子供は望む現実をあっさり創造する

こんにちは、優歩です。

 

今日、娘と一緒に出掛けました。

娘は夏休みなのですが、

ひとりで留守番ができないので、

私の用事に色々と付き合わせています。(笑)

 

今日は

私のドラムレッスンに付き合ってもらいました。

エレキベース

ドラム、電子ピアノ。

とにかく楽器が好きで色々やってます。

 

 

それで、ここからが今日の本題です。

 

私の用事に付き合ってもらったので、

娘にお礼をしよう、と思って、

「どっか行きたいところ、ある?」

「食べたいものでもいいよ」

って聞いたんです。

 

そしたら

「うーん…そうだなあ。

カラオケに行きたいかな」

 

って言ったんです。

 

・・・カ、カラオケ!?

 

我が家は普段、カラオケは全く行きません。

だから超びっくりして、

「カ、カラオケ?」

「カラオケに行きたいの?」

と何度も確認。(笑)

 

今日は私の用事に付き合ってもらったし、

まぁいっか。と思って、

行ってみることにしました。

 

いや~、子供ってすごいですね。

新しいことに躊躇なくチャレンジする。

やったことないとか、関係ないんだなぁ。

よくここで「カラオケ」が出てきたよなぁ。

 

あ、わかった。

こないだテレビでやってた、

全国の主要都市で歌の上手な人を見つけて

カラオケで歌ってもらって、

高得点の人をスタジオに呼んで歌ってもらう、

みたいな番組を観てたからだな。(笑)

 

それにしても、それを観て

「自分もカラオケで歌ってみたい」

って思って、

それをこういうふとした時に

実際に口に出して言っちゃうんだから

すごいよなぁ・・・

その辺がやっぱり大人とは違うな。

 

…と、密かに感心しながらカラオケに行きました。

 

そしたら夏休みだから中高生で賑わっていて

1時間15分待ちだったんです。

 

じゃあ別の日にしよう、

夏休みだからいつでも来れるからね、

ということになって、

帰りに1階のゲーセンを通ったら、

 

娘が

「UFOキャッチャーしたい」

「あのペンギンちゃん欲しい」

と言いました。

 

ゲーセンは私はあまり好きじゃないのですが、

夫が好きで娘を何度か連れていき、

UFOキャッチャーにお小遣いを

1,000円弱つぎこんだことがありました。

 

その時に、

「ああいうのは取りずらいように出来てる」

「3回やってダメならもうやめなさい」

と言った覚えがあります。(笑)

 

娘が

「今日はとれる気がする」

「あのペンギンちゃんが可愛いから」

と、珍しく自信がある様子だったので、

100円渡しました。

 

そしたら、なんと、

1回でペンギンちゃんをゲット。(笑)

 

おおぉ~~~!!!

娘、大喜び。私ビックリ。

 

f:id:yuuhotoissho:20180801215947j:plain

 

・・・この一連の流れ。

すごいなって思いました。

 

娘が、普段行ったこともないカラオケに

「行きたい」と言った。

 

私はあまり好きじゃないカラオケなのに、

「今日は私の用事に付き合ってもらった

娘へのお礼だから、行ってもいいか」

と珍しく思って、行ってみた。

 

そしたら、カラオケは混んでて、できなかった。

娘はガッカリしていた。

 

だけど、娘は帰りにUFOキャッチャーを見つけ、

一瞬にしてガッカリから気分は回復し、

たっくさん並んでるUFOキャッチャーの中から

「ペンギンちゃんが欲しい」と

全くためらいなくそれを選択した。

 

過去にUFOキャッチャーにお小遣いをつぎ込んで

私に叱られたという体験があるにも関わらず(笑)、

 

「今日はとれる気がする」

と、何となく思った感覚を大事にして

自信満々に言い放ち、その勢いで、

 

1回でペンギンちゃんをとった。

 

 

・・・子供のくせに、

いや、子供だからこその、

この鮮やかな気分の転換!

 

そしてそのエネルギーの高さで

望む現実をちゃんと創造してる。

 

「楽しい!」

「できる!」

「嬉しい!」

のエネルギーが、もの凄い!!

 

・・・いや~。子供は凄いな。

この一言に尽きる。

 

私たちも子供の頃を思い出して

子供のように生きなければ!

子供に負けてられないぞ!!(笑)

 

今日も読んでくれてありがとう(*^^*)

/* */ @import "/css/theme/handwriting/handwriting.css"; /* */ /* */ body{background:#F5A2A2;} /* */ /* ### ブログタイトルの文字色 ### */ 6 #title a{ 7 color:#FF66CC !important; 8 } #title{ font-family: "Mplus 1p"; font-size: 10px; letter-spacing: 0px; } h1.entry-title a{ color: #752100; font-size: 20pt; }