「褒められて嬉しい」を考えてみた。

こんにちは、優歩です。

 

日々、

自分の感情、思考、本心、エネルギーに

注目しながら生活してます。

今まで自分に注目してこなかった分、

今そこに充分に時間をかけて、

一生懸命自分を取り戻している、

そんな日々を送っています。

 

 

さてさて。

今日も気づいたことを書いていきたいと思います。

 

f:id:yuuhotoissho:20180628172107j:plain

 

今日ホットヨガに行ってきたんですが、

帰り際にインストラクターさんから

「ポーズがすごく綺麗でしたよ」

と褒められたんです。

すっごい嬉しくなって、

一気に気分とテンションが上がりました。

 

過去記事に、

「誰かに褒められた時は、

あっさり認めて受け入れちゃおう!」

と書いたとおり、

「ありがとうございます!」と素直に喜びました。↓ ↓

yuuhotoissho.hatenablog.com

  

・・・それで思ったんです。

 

なるほど、私は人に褒められると

こんなにもいい気分になって、

こんなにもテンションが上がるのかー。

この「やったぁ!」「嬉しい!」のエネルギーって

結構すごい大きなエネルギーだよな~。

 

だったら、いつも人から褒められていれば

いつもいい気分でいられて

いつもいい感情でいられるんじゃ???

 

いや、でもそれって

思いっきり他人軸で生きてることになるし

人の評価を気にして生きてることになるよね。

 

あ、だったら

自分で自分を褒めてあげたらいいんじゃない?

人に褒められてそんなに嬉しいんなら、

人に褒められる以上に

自分で自分のことを

思いっきり褒めてあげれば、

すっごい嬉しくなって

ずっといい気分でいられるかも!!

 

 

…っていう、自分の中での会話。

…ばかなの?って感じですけどね。(笑)

 

 

それで、自分ノートに書いてみました。

自分のこと思いっきり褒めてみよう!と思って

ずらずらと書き始めたんです。

 

「自分を褒める」ってことは

これまでも何度かやってますが、

思いっきり書こう!と思って、

遠慮なくたくさん書き出してみました。

 

 

 

…それで、気がついたこと。

 

例えば、

・ヨガのポーズがきれいにできてすごいね。

・背が高くてスラッとしてていいね。

・ピアノが上手に弾けて、素敵だね。

・いつも楽しくブログ書いてて、楽しんでていいよね。

 

…とか色々たくさん書き出して、

その都度、自分を褒めてみました。

 

すると、

ホットヨガのインストラクターさんに褒められた時ほどは

テンションが上がらないけど、

やっぱりいい気分にはなれるし、

嬉しい気持ちにもなる。

 

だけど、やっぱり

人に褒められるほうがテンション上がるなぁ。

 

人に褒められて嬉しいのは当たり前のことだし

褒められたら素直に喜べばいいのだけど、

 

まだまだ私も他人の評価を気にしてるってことだな。

人の評価より自分が楽しいかどうか!

もっと自分の感情と意識に焦点当てていこう!

もっと自分で自分を褒めていこう!

 

…っていう、再確認。(笑)

 

 

もうひとつの発見は、

 

・毎日自分の感情や気持ちに注目して、がんばってるね。

・毎日自分ノートに気持ちを書き綴って、すごいことだよね。

・おっちょこちょいで抜けてるけど、それがいいとこだよね。

 

…なーんてことを書いちゃったら、

 

嬉しいっていうか、書きながら涙すら出てくる。(笑)

気分は悪くはないんだけど、なんていうか、

いい気分!テンション上がる!嬉しい!

っていうワクワクする感じでは、全然ないのです。

 

 

おやーーーーーー??? ですよ。(笑)

 

 

 

それでちょっと考えてみたんですよ。

分析分析。(笑)

 

 

①のほうは、

ホットヨガのインストラクターさんに

「ポーズがきれいですね」

と褒められたのと同じように、

 

背が高い、ピアノが上手などの、私の

「外側の何かを褒められている」

という状況で、

この時は嬉しくなるしいい気分にもなれる。

それは、

単純に「褒められた」ということが

嬉しいからです。

 

じゃあ②のほうはというと、こっちは

自分の性格、

自分の好きなこと、

自分の生き方 というような

「自分の本質的なところ」を褒めていて、

そうなってくると

単純に「褒められて嬉しい」じゃなくて

もう「感動」なわけです。

 

これは立派な

「自己受容」「自己肯定」ですね。

だから、書きながらうるうるしてしまう。

 

 

 

自分を褒めることの大事さについては

過去記事で何度か書いていますが、

 

いい気分になる、

嬉しい、喜びなどの感情を感じられる、

エネルギーが上がる、

自分を好きになる

自己肯定感が上がる、

自分を受け入れたという感動

 

などなど、色んな感情の動きが出てくるから、

その時に感じたい感情に合わせて

書き出す、ってのもアリだな、と。

 

例えば、

一気に嬉しいを感じたい!ワクワクしたい! 

 →外側の自分を褒める

自己肯定感を高めたい、自己受容したい

 →自分の本質的なところを褒める

 

・・・みたいな。(笑)

 

さらに今日思ったのは、

・こうして定期的に自分を褒めることは大事なこと

・特に自分の本質的なところを褒めることは

 自己受容に繋がる!

・人に褒められたら素直に認めて喜ぶ!

・だけど人の評価より大事なのは自分の

 「感情」「楽しさ」「喜び」

・そこを大事にしてれば、人の評価は気にならないはず

 

 

 

…ちなみに余談ですが、

ホットヨガは本当に大好きなんです。

すごく汗をかくし、筋肉も伸びるし、

体幹もしっかりしてくるし、

瞑想する時間もあるし、

何より気持ちが良くて気分がスッキリするんですよ!

 

「いやー気持ちがいい!」

「すっごいスッキリした!」

「今日もめっちゃ楽しい!」

って毎回思えて、心底楽しいんですよ。

 

だから、キレイにポーズをとろうとか、

インストラクターさんに褒められたいとか、

一切思ってないんですよね。

 

そういう時に限って、っていうか

そういう時ほど、褒められたりしますよね。(笑)

 

今日も読んでくれてありがとう(*^^*)

/* */ @import "/css/theme/handwriting/handwriting.css"; /* */ /* */ body{background:#F5A2A2;} /* */ /* ### ブログタイトルの文字色 ### */ 6 #title a{ 7 color:#FF66CC !important; 8 } #title{ font-family: "Mplus 1p"; font-size: 10px; letter-spacing: 0px; } h1.entry-title a{ color: #752100; font-size: 20pt; }