ひたすら自分と向き合う

大切な人の前でこそ!

こんにちは、優歩です。

 

自分の感情や気持ちに気付いたら、

自分の言葉でそれを表現する。

 

誰かと「会話する」ということは

誰でも毎日普通にしていることです。

 

でも自分の言っていることが

「心で感じた感情や気持ち」ではなく

「頭で考えた正しいこと」だったり

「頭で考えた当たり障りのない建前」

になりがちだと思います。

ビジネスシーンではそれでも良いでしょう。

 

でもプライベートで、

大事な家族や友人、

好きな人、恋人と話す時に

これを続けていると、

 

やはり自分がわからなくなってきます。

 

特に好きな人や恋人の前だと、

こんなこと言って嫌われないかなとか

いい人だと思われたいなどと気にしてしまって

つい自分らしくないことを言ったり

当たり障りのない会話をしてしまうんですよね。

 

私はそもそも好きな人ができないことで悩んでいましたが(笑)。

気になる方は↓

 

yuuhotoissho.hatenablog.co

 

大切な人の前でこそ、自分らしくいたい

 

今だから思うことですが、

今までの私の恋愛って

寂しさを埋めるための恋愛だったな

って思うんです。

 

長年好きになれる人ができないことで悩んで

その後付き合った人は何人かいたけれど

本当に心から好きだっただろうか…?

 

どこか共依存の関係だったり、

本音で向き合えなかったり。

どれも本当の恋愛とは言えなかったな

と思います。

 

それは私の根っこに、

幼少時から抱えていた、

「寂しい」「愛されたい」

という気持ちが

強くあったからだと思います。

 

自分が癒されない気持ちを抱えたままだと

恋愛でそれを癒そうとして

本当の恋愛ができなくなるんですね。

 

私はそうでした。

 

だからまず

自分の癒されない気持ちを

自分で癒すことが大事です。↓

 

yuuhotoissho.hatenablog.com

 

そして、

自分の感情と気持ちに注目する練習をゆっくりして

恋愛でこそそれを存分に発揮できるようになる

というのが理想です。

 

好きな人、恋人、

配偶者、親友など、

大事な人の前でこそ、

率直な感情や気持ちを自分の言葉で表現する

ということがとてもとても大事なことだと思っています。

 

なぜ大事かというと、

それが「愛される秘訣」だからです。

 

なぜ「愛される秘訣」なのかというと、

率直な、心の奥底からの感情と気持ちを表現していくと

 

「自分がわからない、自信がない」

という状態から、

 

「自分と繋がった!自分が好きだ」

に変わってきます。

 

自分×自分のあいだに信頼関係ができて

自信を持てるようになって

自分を好きになってきます。

 

人は

「自分×自分」の関係性と同じものを

「自分×相手」に見ているんです!

 

(これは私が自分の実践によって知った大発見だ!と思いましたが、

スピリチュアルの世界に「鏡の法則」として存在することでした(^^;))

 

…ということは?

 

自分×自分のあいだに信頼関係ができて

自分を好きになると、

 

好きな人、恋人、配偶者、親友との間にも

信頼関係ができて

もっと好きになります。

 

するとそれは相手にも伝わって、

相手との関係性が安定してきます。

 

また「自分の心からの感情と気持ちを自分の言葉で表現する」ということは、

「自分らしさが出ている」ということです。

 

好きな人や恋人、配偶者に

ここを意識して会話することで、

あなたらしさを好きになってもらえます。

それは本当の意味で

あなたを愛しているということです。

 

こんな素晴らしい恩恵が他にありますか?

いいえ、ありません!(笑)

 

好きな人の前でこそ自分らしさを出せるようになる、それが目標ですね。

私も日々、試行錯誤ですよ(^^;)

 

今日も読んでくれてありがとう😊

 

/* */ @import "/css/theme/handwriting/handwriting.css"; /* */ /* */ body{background:#F5A2A2;} /* */ /* ### ブログタイトルの文字色 ### */ 6 #title a{ 7 color:#FF66CC !important; 8 } #title{ font-family: "Mplus 1p"; font-size: 10px; letter-spacing: 0px; } h1.entry-title a{ color: #752100; font-size: 20pt; }