自分ノート

「観念の構造図」

こんにちは、朋子です。 今日はバシャールの本に書かれている 『観念の構造図』をご紹介します。 もう何度も読んでいる本 『未来は、えらべる!』 という本があります。 宇宙存在バシャールの本です。 未来は、えらべる! (VOICE新書) 作者: ダリル・アンカ,…

感情を大事にする→宇宙の法則

こんにちは、朋子です。 昨日の記事を読んで、 「感情が大事なのはわかったけど、 何をどうしたらいいんだろ?」 と思ったそこのあなた!笑 今日はそのあたりについて 書いていきますよー! ***** 自分を知るには、 自分の「感情」に注目するのが大事だ…

心が平穏だろうと荒れていようと

こんにちは、優歩です。 私が昔から長年書いている 「自分ノート」というのがあります。 いつもこのブログを 読んで下さっている方は おわかりかと思いますが、 心に湧いた、 頭に浮かんだものを ひたすら書いて可視化して、 自分と向き合うための、 自分の…

自分ノートの楽しみ方②

こんにちは、優歩です。 昨日の記事の続きで、 今日も「自分ノート」について 書いてみたいと思います。 基本、ノールールです。(笑) 何を書いても許されるノートとして 自分の感情を吐き出す、見つける、 自分の気分を上げる、 ということをメインにして書…

自分ノートの楽しみ方

こんにちは、優歩です。 今日は、 私のブログで度々登場してくる、 自分の心と向き合うための 大切なツールとなっている 「自分ノート」について 書いてみたいと思います。 「自分ノート」についての 簡単な概要については こちらをご覧ください。↓ ↓ yuuhot…

「褒められて嬉しい」を考えてみた。

こんにちは、優歩です。 日々、 自分の感情、思考、本心、エネルギーに 注目しながら生活してます。 今まで自分に注目してこなかった分、 今そこに充分に時間をかけて、 一生懸命自分を取り戻している、 そんな日々を送っています。 さてさて。 今日も気づい…

思考グセを見つけていこう

こんにちは、優歩です。 前回の記事で、「思考グセ」というのは、 自分が傷つかないように、自分のためを思って 自分が身につけた「工夫」なので、 あんまり悪者扱いせずに、 長い目で付き合っていきましょう! というお話をしました。 今日はその「思考グセ…

自分を満たしていい気分でいるために

こんにちは、優歩です。 皆さんは、自分がいつもいい気分でいるために、 どんなことをしていますか? 毎日、自分が少しでも幸せを感じられて、 楽しく前向きな気持ちで過ごすために、 していることがありますか? また、「これをしたら気分がアガる」という…

自分をまるごと愛するということ

こんにちは、優歩です。 自分がわからないことの背景には 「自信がない」 「自己肯定感が低い」 ということが潜んでいるように思います。 自分がそうだったのでよくわかるのですが、 自分のいいところもダメなところも含めて まるごと受け入れられていない、…

子供の頃の自分からヒントをもらう

こんにちは、優歩です。 私は小さい頃は天真爛漫で、 近所の男の子達と毎日外で遊んで日焼けして真っ黒でした。 まだ朝ご飯を食べている時間に ピンポンピンポーンと連打され、 「遊ぼー!」と男の子たちが迎えにきて、 「いまいくー!」と箸を投げて遊びに…

「自分ノート」についてのご紹介

こんにちは、優歩です。 私のブログでは、 たびたび「自分ノート」というのが登場します。 「自分ノート」は 難しいことなんて何もなくて 何を書いても許されるノートです。 自分の気持ち 嫌だったこと、嬉しかったこと やりたいこと、やめたいこと 好きな人…

どうして自分がわからないのか?②感情を思い出す

こんにちは、優歩です。 前回の記事の続きですので、 前回記事を読んでいない方は読んでみて下さいね。↓ yuuhotoissho.hatenablog.com

どうして自分がわからないのか?①過去の出来事

こんにちは、優歩です。 みんなそれぞれ 自分の人生における苦労はあろうとも、 夢や目標があったり なりたい職業や勉強したいこと 趣味や生きがいなどを見つけて 人生を謳歌しているのに、 どうして私はやりたいことがないんだろう? どうして自分がわからな…

自分ノートの勧め

皆さんこんにちは、優歩です。 今日は、私が長年書いている 「自分ノート」について お勧めしたいと思います。 今後の記事でも、自分と向き合う際に 自分ノートに「書く」という作業を通して 考えることをお勧めしていきます。 便宜上「自分ノート」と呼んで…

/* */ @import "/css/theme/handwriting/handwriting.css"; /* */ /* */ body{background:#F5A2A2;} /* */ /* ### ブログタイトルの文字色 ### */ 6 #title a{ 7 color:#FF66CC !important; 8 } #title{ font-family: "Mplus 1p"; font-size: 10px; letter-spacing: 0px; } h1.entry-title a{ color: #752100; font-size: 20pt; }