はじめまして②私のこと

こんにちは、朋子です。

 

私自身のことについては

今後の記事でも書いていこうと思っていますが

簡単に自己紹介させていただきます。

 

このようなブログを書いている訳ですから

もちろん私も若い頃からずーっと

「自分がわからない」ということで悩んできました。

 

いつも考えていた訳ではなくて

考えることを辞めていた時期ももちろんあります。

でも心はもやもやしたまま、

ただ自分と向き合うことを

辞めていた時期だったのだろうと思います。

悩みはずっと心にありました。

  

子供の頃から

いい子でいることにこだわっていました。

一人っ子だったせいもあるかもしれません。

 

親や人に迷惑をかけないこと

自分より相手を優先すること

人に優しくすること

人を傷つけないこと

親の言うことを聞くこと

真面目に生きること

 

そういうことを大事にしていました。 

 

もちろん、どれも悪いことではありません。

 

だけど、

「相手を大事にするように自分も大事にする」

ということを知らなかったんです。

 

「自分を大事にする」

という概念を

持ってなかったからです。

 

自分は置いておいて

相手を優先し大事にする。

そういうことを

子供の頃から長年やってきました。

 

幼稚園の頃から転校が多かったことも

多少影響しているのかもしれません。

 

新しい環境に受け入れられて好かれるためには

自分より相手を優先して大事にする。

そういう術を自然と身に着けたのかもしれません。

  

人の気持ちはよくわかるし

ジャッジせずに受け止められるし

共感できるんです。

 

仕事でもプライベートでも

「自分より相手を優先」

がある意味私の

スローガンみたいになっていました。

 

そうしたら、

自分がわからなくなってしまったんです。

 

だけど、

それでも生きていけるんです。

当然だけど、それでも普通に暮らしてはいけます。

すっきりしないモヤモヤ感は胸の中にあるけれど

それでも普通に生活していました。

 

それに悪いことばかりではありません。

人には好かれるほうですし、

優しいね、話しやすいね、相談しやすいね、

と言われることも多いです。

 

でも40歳を過ぎて人生折り返し地点に来て

「もう本腰を入れて

自分と向き合ってあげなきゃ」

って思ったんです。

 

もちろん、今までも何度も

もっと自分を大切にしたい

もっと自分らしく生きたい

と思ってはきましたが、

 

今までのクセで

どうしても自分が後回しになっていました。

 

でも今回は本気度が今までとは違いました。

 

 

本気を出したきっかけがあります。

 

子供が一人いるのですが

もう一人欲しくて

長い間不妊治療をしていました。

色々トライしたのですができなくて

41歳になった時

二人目は諦めることにしました。

 

それまでは

家庭と子育てと

不妊治療中心の生活をしていましたが

不妊治療を辞めて

子供がだんだん手を離れてきて

色々と考えたんです。

 

これからは自分中心の人生を生きよう。

 

そのためには

自分の気持ちをもっと大事にしたい

自分ともっと向き合って

自分を好きになって

自分の人生を歩みたい。

 

そう強く思ったんです。

 

40代、人生折り返し地点。

 

今までの分を取り戻すように

自分とじっくり向き合いたい

自分らしく生きたい、

と強く思ったんです。

 

そして色々と試行錯誤して

今はおそらく自分史上一番自分が好きです。

それがとても嬉しいんです。

 

だからこそ、

もし同じようなことで悩んでいる方がいたら

その気持ちをブログを通して受け止めて共有して

自分とじっくり向き合って

自分が好きになるきっかけになるような

ブログが書けたらいいな、

って思ったんです。

 

これからの記事に

思いつくことを心のままに色々書いていきます。

皆さんどうぞ宜しくお願いします。

 

今日も読んでくれてありがとう😊

/* */ @import "/css/theme/handwriting/handwriting.css"; /* */ /* */ body{background:#F5A2A2;} /* */ /* ### ブログタイトルの文字色 ### */ 6 #title a{ 7 color:#FF66CC !important; 8 } #title{ font-family: "Mplus 1p"; font-size: 10px; letter-spacing: 0px; } h1.entry-title a{ color: #752100; font-size: 20pt; }