望みを出すのが苦手な人には、これくらいしないとな。byハイヤーセルフ

こんにちは、朋子です。

 

先日ちょっと面白い出来事があったので

ここでシェアさせて下さい(*^^*)

 

 

近所に中古の戸建物件が売りに出ていて、

ちょっと見に行ってみることにしました。

 

価格が安めだったので、

あらかじめ不動産会社に電話して、

「この安さは何なんですか?」

と確認したら、

 

雨染みがあるので

多少リフォームが必要なことと、

あとは現地で説明します、とのこと。

 

安いということは何かあるだろうな、

何か嫌な予感…と思いつつ、

 

いやいや、こういう時こそ、

いいイメージしてから見にいこう。

見に行く前のイメージが大事。

 

そう思って、

広いリビングだったらいいな~

キレイだったらいいな~

 

なんて思いながら、

夫と二人で見に行きました。

 

 

…そしたらですよ。

 

 

物件に一歩足を踏み入れるや否や、

まず玄関の壁紙がボロボロなんです。

お化け屋敷かな?くらいに。

 

「猫か何か飼ってたんでしょうか?」

って聞いたら、

「はい、ちょっとやんちゃな猫だったようで…」

って言うけど、

 

部屋に上がってさらにびっくり。

全居室の全壁紙がボロッボロ。

畳も床もひどい状態。

 

いやこれは

「ちょっとやんちゃ」とかいうレベルじゃない、

2~3匹?いや4~5匹飼ってたんじゃなかろうか…

 

雨染みがあるなんてことは

もうどうでも良くて、

とにかくこの家に人が住んでいたということが

信じられないというレベル。笑

 

あまりの酷さに

私も夫もなぜか面白くなってきてしまい、

 

「この状態の部屋によく住んでましたよね~」

「これは人を呼べる状態の家ではないですね」

「どうやったらこんなに家が傷むんでしょうか」

「築年数の割に傷み過ぎですよね」

「動物だけの問題ではないですよね」

 

とか、もう言いたい放題。笑

 

「ちょっとここは、無理です」

 

と言って帰宅し、

 

さすがの夫もその家から

ただならぬエネルギーを感じたのか、

 

帰宅してから

「邪気を払っておいた方がいい」

とか言って、

自分と私に塩を振りかけてた。笑

 

そのくらい、凄かったんですよ。

あれは、やば過ぎる。笑

 

San Francisco, Skyline, House, Tourism, Buildings

 

 

…それで、思ったこと。

 

 

安い中古物件というのは

何かかんか問題があるだろうと思いつつ、

 

物件を見に行く前に

それなりにいいイメージして、

気分を整えてから見に行った。

 

なのにそれは、

 

夫が帰宅後に塩を持ってくる程、

酷い物件だった。笑

 

 

 

…これって、何なんだろう??

 

 

どういうことなんだろう??

 

 

あまりにも衝撃的な出来事だったので、

ちょっと考えてみたんですよね。笑

 

 

 

それで、思ったこと。

 

 

前回のブログに書いたとおり、

去年は「望みを出す」ということに

苦手意識があったので、

 

今年は、

 

どんどん望みを出していく

望みを出すことに慣れる

自然に勝手に望みが出るようになる

 

そういう自分になろうと思っていて、

 

初詣でもそれを願ってきたんですよね。笑

 

 

で、「望み」っていうのは、

 

嫌なことが起きて嫌な気分になった時や

何かモヤモヤする時に、

 

「じゃあ、どうしたい?」

「じゃあ、どんなのが好み?」

「本当の本音と望みは、何?」

 

っていうことを自分に問うて、

 

どんなだったら嬉しいかを具体的にして、

それを自分の中で全て認めていく。

 

っていう作業なんですが、

 

 

 

たぶん、私の場合、

 

今回の中古物件くらい、

めちゃパンチの効いた現実に直面させて、

 

「こんなの嫌だーー!」

 

って強烈に思わせないと、

 

「じゃあどんなのがいいのか」

っていう本音の望みが出ないんですよ。

 

そのくらいのことやらないと、

こいつは本音の望みを出してこない。

 

…って思ったんでしょう、

もう一人の私が。笑

 

実際、今回の物件を見た後、

 

「やっぱり中古じゃなくて新築がいい!」

「広くて綺麗なリビングがいい!」

 

って強烈に思ったし、

あれこれ具体的な望みも出た。

 

そもそも最初の段階で、

 

「お金がないから中古物件でいいや」

「お金がないから新築戸建なんて無理」

「多少古くても我慢しないと」

 

って、

自分の本音の望みではない条件を

自分で自分に勝手につけたうえで動いてるし、

 

「雨染みがあります」

って言われた時点で、

既に「中古は嫌だ」っていうのが本音だった。 

 

そもそも最初から、

本音の望みじゃなかった、

ってことなんですよ。

 

そういう、

モロモロのズレと、

ほんとのほんとは何が望み?

