う

自信をつける

こんにちは、優歩です。

 

長年、自分に自信がなくて

自己肯定感も低かった私ですが、

 

何年か前から「自信の無さ」にメスを入れ始めて

色々なことに取り組んでみたんです。

 

「自信」って、

これ完全なる私の勝手な個人的見解ですが(笑)、

 

大きく分けて2つあると思っていて、

 

ひとつめは

 

「何かを成し遂げたことによる自信」

 

例えば、部活や勉強で成績をおさめたことで自信がつくとか、

仕事で成果を上げて自信がつくとか、

趣味でも子育てでも、

何かを頑張ったり成果を上げることで

自信がついていくという類の自信ですね。

 

もうひとつは、

 

何かを達成するしないに関係なく、

 

「自分の存在そのものへの自信」

「生きていることへの自信」

「生命への自信」

とでも言いましょうか、

 

自分がこの世に存在して生きていること

そのものへの自信、という感じです。

 

何かを達成したから素晴らしい自分

という捉え方ではなくて、

 

自分の存在そのものがすでに素晴らしい。

世界にたった一人の自分の価値を

認めていて信じている。

 

だから自分の感じ方が超大事で、

いつも自分の心に注目して

自分を大事にしている。

 

…大きく分けてこの2種類の自信があると思うんです。

 

 

 

それで、ここからが重要なんですが、

 

「自分の存在そのものへの自信」

「生きていることへの自信」

「生命への自信」

 

ここが満たされていないと、

 

「何かを成し遂げたことによる自信」

を感じにくい・実感しにくい

 

ってことが起こってくるように思うんです。

 

 

私もそうでしたが、たいていは

「自信をつけたい!」と思ったら、

 

何かを頑張って成績・成果を出すことで

自信につなげようとすると思うんです。

 

でも

「自分の存在そのものへの自信」

「生きていることへの自信」

「生命への自信」

 

ここが満たされないままに

何かを頑張ることで自信をつけようとすると、

 

逆説的なんですが

 

「何かで成果を出さないと

自信が持てない自分」

 

「ありのままの自分だと

自信が持てない自分」

 

という意識を

強化してしまうことになるんです。

 

しかも多少の成績・成果では自信がつかない、

だからさらに頑張る、

ということを繰り返し繰り返しやるので、

 

成績・成果をすでに出しているのに

まだ自信が持てない

 

すごく頑張っているのに

それを自分で認められない

 

…という状況になってしまい、

 

日々の日常生活が

ものすごーく疲れてしまうんです。

 

(これ私、何度も経験済です)

 

だから、とにもかくにも、

何かを頑張ることも大事ではありますが、

 

その前にまず最初に大事にしたいことは

 

「ありのままの自分を認める」

「自分の存在価値を認める」

 

というところなんです!

 

それはどうやって?というところは

何度か過去記事でも

書かせていただいていますが、

 

「自分を満たす」ことに尽きます。

 

頑張ることをやめて、

 

自分の好きなことをしたり

自分の好きなものを食べたり

あったかいお風呂に入ったりして

衣食住の基本から自分を満たして

心身ともにリラックスさせます。

 

そしたら、散らかり放題の部屋でも

全然気にならず生活していたのに、

急に断捨離したくなったり

掃除したくなったりします。

したいことを、したい時にします。

 

自分のわがままを聞いてあげます。

行きたいところに連れて行ってあげます。

会いたい人に会ってもいいと思います。

 

そういうことを日々、

地道にやっていくことで

自分の心身が満たされてくると、

 

「自分の存在そのものへの自信」

「生きていることへの自信」

「生命への自信」

 

が少しずつ自然についてきます。

 

それが基盤にあると、

 

ずっとやりたかったことをやりたい

好きなことを極めたい

自分が楽しいと思うことをしたい

 

という希望が出てきて、

 

それをやっているうちに

結果的に「成績・成果」が

後からついてくる、

という感じになります。

 

もうそこまでいくと

自分への基本的信頼感や自信は

すでについているので、

 

成果を上げることで自信をつける

ということが目的ではなくなっていて、

 

自信は「おまけ」になってきます。

 

もうそこまでいったら、

 

探すものは自信から

「生きがい」

「人生の目的」

に変わっているかもしれませんね。

 

今日も読んでくれてありがとう😊

/* */ @import "/css/theme/handwriting/handwriting.css"; /* */ /* */ body{background:#F5A2A2;} /* */ /* ### ブログタイトルの文字色 ### */ 6 #title a{ 7 color:#FF66CC !important; 8 } #title{ font-family: "Mplus 1p"; font-size: 10px; letter-spacing: 0px; } h1.entry-title a{ color: #752100; font-size: 20pt; }