ひたすら自分と向き合う

ひたすら自分と向き合う

自分を探求する旅

~するべき、に縛られる

こんにちは、朋子です。

 

私も日々

自分ノートや人との会話を通して

自分と向き合っていますが、

 

やはり思うのは、

基本私って真面目だよなー。

っていうことです(笑)。

 

~するべき、

~しなきゃ、

~した方が良い、

 

というような

自分に対する制限や決め事が本当に多いなぁ

…ということに気付きます。

 

もちろん、

その気持ちがあるから

やりたくないことも頑張ろうと思えるんです。

 

だけどそもそも、

 

それ本当にするべき?

しなきゃいけないことなの?

しなくても別にいいんじゃない??

 

…と思い始めたら、

「するべき」に

ずいぶん縛られている自分に気付いてくるんですよね。

 

例えば。

最近気付いたことで、

自分でもびっくりしたことがあります。

 

結論から言っちゃうと、

 

自分は料理が好きだと思っていたけれど、

実は、

 

「子供を持つ母親なんだから

毎日ちゃんとしたご飯を作るべき」

 

「節約しなきゃならないから

外食は控えてご飯を作るべき」

 

という「べき」に縛られていただけで、

 

実際は料理しなくていいならしたくないし、

毎日外食でもいい!

…と思っていることに気付いてしまって(笑)。

 

本当に、私、

自分は料理が好きだと思っていたんです。

 

しかも、

料理を始めてからの集中力がものすごくて、

 

ダーッと取り掛かって

バーッと短時間で何品か完成する、

みたいな神業(笑)。

 

私ってすごいな、って思ってました。

 

だけど、気付いちゃったんです。

 

料理が面倒だから、

ギリギリまで料理に着手しない。

だから作り始めるのが遅い。

だから作り始めたら

「早く仕上げなきゃ!」と焦る。

そしたらものすごい集中力で何品も仕上げる。

 

…ただ、それだけのことだと(笑)。

 

自分の感情や気持ちに気付くのに時間がかかる人は

こういうことにも

気付くのが遅れる傾向がありますね(笑)。

 

夫は大食いで、

たくさん作らなきゃ「足りないー」となる。

子供は好きなメニューをあれこれリクエストしてくる。

 

母親としては、

家族のごはんへの想いに応えてやりたい。

 

やっぱり子供が小さいうちは

手作りのあったかいごはんを食べさせてあげたい。

 

お惣菜や外食もいいけど、

節約しなきゃいけない。

 

それがいい母親だし、

そうするべきなんだ。そうしなきゃ。

 

そうすることは悪いことではないし

それができるなら素晴らしいことだと思います。

 

ただし

無理をしないで楽にできるなら

楽しんでできるなら!

↑ここが重要なんじゃないかなって思うんです。

 

 

私「今日ごはん作るのしんどいから、外食しない?」

子供「ヤッター!」

夫「風邪気味だから外出やだなー、ピザとろうよ」

私「えー、ピザかあ。気分じゃないな」

 「じゃ簡単に何か作るか」

 

…と言って、結局豚汁を作り出す私。

 

ピザでOKと言えば楽だったかもしれないのに

残念ながらピザの気分ではなかった(^^;) 

 

でもそこは譲れなかった!

豚汁美味しかったからいいや!(笑)

 

今日も読んでくれてありがとう😊