 

っていうことに気づかせるために、

 

こんなにパンチの効いた物件を

見せてきたって訳です。笑

 

 

…すごくないですか?笑

 

 

「今年は望みを出せるようになりたい」

って思った私への、洗礼ですよ。笑

 

 

こういうふうに、

何かすごい出来事が起きた時に、

 

「何に気づけってことなんだろう?」

 

…っていう視点で出来事を見ると、

 

結構面白いです。笑

 

 

今日も読んでくれてありがとう(*^^*)

2020年も自分に集中していきましょう!

皆さん、遅ればせながら、

明けましておめでとうございます。

 

あらためまして、

 

「ひたすら自分と向き合う」

を書いています、朋子です。

 

2020年も宜しくお願いします(*^^*)

 

このブログは、ブログ名のとおり、

自分と向き合って

自分と繋がって生きようというブログで、

 

私が日々自分と向き合う中での

どうでもいい実践内容や実体験、

私が好きなエイブラハムや宇宙理論、

音楽などについて書いているブログです。

 

良ければお付き合いいただければと思います。笑

 

 

さてさて。

 

今年の私のテーマは

「どんどん望みを出していく!」

ということです。

 

これはもう昨年の暮れから決めてました。笑

 

昨年1年間は、

自分をリラックスさせる

自分の全てを許していく

 

というところに集中したように思います。

 

おかげでだいぶ心身ともに緩んで、

ラクに生きているとは思いますが、

 

「望みを出す」ということが苦手でした。

 

 

これはもう、当たり前だと思ってます。

だって長年、

望みを出すということが下手だったし

慣れていなかった訳ですから。笑

 

望みなんて、

出ると同時に瞬時に封印。

または諦め過ぎて、望み方忘れた。笑

 

そして

望みを出すと同時に抵抗が出る、

つまり、

「どうせ無理」という気持ちが瞬間的に出るので

かえって気分が悪くなる。笑

 

去年はこういう感じだったので、

 

さぁ今年は、

さらにリラックスして、

さらに自分の全てを

許して受け入れていって、

 

望みを出すということに慣れ、

どんどん望みを出していこう!

 

…って思ってます。笑

 

 

こういうのって、やはり

人それぞれの意識の「段階」

ってもんがあるじゃないですか。

 

心身ともにリラックスして緩んで、

そうか、私はこれでいいんだ、

ダメなことなんて何もなかったんだ、

自分で否定してただけだったんだ、

 

なーーーんだ。

 

っていう境地にある程度いかないと、

 

「望み」どころじゃないんですよね。

 

それがよくわかったので、

今年はそこに集中していきたいと思ってます。

Spring, Sad, Fruit Trees, Tree, Season, Branch, Flower

 

昨年の暮れから、

Happyちゃん(竹腰紗智さん)がやってる

『Happy理論研究所』の

研究員として稼働しています。

 

研究員は約2600人、期間は約60日。

研究員それぞれが

日常生活の中で自分の意識と向き合い、

 

その実践と研究の報告をし合うという、

 

まさに

「ひたすら自分と向き合う」

ということを日々やっている、

マニアックな研究所です。笑

 

実は今それが結構忙しくて

ブログ記事がなかなか書けない。笑

 

ですが楽しいし気づきも多いので、

 

そこで得た気づきも

このブログでシェアしていきたいと

思っていますので、

 

皆さん、今年も一緒に

ひたすら自分と向き合っていきましょう!

