疲れたら、やめていい!

こんにちは、優歩です。

 

このところ、

引き寄せの法則」との関連について書いています。

今日もその続きです。

 

再確認ですが、

私たちが目指しているところは、

「自分の素晴らしさと価値に気づくこと」

「ありのままの自分を受け入れること」

「自分らしく生きること」

「自分を好きになって、自分を大事にすること」

「いつも気分よく楽しく生きること」

 

こういうことですよね。

 

ここを目指す「手段」として、

引き寄せの法則をやってみるというのは

いいことだし、

たくさんワクワクキャーキャーして

イメージして叶えることが得意な方には

とても有効だと思います。

 

でも、やってみて、

うまくいかないことでガッカリして

セオリーどおりにできない私はダメな人、と

自分を責め始めて自己卑下していては

本末転倒だと思うんです。

( ↑ 私が体験してきたことです)

 

f:id:yuuhotoissho:20180618151948j:plain

 

色々あると思います。

例えば、

 

イメージすること自体がそもそも苦手だから

叶った時のことをイメージできないとか、

 

イメージはできるけどワクワクしなくて

そんな自分をおかしいと思ってしまうとか、

 

叶った時の嬉しさを考えている時間よりも

うまくいかなかった時のことを考える時間が長いとか、

 

絶対叶わないと困ると執着し始めるとか、

 

これが叶わないと私は幸せになれない、

イコール、今不幸だという思いを増幅させる。

 

…などなど。

 

人それぞれ、

引き寄せの法則」というものを通して

色んな気持ちが出てきて、

色んな自分に気がつくと思うんです。

 

私がつくづく感じたことは、

大きく2つあって、

 

ひとつは、

引き寄せの法則は、

そもそものベースとして

自己肯定感がある程度高くないと、

ひたすら自分を責める方向に走ってしまったり、

うまくいかないんだなー。

ということ。

 

そして2つめは、

叶えたい願いがあるということは、

それが今、自分には「ない」ということであって、

叶えたいと思えば思う程、

「それがいまないから、いま幸せじゃない」

という気持ちが増幅してくる、ということ。

なのに、

「いま幸せと感じることが次の幸せにつながる」

とか本には書いてある。(笑)

 

これは

感情の整理とイメージングの仕方で

どうにでもなるらしいですが、

自己肯定感が上がる前の私には

ちょっと難しかった。

 

 …ということで、

じゃあ、どうするか。

 

まず、上記のように、

引き寄せの法則に取り組んで

かえってしんどくなったのならば、

引き寄せに取り組むこと自体をまず、

 

「やめる。」(笑)

 

「あー!もう疲れた!」

「もうしんどい!やめる!」

「もう何も考えたくない!」

ってなるんですよ。

 

なっていいんです!

私も何度なったことでしょうか。(笑)

 

やめていいんです。

 

なんか、うまくいかないし、疲れた。

しんどくなったから、やめちゃお。

 

それで、いいんですよ。

 

それで気分がラクになるなら、

やめた方がよほどいい。(笑)

 

とにかく私たち、真面目なんです。

 

真面目に生きてきたので、

引き寄せに限らず、

思考グセの書き換えでも何でも、

「やめる」ということに抵抗があったりする。

途中で放り出してはいけない。

とか思って、頑張ってしまう。

 

放り出す訳じゃなくて、

お休みするんです。

やめることは全然ダメじゃない。

疲れたら休む。やめる。

自分がラクになる方を選ぶ。

これ当たり前のことです!

 

そして、

引き寄せがうまくいかないことで

焦ったり、自分を責めたり、

私のやり方が悪いとか、

うまくいくまで頑張らなきゃって

思う必要も全然ありません。

 

人間やってるんだから、

色んな思いや感情や古傷が出てきて

当たり前だし、

うまくいかなくても全然いいんです。

 

前回の記事にも書きましたが、

どんな引き寄せマスターも、

うまくいかないことは当然経験しています。

 

人によって、

食べ物に好みがあったり、

同じ病気でも効く薬が違ったり、

相性のいい医者が違ったりするのと

同じように、

 

引き寄せの法則がしっくりきて

ドンピシャに合ってラクに楽しめる人と、

 

かえって辛くなって

一層気分が落ちてしまう人がいるのは

当たり前のことなんじゃないかと思うんです。

 

だから、辛くなったら、

気兼ねなく一旦やめる。

引き寄せの法則から離れてもいいんです。

またやる気になったら、やればいいし、

自己肯定感を上げてからやってみるもよし。 

 

ラクに引き寄せに取り組めるかどうか。

この分かれ目は色々あると思うんですが、

大きいのは、やっぱり

「自己肯定感の高さ」

だと思うんです。

 

これだって、

自己肯定感が低いのは

自分の生き方の問題、

自分が悪い、自分のせいだと

自分を否定することは

全くありません。

私が、あなたが

悪い訳ではないんです!

 

単なる考え方のクセだったり、

思い込みだったり

今までの人生経験が影響してたりするんです。

 

だから、まず

「自己肯定感を上げる」

というか、

自分の価値と大事さに

もっと気づいて、

自分と仲良くなるところから

はじめていったらいい、

って思ってるんです。

 

引き寄せ云々の前に

こっちが先なんです。

声を大にして言いたいのは、

 

私もあなたも、

世界にたったひとりの存在で、

その存在価値たるや、もう、

もの凄いことなんであって、

そんな自分の価値をもっと認めて

もっと大事にしていい!

ってことなんです。

 

下の過去記事「そもそもあなたは素晴らしい」を

読んでみて下さいね。

 

また長くなっちゃったので

続きは次回に!

 

今日も読んでくれてありがとう(*^^*)

yuuhotoissho.hatenablog.com

 

yuuhotoissho.hatenablog.com

 

/* */ @import "/css/theme/handwriting/handwriting.css"; /* */ /* */ body{background:#F5A2A2;} /* */ /* ### ブログタイトルの文字色 ### */ 6 #title a{ 7 color:#FF66CC !important; 8 } #title{ font-family: "Mplus 1p"; font-size: 10px; letter-spacing: 0px; } h1.entry-title a{ color: #752100; font-size: 20pt; }