自分に優しく。ひたすら優しく。

こんにちは、朋子です。

 

自分が普段、

何気なく考えていることを

意識して観察してみると、

 

思ってた以上にネガティブで

自分でもちょっとビビったことが

過去にありました。笑

 

今の私は

結構おめでたい思考になってるので、

 

自分を否定するどころか

私は何も悪くない的な発想になり、笑

ラクに生きてますが、

 

以前の私が

日常的に無意識に流されていた思考は

やっぱり何といっても

「無価値観」「自己否定」でした。

 

根っこに

「私なんて」っていう思いがあると

それが

全方位に影響してくるんですよね。

 

自分には何もできない、

自分には才能も能力もない、

自分の「できる」は大したことない、

自分よりできる人はいっぱいいる、

私には魅力がない、

私は愛されてない、

私は普通過ぎてつまらない、

 

…全部全部、逆なのに!

 

本当に、もったいないです。

 

私も、

こういう自分の考え方を

 

もう本当に本当に

本気でどうにかしたくて、

 

私なりの試行錯誤で

自分と向き合ってきたんです。

 

その過程とか

取り組んだ内容については

これまでの過去記事に色々書いていますが、

 

こういうのって、一言でいうと、

 

「自分に合うやり方を見つける」

 

それしかないし、

それが一番なんです。

 

私の場合はそれが

 

自分ノートを書くことだったり

 

過去に封印し続けてきた感情と

どっぷり向き合うことだったり

 

カフェで自分と会話することだったり

 

エイブラハムの本を読むことだったり

 

ちょっとずつ自分を表現する練習をすることことだったり

 

色々やってきた訳なんですが、

 

何をしたら自分がラクになれるのか、

何が自分にピンと来るやり方かって、

 

それは

人それぞれ違うから、

自分にしかわからない。

 

あなたにしか、わからないんです。

 

だから

色々やってみるしかないんです。

 

やってみて

これ何か違う!って思ったなら、

 

やめればいい。

 

例えば

私は「感謝のワーク」とかいうのが

どうしても無理だった。

 

「感謝」っていうのは

エイブラハムの感情の22段階で見ても

トップクラスにいいエネルギー出る感情で、

 

それはわかってるし

感謝したいっていう気持ちもあるんだけど、

 

…できない。

 

 

私の意識が、感情が、

そういう段階じゃなかったんだと思う。

 

 

私の心の中の色んな感情たちが、

「まだ全部受け止めてもらってないー!」

「まず私に感謝してよー!」

って感じで騒いでたから、笑

 

自分以外の誰かに

感謝できる段階ではなかった。

 

f:id:yuuhotoissho:20181129143918j:plain


 

だから、

 

気持ちがラクになったのかどうか

自分を受け入られた気がするのかどうか

 

自分の感覚を見てみて下さい。

自分の感覚を信じるしかないんです。

 

このブログを読むでもいいし

色んな人のブログや本を読むでもいいし、

 

とにかく、

 

何かヒントを得たい!

そう思っていると、

必要な情報はどっかから入ってきます。

 

たまたま見てたテレビとか雑誌とか、

家族や友達が口にした言葉とか、

ヤフーニュースとか

このブログとか。笑

 

感覚的に、

「はっ!」としたり、

「そうか!」と思ったりしたなら、

 

それがあなたに必要な情報だったということです。

そこを掘り下げてみると、いいかもしれない。

 

今はだいぶラクに生きてる私ですが、

もちろん波はあるから

なんで私ってこうなの…って思う時もありますよ。

 

だけど

本来の自分に戻る術があれば大丈夫です。

戻る考え方とか、

戻るツールを持ってれば、大丈夫です。

 

何をしてる時、

自分がラクになれるか、

楽しいか、

リラックスできるか?

 

たくさん試行錯誤して

色々見つけていきましょう!

 

そのままのあなたでいいんです。

何かを変える必要はなくて。

 

ただただ、

自分にもっと優しくして

自分をもっと労わろう!

 

癒しの音楽をどうぞ。↴

Libera 天使のくれた奇跡 Angel - YouTube

 

今日も読んでくれてありがとう(*^^*)

/* */ @import "/css/theme/handwriting/handwriting.css"; /* */ /* */ body{background:#F5A2A2;} /* */ /* ### ブログタイトルの文字色 ### */ 6 #title a{ 7 color:#FF66CC !important; 8 } #title{ font-family: "Mplus 1p"; font-size: 10px; letter-spacing: 0px; } h1.entry-title a{ color: #752100; font-size: 20pt; }