 

では今年も宜しくお願いします♡

 

朋子

今年もありがとうございました!年末年始のんびりしましょう。

こんにちは、朋子です。

 

今日はもう31日。

今年も早かったですね~。

 

 

去年も今年も、

私の年末年始の心構えとして、

 

大掃除やおせち料理、年賀状など

年末にやるべきことを、

 

「無理してやらない」

「頑張らない」

 

っていうことを意識してました。

 

私の場合、

頑張ってやり始めると、

 

私だけひとりで頑張ってるのに

誰も手伝ってくれない 

 

と思い始めて

ひとりでイライラし始めるからです。

 

だいたい年末年始や、

誰かの誕生日やクリスマスなどの

「行事」の時ってのはそんな感じで、

 

ひとりで忙しい思いをしていることに

何で私だけ?ってイライラし始めて、

その嫌なエネルギーを家族に放出する。

 

っていうのが定番だったので、

 

行事はあまり好きじゃなかったんです。

 

 

 

去年から、年末年始も、

自分のやりたいことだけやる。

やりたくなければ、やらなくていい。

って自分に許して、

 

「楽をする」ってことを一番大事にしました。

 

 

今年は11月末あたりに

謎の「掃除波」が私の中に来て、

 

セスキ炭酸ソーダとか重曹を買って、

 

台所やお風呂、トイレなど

あちこち掃除したおかげで、

 

大掃除ってほどの掃除は

年末はほとんどしてない。

 

この、たまにくる「掃除波」。

 

年に何回か来るんですよね。笑

 

これが来たときに波に乗って掃除すれば、

別に年末に大掃除しなくても何とかなるんだな、

 

…ということがわかった。笑

 

☝これは「自分の波に乗る」

ということの実験です。笑

 

 

おせちも、

自分と家族が食べたい物だけにして、

作るものも減らしたら

ずいぶん楽になって、

 

「大変だ」「頑張らなきゃ」

っていう気持ちが無くなりました。

 

おかげで今年は

すごく楽な年末を過ごしてて、

私の機嫌もすこぶる良い。笑

 

年賀状も去年からやめて、

来た人にだけ出すことにしたら

ずいぶん楽になりました。

 

年賀状は日本の文化だし

好きな人も多いから、

楽しく書ける人にとっては

年に一度の楽しい恒例行事として

続けていけるのは良いことだと思います。

 

私にとってはこれもまた

年末の負担の一つであったので、

思い切ってやめました。

 

 

こんなにイライラしない年末を

過ごせる日が来るなんて、

本当に幸せです。

 

家庭の中で

「お母さんがイライラしていない」

って、

物凄い大事なことだよなー、

 

って実感しています。

 

 

皆さん、今年1年ありがとうございました。

とても多くの方に読んでいただいて、

たくさんの共感や応援の声をいただきました。

ありがたいことです。

 

感謝しています!

 

皆さん、良いお年を!

 

2020年にまたお会いしましょう!

Mt Fuji, Volcano, Foggy, Mountain

 

自分の個人的な人生体験に注目する。

こんにちは、朋子です。

 

今日はエイブラハムの本から

お気に入りの文章を抜粋します。

 

☟ ☟ ☟

 

“他人の体験を理解しようとしたり、

他人の立場に立って

人生を理解しようとせず、

 

あなた自身の個人的な人生体験に

注目するように勧めたい。

 

あなたが生きている人生そのもののなかに、

完璧な一貫性を持った宇宙の法則が

隠されているからだ。”

 

 

☝私は今年、

これをずっとやってた気がします。

 

 

自分というものに

じっくりと意識を向けながら

日常生活を過ごしていると、

 

「今」の人生経験を通して

「過去」の自分を癒す

 

ということが自然と起こります。

 

自分の思考や感情を

じっくり味わうことになるのと同時に、

 

なんでこんなにイライラするんだろ?

なんでこんなに怒っちゃってんだろ?

 

っていうところも、

じっくり掘り下げることになります。

 

そうすると、

色々なことがわかってくるんです。

 

「過去の経験」

「母親との関係」

 

これらが

自分に与えている影響が大きいこと。

 

ネガティブな感情が出る時ってのは、

 

その多くは、

過去の経験からくる自分を守るための

「思い込み」であること。

 

そして、それらを手放していけば、

本来の自分に戻れるということ。

 

私達の本質は「自由」であって、

それを楽しんでいいこと。

 

 

自分のことを掘り下げていくことで

自分と他人の「違い」

より鮮明になると同時に、

 

「自分と他人は一緒なんだ」

という感覚にもなるという、

 

このパラドックス。笑

 

これが俗に言う

「ワンネス」ってやつなのでしょう。

 

Snowman, Winter, Grasses, Hoarfrost, Figure, Funny

自分に集中して生きると、

より他人の立場や人生を

尊重できるようになるんですね。

 

まず「自分」。

 

☝昨日の記事にも

同じこと書いたかもしれない。笑

 

 

長らく他人軸で生きてきた私は、

ここ数年で、

物凄い勢いで自分に戻っています。笑

 

今年は自分に集中した、

私の人生において濃い1年でした。

 

皆さんはどんな1年だったでしょうか?

