ひたすら自分と向き合う

感情や気持ちを表現する練習!

こんにちは、優歩です。

 

前回の記事に、

自分の感情への気付き方について書きました。

 

自分ノートや自分との会話を通した

ウォーミングアップで、

少しずつ

自分がいま何を感じているのかが

わかるようになってきます。

 

そうしたら少しずつ、

人との会話で意識的に練習してみましょう。

 

別に相手に、

「いま私、自分の気持ちを感じる練習中だから

よろしく」

などと言う必要はありません(笑)。

 

こっそり

練習相手になってもらいましょう。

 

相手と話している時に、

ウォーミングアップの効果が

少しずつ出てくるはずです。

 

今までだったら完全にスルーしていた

自分の心の奥底からのサインに

「気付いて」

 

それを

「封印せずに拾い上げて」

 

③その瞬間に感じた

感情と気持ちが自分で

「わかる」

 

この感情に気付く3段階!!

 

これができるようになるだけでも

相当すごいことです!!

 

 

ここまできたら次に、

自分でわかったその感情と気持ちを

「表現」してみましょう。

 

つまり

「言葉にして出す」

ということですね。

 

 

その瞬間に感じる

感情と気持ちって、

意外とシンプル

だったりするんですよね。

 

好き、嫌い、

楽しい、嬉しい、

悲しい、寂しい、

悔しい、

腹立つ、

羨ましい。

 

そういう

シンプルな感情を、

自分の言葉で

表現すればいいだけなんです。

 

感情は同じでも、

それを言葉で表現するとなると

人それぞれの個性が出ます。

 

まずはあまり深く考えずに、

とにかく

「言葉にすること重視」

でいきましょう。

 

言葉にして表現するにあたって、

ひとつだけ

気を付けていただきたいことがあります。

 

それは

 

「誰かの真似をしない」

ということです。

 

これ、結構大事なことです。

 

例えば、

 

感情丸出しの人、

テンポよく話せる人、

ユーモアを交えて面白く話せる人、

理路整然と話す人

 

…など、色んな人がいると思います。

 

あなたが

「素敵だな~」と思う話し方をする人がいたとしても、

 

そこで真似をしてしまっては

「自分の言葉で自分らしく表現する」

という、

 

最後の一番大事な部分が

すっ飛んでしまいます。

 

私も経験があるんです。

 

すごく面白く話す人がいて、

いいな~面白いな~と思って

真似してみるんですが、

 

結局、

自分の中での違和感が

ものすごいんです(笑)

 

自分なら選ばないだろうなと思うような

言葉や表現方法で話しているんですから

当然ですよね。

 

うまく話せたとしても、

その後の違和感・無力感と、

 

自分ではない自分への

拒否反応が半端ないです。

 

今は

自分の言葉で表現する練習をしているのです。

 

「あの人だったらこう言いそうだな」

「こう言ったらあの人みたいでかっこいいかも」

と思うこともあったとしても、

 

自分の言葉、

自分の表現に

こだわりましょう!

 

焦らずゆっくり、

気長に頑張らずに練習していきましょう。

 

いつも言っているように、

長年にわたって

自分の気持ちを

封印してきたのですから、

すぐにできなくていいんです。

 

時間がかかるのは

当たり前なんです。

 

私も

「あ~今日も本来の自分を出せなかったな」

ということはしょっちゅうでしたし、

今も練習練習の日々ですよ。

 

だから焦る必要は全然ありません。

ゆっくり練習しましょう。

 

話す相手には言わず、

自分の中だけで

「今日はあなたに

練習相手になっていただきます」

と思いながらやると、

楽しくなってきますよ(笑)。

 

今日も読んでくれてありがとう😊

 

/* */ @import "/css/theme/handwriting/handwriting.css"; /* */ /* */ body{background:#F5A2A2;} /* */ /* ### ブログタイトルの文字色 ### */ 6 #title a{ 7 color:#FF66CC !important; 8 } #title{ font-family: "Mplus 1p"; font-size: 10px; letter-spacing: 0px; } h1.entry-title a{ color: #752100; font-size: 20pt; }