「リラックス」の大切さ。

こんにちは、朋子です。

 

相変わらず日々、

自分と会話しながら

その日の気分を大事にしています。

 

自分と向き合う中で、

あれ、これってどうなんだろう?

この意識ってどうなんだろう?

この感覚って何なんだろう?

 

って、気になることが

どんどん出てくるので、

 

自分の思考と感覚を探りつつ、

色々な方の本や動画から情報を得て、

自分の意識と照らし合わせて、

 

自分なりに経験と体感を得て、

そして腑に落とす。

それをブログに書く。

 

…っていうのが、

基本パターンなんです。

 

だけど、

夢中になり過ぎて

情報収集し過ぎて

頭がいっぱいになると、

 

ちょっと、

思考優勢で頭疲れた!

 

…っていう状態になるんですよね。笑

 

 

 

皆さんも経験あると思います。

 

例えば、自分のことで

ちょっと悩んでいることや

気になることがある時、

 

それについて書かれている

ブログや本をたくさん読みあさって、

その解決策に近い情報を

何とか見つけようとしますよね。

 

そうするとその周辺領域の知識が

ドバーっと情報として頭に入ってきて、

 

これか!ってヒットする情報を得ると

すごく安心します。

 

その一方で、当たり前だけど

周辺領域の情報、つまり

どストライクではない情報も

頭にはいっぱい入ってきてる訳で、

 

これを

複数の案件について

同時進行で情報収集して

自分の中でまとめきれなくなると、

 

 

頭がパンク寸前!

頭いっぱいで頭疲れた!

 

 

…という状態になります。笑

 

 

知りたい!という探求心や、

腑に落としたい!という感覚も

もちろん大事にしたい。

 

 

だけど、

頭が疲れた私は、気づいた。

 

 

…あれ。

 

 

夢中になるのは良いことだけど、

 

 

いつだって

何よりも大事なのは

 

「リラックス」

 

じゃなかったか???

 

 

 

はーーー、そうだった。

 

エイブラハムも言ってた。

 

リラックスしていないと

いいアイデアが降ってこないし

妙案が浮かばないし

閃きも来ない。

 

大切なのはリラックスだって。

 

心と頭をリラックスさせて

情報をデトックスして

リフレッシュしよう!

Rest, Relax, Concerns, Cozy, Sleep, Man, Person, Human

 

…ということで、

 

気づいた時に深呼吸し、

(これだけですぐリフレッシュできる)

 

コーヒーを飲みながら

ボーっとする時間を増やした。笑

 

本やブログは、

必要な時に必要だと思うぶんだけ読む。

 

ゆっくりお風呂に入って、早寝して、

早起きして瞑想する。

近所の銭湯にもよく行くようになった。

 

体と心のリラックスに重点を置いて

1週間過ごしてみた。

 

すると、

 

あーやっぱり、頭がラク。笑

心身ともにスッキリした感覚。

 

 

 

…そしたらさ、

 

「こうだったら嬉しいな」

と思ってた案件がひとつ、

 

うまいこと事が運んだ!

 

しかも

急にアイデアが降ってきて

あれよあれよという間に。

 

 

…改めて、学んだ。

 

「思考より

リラックスして時を待て

閃きとともに事態は動く」

 

 

…基本に還った。笑

 

 

 

同じように思考優勢で

頭がお疲れ気味の方、

 

ちょっと

リラックスすることを

意識してみて下さい。

 

深呼吸を何度か繰り返して

首を回すだけで、

その場でリラックスできます。

 

毎日入るお風呂も、

考え事はやめて、

ひたすらボーーーっと入る。笑

 

この2点だけでも

かなり違うと思います。

 

 

今日も読んでくれてありがとう。

 

******

私と同郷の芸術家、

椛澤(かばさわ)愛ちゃんの

大好きな動画を紹介します。

 

彼女は、自分が描いた絵の

オリジナルノートを製作して、

それを1万部売ってポルシェを買う、

というチャレンジ中です。

 

彼女も動画の中で

「リラックス」の大切さを語っています。

 


【神鳴回】続・ノートでポルシェ買う。②

 

/* */ @import "/css/theme/handwriting/handwriting.css"; /* */ /* */ body{background:#F5A2A2;} /* */ /* ### ブログタイトルの文字色 ### */ 6 #title a{ 7 color:#FF66CC !important; 8 } #title{ font-family: "Mplus 1p"; font-size: 10px; letter-spacing: 0px; } h1.entry-title a{ color: #752100; font-size: 20pt; }