 

今日も読んでくれてありがとう!

 

ユヴァル・ノア・ハラリ氏の『21Lessons』の最終章に感動。

こんにちは、朋子です。

 

今日は、

私が「凄いな」という驚きとともに

すごく感動したこの気持ちを

是非皆さんと共有したくって、

 

そのことについて書きます。

 

☟  ☟  ☟ 

 

先日、夫がテレビで、

 

『“衝撃の書”が語る人類の未来』

第2部「ホモ・デウス

 

という番組を観ていました。

 

私は全く興味がなかったので

何か他のことをしていたのに、

 

気がついたら引き込まれるように

「ふむふむ」と身を乗り出して観ていて、

 

結果、最後まで

興味深く観てしまいました。笑

 

 

今年の初めに放送された

BS1スペシャルの番組で、

 

第1部が「サピエンス全史」
第2部が「ホモ・デウス

 

夫が観ていたのは第2部で、

人類250万年の歴史を多角的視点で紐解く、

という番組です。

 

 

 

“衝撃の書”というのは、

 

イスラエル在住の歴史家、

ユヴァル・ノア・ハラリ氏の

ホモサピエンス全史』という本で、

 

各方面で話題の本だそうです。

 

どのくらい話題かっていうと、☟

 

全世界で1000万部超えの

歴史的なベストセラーで、

マイクロソフトビル・ゲイツ氏や

Facebookザッカーバーグ氏、

ノーベル文学賞カズオ・イシグロ氏、

オバマ元大統領ら、

世界のリーダーや著名人が絶賛している

『サピエンス全史』。

 

人類250万年の歴史を

全く新しい驚きの視点から読み解き、

世界中に注目されている“衝撃の書”。

 

…っていう、凄い本らしいんですよ。

 

 

その続編

『ホモ・デウス(神となった人間)』

という本も出ていて、

 

テクノロジーの進化やAIが

人類の未来をどう変えるか?

人類は幸せに向かってるのか?

宗教問題、地球温暖化、国際問題、

あらゆる事象を多角的に見て紐解く

 

…という、

これまた深い本らしいんです。

 

 

この番組は、

 

ハラリ氏×池上彰さんの対談により、

 

これから人類の未来はどうなるの?

私達は本当に幸せに向かってるの?

 

というような

壮大なスケールの話題について、

ハラリ氏がグローバルな視野から語る。

 

…という、

 

恐らくハラリ氏のファンにとっては

たまらないであろう番組だったんです。

 

 

...で、ハラリ氏が番組で語った

その詳しい内容については

 

今日はちょっと置いといて、笑

 

 

実はここからが本題なんですよー。笑

 

 

夫はちょうど、

 

ハラリ氏の新刊である、

続編3冊目を読んでたんです。

☟これです。

 

21 Lessons: 21世紀の人類のための21の思考

21 Lessons: 21世紀の人類のための21の思考

 

 

「衝撃の書」『サピエンス全史』で

人類の「過去」を。

 

続編『ホモ・デウス』で

人類の「未来」を。

 


で、夫が読んでた『21 Lessons』

人類の「現在」を問うています。

 

この時代を私たちは
「どう生きるか」

 

ということについて、

 

幻滅、雇用、自由、平等、

コミュニティ、文明…などの

21トピックについて、

 

1章1トピック×21章で書かれています。

 

 

このテレビ番組を観終えた後、

 

この新刊を読み終えた夫が

驚いた様子でその本を持ってきて、

 

この本の大事な「締め」としての

21番目の最終章について

見せてくれたんですが、

 

 

超びっくりしましたよ。

 

 

…な、な、なんと、

 

 

21「瞑想」

 ーひたすら観察せよー

 

 

…って書いてあるんですよ!!

 

 

 

私はすんごく嬉しかったです!

