「自分教」で生きる時代。

こんにちは、朋子です。

 

自分の気持ちがわからなくて

しんどかったところから、

 

自分の気持ちを拾い上げて

受け入れていくという、

 

地道で地味~~な日々の取り組みを

これまで記事として書いてきました。

 

とてもありがたいことに

たくさんの方に読んでいただいて、

「自分を生きる」を実践する仲間もできました。

 

だいぶ気持ちもラクになってきて

色んな事も見えてきたので、

 

これまで自分がやってきた

自分と向き合うやり方を、

資料としてまとめていきたいと思って、

 

過去記事を振り返りながら、

7月の末くらいから書き始めていたんですが…

 

書き始めると、

あれも書いておきたい、

これも補足しておきたい、

 

…となり、

予想以上のボリューム感になりそうで、

 

当初は数ページの簡易な資料を考えていたのに、

そんな程度にまとめきそうにない。

 

どうなっちゃうかな~~?

という状況になっています。笑

 

それだけで別ブログを立ち上げたらどうだろう?

…とか、色々考えてはいるんですが、

 

「気軽に読めて、簡単に理解できる」

「誰でもすぐ実践できる」

 

そういうものにしたいので、

あまりボリューム感を出したくない、

 

という気持ちもあり、模索しています。笑

 

ちょっと時間がかかりそうですが、

完成したら公開しますね!

 

 

 

さてさて、このところ

「自分教」

というワードが頭に浮かんでいます。

 

何よりも自分の感覚を信じて生きる

「自分教」の時代。

 

神は、自分の「感覚」。

 

自分の感覚が一番大事で、

自分の感覚こそが自分を導く。

自分の感覚に従って生きる。

 

みんながそれぞれに、

自分と繋がるオリジナルな方法を

ちゃんと持っている時代。

 

私のように、

自分そっちのけで生きてたとしても、

 

人生の早い段階で

自分を繋がる方法についての情報を得て

自分なりの方法を見つけられる時代。

 

そんな時代が来ていますよね~。

 

 

ここ数年で

宇宙の法則やスピリチュアル系の

youtube動画を上げる人が激増しましたよね。

 

私はやはり日本においては

Happyちゃん(竹腰紗智さん)の

功績は大きいと思っていて、

 

彼女はいまSNS断ちしているので

全く動きがわからないのですが、笑

 

彼女の親友の椛澤愛さん(芸術家)が

宇宙と繋がって生きる在り方を

インスタで発信していますし、

 

HappyちゃんがSNS断ちするタイミングで

まるでHappyちゃんロスの方を救うように

インドのAkikoさんのyoutube動画が

ものすごい勢いで拡大してきました。

 

自分にしっくりくる人を見つけることも

大事ですよね。

相性ってありますからね。

 

HappyちゃんもAkikoさんも

エイブラハムもバシャールも

みんな言ってることは一緒で、

 

「自分の感覚を信じる」

「本来の自分で生きる」

 

ということなんですよね。

 

まさに「自分教」ですよ。笑

 

感覚>思考 

リラックス>頑張る

 

常に、自分の感覚。

 

自分はいま何を感じているか?

いまどういう気持ちでいるか?

リラックスしてるか緊張してるか?

 

そして、どんな自分も否定しない。

全部、そうかそうかと受け止める。

 

Sunflower, Flower, Bloom, Yellow, Summer

 

…どうでもいい話ですが、

 

映画

カラオケ

ボウリング

ゲーセン

小説

ゲーム

テレビ

ディズニー

お酒

 

…などなど、

多くの人が大好きな娯楽が

私はそんなに好きではありません。笑

 

若い頃は

周りと違い過ぎる自分を否定して

何とか周りについて行こうとしていましたが、

 

そんなことしなくていいんです。

「好き」「嫌い」っていう感覚も

とても大事なものですよね。

 

今日も読んでくれてありがとう!

 

/* */ @import "/css/theme/handwriting/handwriting.css"; /* */ /* */ body{background:#F5A2A2;} /* */ /* ### ブログタイトルの文字色 ### */ 6 #title a{ 7 color:#FF66CC !important; 8 } #title{ font-family: "Mplus 1p"; font-size: 10px; letter-spacing: 0px; } h1.entry-title a{ color: #752100; font-size: 20pt; }