本気の「自分全肯定」。

こんにちは、朋子です。

 

このところ、

 

自分ともっと仲良くなる

自分を大好きになる

絶賛キャンペーン中です。笑

 

 

前回の記事にも書きましたが、

 

自分を大好きになるうえで

重要なポイントである、

 

自分を本気で全肯定する、

ということ。

 

この、

「本気の全肯定」

 

について、今日は語りたい。笑

 

f:id:yuuhotoissho:20190210160436j:plain
  

自分と仲良くなろうとする時、

 

「自分のこういうところが嫌い」

とか、

 

「自分のこういうところがダメ」

だと思っているところを、 

 

…それ本当にダメなのか?

 

って、

改めて考えてみて欲しいんです。

 

…あれ?

 

ダメって程でもなかったな。

 

…ってか、

 

これが自分の

可愛いところじゃん。

 

そう思えるかどうかが

重要ポイントだと思うんです。

 

 

 

 …それでですね、

 

これから、

超大事なことを言います。

 

 

…言いますよ!笑

 

 

人の魅力とか、

その人「らしさ」とか

愛しさってのは、

 

本人が、

 

「欠点」

「ダメ」

「嫌い」

 

そう思ってるところにこそ

存在するんです。

 

だから、

 

自分で自分の全部を

受け入れて認めて

OK出して、

 

どんな自分も可愛い。

どんな自分も好きだな。

 

ってなれば、

 

もうね、

 

自然に、勝手に、

その人らしさが発光して

魅力が溢れてくるし

現実が変わってくるんです。

 

↑これはもう、

声を大にして言いたい。笑

 

 

 

私たちは、

 

自分でOK出してて、

自分が好きだと思えるところは

自分の「いいところ」

 

自分で受け入れ難いところは

自分の「ダメなところ」

 

そうやって自分で、

 

いいとかダメとか

好きとか嫌いとか

勝手に仕分けしてるんだけど、

 

だけどその、

 

いいとかダメとか

好きとか嫌いとかの

 

「判断基準」は、

 

過去の経験からくる

自分の観念(思い込み)だったり、

その時々の周りの意見だったり、

常識的には…とか

今の時代は…とか

 

とにかく

 

判断基準自体が

不安定だったりする。

 

 

…そう考えると、

 

ダメな自分なんて言ったって、

 

そんなの、

 

確固たる「ダメ」ではないのだ。

 

だって、

ダメの基準自体が

よくわからん基準なんだから。

 

 

 

そう考えると、

 

自分という「全体像」が

どどーん!と、

ここにあるだけ

 

「こういう感覚を持ってるんです」

「こういう傾向を持ってるんです」

「こういうのが自分なんです」

 

…って、ただ、それだけ。

 

 

そこに、

良い悪い、好き嫌いの

区分けを持ち込まずに

客観的に自分を見てみる。

 

 

空の上で、

何やら複数の神様たちが、

地上にいる自分を見降ろしながら

ワイワイ会話してるのを

イメージしてみて下さい。

 

 

…空の上では、

こうなってる。

 

↓ ↓ ↓

 

 

「なるほどこういう感覚の人間ね」

「なかなか面白い感覚の人だよね」

「個性的な感覚の人だね」

「この感覚持ってるのは世界でこの人だけだから」

「ふむ。もう全体的に存在自体が面白いね」

「こういう自分がダメって思うこともあるらしい」

「へー、ウケる。勝手にそう思ってんだ」

「なにがどうダメなのか全然わからん」

「ってかダメっていう概念がわからん」

「どういう基準でダメとか決めてるんだか」

「どんなんでもそのままで面白いのに」

「どんなんでもOKなのに」

「どんなんでも全部が『自分』ってだけなのに」

「ねー。」「ねー。」

 

 

 

…わかりますか!?

 

これが「全肯定」の世界です。笑

 

 

今あなたが

自分のこういうところが

ダメ、嫌い、

そう思ってるところは、

 

どれもこれも、

ダメなんかじゃないんです。

 

 

だからまず、

 

自分のこういうところが嫌い、

自分のこういうところがダメ。

 

って思ってるところを

紙に書き出してみて、

 

…本当にダメなこと?

…本当にそんなふうに思われてる?

…本当にそんなことになる?

…別にいいんじゃない?

…ほんとーにこれ問題?

…別に問題なくない?

…別にダメでもなくない?

 

って、やってみて下さい。

 

 

これやっていくと、

 

どんな自分も自分なんだから、

これで生きていくしかないんだし、

だったらこの自分と

もっと仲良くなって、

こういう自分を好きになりたい。

 

自分って

結構面白いし、

結構可愛いな。

この自分で

どんな人生を歩もうかな!

 

って思えてきます。

 

 

私も、

もっと自分を好きになって、

「可愛いヤツ。」って

思いたいんです。笑

 

 

「こんな自分はダメな自分」

ってのは幻想です。

 

そう思う代わりに、

 

気に入らない自分に対しても

「可愛いヤツ。」

って言ってあげたい。

 

 

 

今日も読んでくれてありがとう(*^^*)

/* */ @import "/css/theme/handwriting/handwriting.css"; /* */ /* */ body{background:#F5A2A2;} /* */ /* ### ブログタイトルの文字色 ### */ 6 #title a{ 7 color:#FF66CC !important; 8 } #title{ font-family: "Mplus 1p"; font-size: 10px; letter-spacing: 0px; } h1.entry-title a{ color: #752100; font-size: 20pt; }