 

 

何が嬉しいって、

 

 

数多くの偉人から注目されている

ハラリ氏が書いた新刊ですよ。

 

私にしてみれば、

 

理解できるのは最終章の「瞑想」だけで、

 

それ以外の章で書かれていることは

未知の分野過ぎて難しいし、

 

使われてる単語とその意味が

まずわからないという難易度。笑

 

申し訳なくなるくらい、

私には難しくて完全には理解できない。

 

絶対自分では手に取らないであろう本。

 

その『21 Lessons』の

最終章で述べられていることが、

 

「瞑想」~ひたすら観察せよ~

 

 

 

…こんな素晴らしい偉人が、

最終章で「瞑想」を持ってくるあたりが、

 

超嬉しいじゃないですか!笑

 

こんなに学歴も知識量も経歴も

興味のある分野も深め方も考え方も

まるっきり私とは違う方と、

 

大事にしてるポイントが同じ

 

って、超嬉しくないですか!?

 

…笑

 

違う星の宇宙人同士が、

お互い違いすぎて話が全く噛み合わない中で、

1個だけ超大事な共通点を見つけて

大喜びしてる(こちらが一方的に嬉しい)

 

…みたいな感覚ですよね。笑

 

 

しかも

書かれてる内容がまた、

素晴らしいんですよ。

 

「瞑想」が世界のあらゆる問題の

魔法の解決策になるなどとは、

私は断じて思ってはいない。

 

としたうえで、☟

 

世の中を変えていくためには

世界の多くの人が団結し

協力することが必要で、

 

人間の心や自分自身の心、

自分の内なる恐れや偏見、

コンプレックスとの対処法を理解すれば、

効果的に行動したり協力したりし易くなる。

 

 

…って言ってるんですよー!!

 

 

もう、本当にそうなんです。

 

世界や地球を整えたかったら

まず自分が整ってないと、

うまくいくものも、うまくいかない。

 

人も国も、

お互いどうでもいい何かに執着してると

議論がどんどん本質からズレるんですよね。

 

瞑想でなくてもいいので、

セラピーや芸術、スポーツなど

自分の内側と向きあうツールを

持っていることが大事だ、と

ハラルさんは言っています。

 

まず、自分。

まず、自分を見ていきましょう。

 

ここが一番大事、

っていうか大事な事って、

これ以外あるか?って感じです。

 

ハラリさん、ありがとう。笑

 

皆さんにもこの感動が

伝わってたら嬉しいです。

 

 

今日も読んでくれてありがとう!

自分は自分がお気に入りだと堂々と言っていい。

こんにちは、朋子です。

 

今年、私の中でヒットした

Happyちゃん(竹腰紗智さん)の言葉。

 

☟  ☟  ☟

 

絶世の美女だとしても、

自分でその顔気に入ってなければ

ただの不幸。

 

…笑。

 

そうなんですよ。

 

菜々緒さんみたいな

美人でスタイルもいい女性が、

 

どんなに周りの人たちから、

 

綺麗ですね、可愛いですね、

私もそうなりたいです!

付き合いたいです!

理想の女性です!

憧れてます!

 

って、称賛されたり

モテたりしたとしても、

 

自分で気に入ってなければ

何にもならないわけです。

 

 

逆に、周りから

太ってるだの、脚が短いだの

顔がパンパンだの、

ああだこうだ言われようが、

 

自分は自分がお気に入り!

 

っていう意識でいれば、

 

あーら不思議。

周りの反応も、

 

なんかカッコイイかも!

個性的でいいね!

自信があっていいよね!

 

…ってなります。

 

 

これのいい例が、

渡辺直美さんですよねー。

 

彼女の「自分プロデュース力」って

半端ないと思うんです。

 

メイクやファッションも、

ちゃんと自分に似合うものを選んでいて、

 

これが私!どどーん!

っていう魅力があるじゃないですか。

(…語彙力が。笑)

 

 

アメリカでグッチのイベント写真が

インスタに出された時に、

「醜い」「デブ」などの

心ないコメントがついたんですが、

 

この時の彼女のコメントが素晴らしい。

 

みんな私の魅力にびっくりした様子?

まだ2%しか出してないのに

痺れちゃったのね。

まだまだこれからよ。

 

 

…まじで痺れます。笑

 

 

結局、容姿に限らず、

自分の全部を

自分でどのくらい気に入ってるか?

お気に入りだと言えるか?

