「ソースエネルギー」って何か?

こんにちは、朋子です。

 

「自分を知り、自分を生きる」

という感じのブログを書いています。

はい、今更ですね。笑

 

前回の続きですので、

前回記事をまだ読んでない方はこちらをどうぞ。↓

自分を生きるキモは「ソース(源)の自分」。 - 「自分がわからない」を卒業して「自分が大好き」になる!自分とじっくり関わるためのブログ

 

ラクに幸せになれなくて、どーする⁉

もっとラクに自分を生きられないのか⁉

 

自分を生きるために、

何か核になる考え方や、

何かあった時に自分に戻るための手段はないのか?

 

…そういう思いで色々と調べたり、

自分なりにやってみたりして、

 

そのキモになるんじゃないかと思う、

「ソース(源)の自分と繋がる」

 

このことについて、今日は書いてみます。

 

これは「宇宙の法則」の話です。

興味のない方もいるかと思いますが、

ちょっと頭の片隅に置いておけば、

もしかしたら役立つ時が来るかもしれません。

 

人生、色んなことが起きる中でも、

いつも素晴らしい自分を思い出す、

いつでも自分の価値を思い出せる、 

そんなキーになるような考え方です。

 

では、いきますよ~!

 

******

 

まず、普段私たちが自分だと思っている、

人間という体に宿っている「自分」という意識があります。

 

その「自分」という意識の他に、

もうひとつの「自分」があると思って下さい。

 

その二つの「自分」は常に協力して、

「自分」の人生を共同創造しています。

 

 

まず、

普段、私たちが自分だと思っている、

人間の「自分」という意識は、

 

顕在意識

無意識

フィジカルマインド

 

などと呼ばれていて、

この地球で人間として存在し、

感情や思考を通して色々な現実を創造しています。

 

要するに「人間としての、普段の自分」ですね。

 

では、

もうひとつの「自分」は?

 

これが「ソースエネルギー」です。

 

心、魂、源、真我、

潜在意識、心の声、

本当の自分、本来の自分、

ハイヤーマインド、

ハイヤーセルフ、

大いなる自分、

内なる自分

 

どれも、ソースエネルギーと同じ意味で使われています。

 

じゃあ、

この、もうひとつの自分である「ソースエネルギー」は、

どこにどんなふうに存在するのか?

 

それは、

宇宙に、エネルギー(波動)として存在します。

 

エネルギーということは「波動」であり、

目に見えない、高い周波数の波動です。

どんな周波数のエネルギーかというと、

愛・光・調和・至福

そういうポジティブな周波数のエネルギーなんです。

 

これが、

もうひとつの「自分」であり「ソースエネルギー」です。

本当の自分であり、自分の魂です。

 

f:id:yuuhotoissho:20181111212653j:plain

 

この、ふたつの「自分」という意識。

 

それぞれの「自分」は

どのくらいの割合で自分の意識として集合しているかというと、

 

…これ、超びっくりします。

 

人間としての自分=5%

ソースエネルギー=95%

 

・・・・・・

 

なにこれ!?

びっくりじゃないですか??

 

私、この割合を見た時、やる気無くしましたよね。笑

 

地球で、人間の5%の意識だけで、いくら頑張っても無駄じゃん!

 

…みたいな。笑 

 

だけどここに、

今日の記事の最初に書いた

私の心の訴えの答えがあった訳なんです。↓

 

ラクに幸せになれなくて、どーする⁉

もっとラクに自分を生きられないのか⁉

 

自分を生きるために、

何か核になる考え方や、

何かあった時に自分に戻るための手段はないのか?

 

 

私が見つけたその答えが、

 

「ソースの自分と繋がる」

 

だったんですよねー。

 

人間意識の5%で、悩んだりあたふたするよりも、

95%のソースエネルギーの力を借りたほうが、

ラクに自分を生きられるに違いない。

 

それにソースエネルギーは、

愛・光・調和・至福の周波数なんだから。

要はポジティブオンリーの周波数。

ネガティブなんてソースエネルギーには存在しないんです。

 

95%。

ポジティブな周波数。

 

この2つを見ただけで、

ソースの自分と繋がって生きた方が

断然ラクに幸せになれる!

って、思いますよね?笑

 

じゃあ、どうやって繋がるの???

 

そのあたりを次回、書いていきます。

 

今日も読んでくれてありがとう(*^^*)

 

/* */ @import "/css/theme/handwriting/handwriting.css"; /* */ /* */ body{background:#F5A2A2;} /* */ /* ### ブログタイトルの文字色 ### */ 6 #title a{ 7 color:#FF66CC !important; 8 } #title{ font-family: "Mplus 1p"; font-size: 10px; letter-spacing: 0px; } h1.entry-title a{ color: #752100; font-size: 20pt; }