気をそらす技術

こんにちは、朋子です。


自分の感情や思考に
注目するようになってから、

「自分がいま何を考えてて
どういう気分でいるのか」

ということを意識するようになりました。


周りの出来事を
悪いほうに捉えて
勝手にネガティブになるのをやめよう。

自分とは関係のないことで
ネガティブになるのは、
ばかばかしいからやめよう。

出来事ひとつとってみても、
自分の捉え方次第で
気分は変わるんだから、

だったら
気楽に考えて
おめでたい思考でいて
笑ってた方がいい。



そんなふうに思いながら、

日々、コツコツと
実践してきた訳なんです。



そうはいっても、

日々、色んなことが起こる。

イライラせずにはいられない。

そんな日常生活の中で、

どういうことをしてきたか。



今日はそのことについて

書いてみたいと思います。


f:id:yuuhotoissho:20190323145513j:plain

私もみなさんも当然、

日々の生活で色々起こることに対して

色んな反応をするわけで、


イライラしたり怒ったり

文句言ったり

不満気な顔をしたり


……そんなの、

普通にあると思います。



これは自分の率直な反応だから

それでオッケーなわけで、

別にいいんですよ。



その後ですよね。

その感情と気分を
いつまでも引きずると

自分がしんどくなってきます。



だから

早々に気分転換する。

ここが大事だと思ってます。



これについては、

うちの夫が
超絶自由人なので、

夫によって

私の「気をそらす技術」が
磨かれてきた訳なんですが、笑



気分を変えるために
私がやってきたことは、

例えば、


◎全く別のことを考える

 今日の夕飯、何にしようかなとか、
 今日のおやつ、何食べようかなとか、
 あの人に連絡してみようかな、とか、
 今日あれ買おうかな、とか。

◎好きなことをする
 
 趣味や好きなことをして気をそらす。
 音楽を聴いたり動画を観たりする。
 外に出て風に当たる。

◎飲み食いして気分を変える
 
 好きなものを食べる、飲む。
 これが一番手っ取り早い。笑
 私はコーヒーが大好きだけど、
 速攻で気分を変えたい時は
 私の場合「炭酸」です。
 おやつやごはんを食べる。
 (ドカ食いに注意)

◎「問題ない」という考え方をする。

 これって問題?
 別に問題なくない?
 問題だと思い込んでるだけじゃない?
 別にどうでも良くない?
 別に大丈夫じゃない?
 別に死ぬわけじゃないし。

「死にやしない」。笑 - ひたすら自分と向き合う


◎相手は宇宙人だと思う。

 宇宙の意識で生きてるから仕方ない。
 こっちに合わせろと強制するのはやめよう。
 自由にさせてあげよう。



…とかまあ、こんな感じです。笑




なぜここまでして
気分を変えることにエネルギーを注ぐか、

なぜ気分を変えることが
こんなに大事なのかというと、


ネガティブな気分になって
そのまま気分を変えられずに
ずーっとどんよりしていると、

どんどん

それに似たような
どんより思考が寄ってくるんです。

いま自分がネガティブな気分になった
きっかけになったこととは
全く別件の、
全く関係のないところで

え?というようなことが起きたり、

どんよりする思考がさらに寄ってきて
さらに気分が悪くなったり、


つまり
磁力のように寄せ付けてしまうんです。


こうなってしまうと

気分転換自体に
相当なエネルギーを使うことになるので、

「どんより初期」の時に
気分転嫁した方が
ラクに気分を変えられるんです。



慣れないうちは、

意識的に
「さあ気分を変えるぞ!」
という気持ちでやらないと

すぐ流されてしまいます。


だからこそこれは、
気をそらす技術なんです。
練習ですね。

「技術」と言ってるのは
そういうことなんです。


気分を変えるぞと「決めて」
「意識して」気をそらす。



「今、気分を変えるぞ!」

と意識して、変える。



最初は簡単に変わらなかったり
時間がかかったり
すぐ戻ったりしますが、

自分がいい気分で、
心地よく過ごすための、

自分の気分を守るための
「技術」です。



日々の日常生活の中で、

あー今、この気分を変えたい!
と思った瞬間に、

手探りでいいから、

あなたなりのやり方で

やってみて下さい。




今日も読んでくれてありがとう(*^^*)

/* */ @import "/css/theme/handwriting/handwriting.css"; /* */ /* */ body{background:#F5A2A2;} /* */ /* ### ブログタイトルの文字色 ### */ 6 #title a{ 7 color:#FF66CC !important; 8 } #title{ font-family: "Mplus 1p"; font-size: 10px; letter-spacing: 0px; } h1.entry-title a{ color: #752100; font-size: 20pt; }