 

これって大事ですよね。

 

Snowman, Snow, Winter, Christmas, Shiny, Cold, Toy

 

私達は無意識に

自分にダメ出ししてることが

ほんっとーに多いんです。

 

些細なことでも、それは

チリも積もれば何とやら。

 

はい、こういう時には

『ぺこぱ』の漫才からの学びで、

全肯定に転換しましょう。笑

 

yuuhotoissho.hatenablog.com

 

今の自分、最高!

までいかなくても、

 

「今の自分はこれでいい」

 

っていうところまで

持っていきたいですよね。

 

今のあなたは、

自分のこと何%くらい気に入ってますか?

 

 

今日も読んでくれてありがとう!

いい気分の土台は、心身が満たされていること。

こんにちは、朋子です。

 

年末ですね~。

皆さんいかがお過ごしでしょうか?

 

今年1年を振り返って、

皆さんはどんな1年でしたか?

 

私は、

「どうやったら良い気分を保つことができるのか」

そればっかり考えていたような気がします。笑

 

 

私が思うに、

 

まず、いい気分でいようとする時に、

その土台として、

 

ある程度心身が満たされてる

ってことが大事だと思うんです。

 

忙しい毎日で体は疲れてるし、

精神的にもストレス満載。

 

そんな心身ともに疲弊している状態だと、

 

「いい気分」に持っていこうと思っても

なかなか難しいです。

 

エイブラハムの感情の22段階の記事にも

書きましたが、

エイブラハムの感情の22段階。罪悪感、自己卑下を感じてる方へ。 - ひたすら自分と向き合う

 

「悪い気分」から「いい気分」に

ジャンプアップしようとして

頑張る必要はありません。

 

…というか、それかなり難しいです。

 

悪い気分の時は、まず

 

「それに対して何とも思わない」

「良くも悪くもない」

「良い意味で、どうでもいい」

 

…っていう、

ゼロポイント・ニュートラルポイント

そこまで気分を「戻す」のが先決で、

 

そこからちょっとずつ

いい気分に切り替えていく、

というほうがラクです。

 

 

じゃあどうやってゼロポイントに戻すのさ。

ってところですが、

 

いかに心身をリラックスさせるか?

いかにノーストレスでいられるか?

 

ここがキーポイントになってきます。

 

 

私は今年、

「自分をリラックスさせる」

というところに力を注いだので、

 

たくさん昼寝をしたのと、

たくさん銭湯に行きました。笑

 

私、ほとんど昼寝しない人だったんです。

 

母が働き者で、いつも動き回っていて

昼寝をしているところを見たことがなかったので、

 

自分が「昼間に寝る」ということは

考えられなかったし、

そんなのあり得ないと思ってたからです。

 

yuuhotoissho.hatenablog.com

 

しかし今年は、

この昼寝の効用を実感しました。

心にも体にも、いいこと満載です。

 

10分20分の短時間から、

数時間単位の長時間まで、

 

眠いと思った時は寝るようにしました。

 

寝ると、思考が停止するのがいいんです。

 

一生懸命頭で考えれば考えるほど

ドツボにハマったり、

ネガティブになったり、

いいアイデアも浮かばないもんです。

 

もう、どうしたらいいかわからない。

 

そんな時は、寝るに限ります。

 

あと、すごくいいのが、

昼寝すると、そのぶん朝早く目が覚めるんです。

まだ家族が起きてこない時間帯に、

静かなひとりの時間を満喫できるんです。

これは貴重なひとりタイムです。

 

 

普段忙しく働いていてお疲れの方には、

欲を言えば3日間くらい有休を取って

心身を休めるのはオススメです。

 

1日目は、1日中ひたすら寝る。

2日目は、昼寝とお風呂の繰り返し。笑

3日目は、日常生活へのリハビリデー。

 

これで完全に心身ともに緩みますね。

 

Coffee, Mug, Winter, Drink, Coffee Mug, Beverage

 

寝て心身の疲れを取る

お風呂で体を緩ませる

思考を休ませてボーっとする

 

心身が疲弊している方は、

気分どうこうの前に、

まずこっちからだと思います。

 

これを充分にやって、

心身の疲れが取れて

緩んで満たされてくるからこそ、

 

次に

「あれ食べたい」とか

「あそこに行きたい」とか

「あれやりたい」ってのが出てきて、

 

それをやっていくことで

少しずつ気分が上がる。

 

そうなっていくんですよね。

 

 

今年、仕事や家事育児を

ちょっと頑張り過ぎたな。

 

そう思っている方は、

年末年始は心身を緩めていきましょう。

 

…とはいえ年末年始ってのは

特に女性は大掃除やおせち作りで

何かと忙しいものなので、

 

そういう方は

年明けからはあまり頑張らず、

もう少し緩めていきましょう。

 

心身ともにリラックスして余裕があると、

勝手に気分も良くなってきます。

 

 

今日も読んでくれてありがとう!

『ぺこぱ』からの学び②自分全肯定への転換。

こんにちは、朋子です。

 

みなさん、冬至が終わり、

クリスマスに年末年始…

これからイベント目白押しですね。

 

いかがお過ごしですか?

 

 

今年は「令和元年」でしたね。

 

国内・国外問わず、様々な分野で

これまでのやり方を改めるための

「膿み出し」と、

「新しい自由なやり方」

の台頭が目立ちましたね。

 

前回の記事に

M1の『ぺこぱ』に触れました。

M1『ぺこぱ』からの学び。 - ひたすら自分と向き合う

 

 

こうして漫才の世界にも

新時代の風が来てるのを見て、

 

もう分野関係なく、全方位全分野で

こういう現象が起きてくるんだろうなぁ。

って思いました。

 

 

…なんで私がこんなに

『ぺこぱ』を推してるかっていうと、笑

 

別に回し者でも何でもなくて、

 

日々「意識」に注目してる一個人として、

 

M1で初めて観た、

たった4分の『ぺこぱ』の漫才2本から、

意識の使い方について

すごく多くのことを学んだからです。

 

そしてこれは私達にとって

役立つ要素が満載だと思うからです。

 

まだ『ぺこぱ』の漫才を観ていない方は、

まずyoutubeで観てみて下さい。

一応リンク貼りますが削除される可能性あります。

YouTube

 

 

彼らの「全肯定ツッコミ」

 

これ、

「意識の使い方」という切り口で見ると

かなり大事なところを突いてきています。

 

まず、

観ていて気分が悪くなるようなボケや

変にディスるツッコミは皆無です。

 

今までは

そういう漫才がウケていたかもしれませんが、

 

「観ていて気分が良くなる漫才」

「安心して観ていられる漫才」

これはシンプルに人々の心を惹きつけますよね。

 

気分がいい・安心

=「本来の私達の波動」だからです。

 

 

さらに、

 

「もう誰かのせいにするのはやめにしよう」

「できないことを求めるのはやめにしよう」

「間違いを間違いと認められる人になろう」

 

…って、

ちょいちょい明言を挟んでくるんですが、

 

これらの言葉が意図するところは、

 

「内側を見よ」

「自分を生きよ」

ってことなんですよ。

 

  

そして「全肯定ツッコミ」の

大事なポイントは、

 

視点を変えれば捉え方が変わり、

物事を肯定的に捉えることができる

 

☝ここが凄いところで、

 

これは

私たちの日常生活に応用可能

というか

是非やってみていただきたいんです。

 

特に、

 

なかなか気分を変えられない、

気分転換が苦手、

「いい気分に」と言っても

どう転換していいかわからない、

無価値観がなかなか外れない、

視点を変えるのが難しい、

 

…そう感じている方は、

 

この、ぺこぱの「全肯定ツッコミ」を

日常生活の中で

真似してみていただきたいです。

 

 

明日の朝から、

半日でいいので、

 

日常生活で、自分で自分に対して

頭の中で言っていること、

頭の中で思っていることを

よーーーーく観察してみて下さい。

 

自分で自分に対して

けっこうな頻度で

「ダメ出し」してはいないでしょうか?

 

例えば、

 

朝起きた瞬間から、

「あーまた今日も寝坊したー私って何なのー」

「わー髪もボサボサでひどい顔だなー」

「あー私ってば、ご飯支度が遅いー」

 

…みたいなことを、

ほっといたら無意識に頭の中でやっていて、

 

こんなのは大したことじゃないって

思うかもしれませんが、

 

これが毎日毎日、

色んなシーンで蓄積されていくと、

 

「本当に何をやってもダメな私」

 

ってなっていっちゃう訳なんです。

 

自分で自分をどう思ってるかって、

想像以上に大事なことなんです。

 

 

そういう時に、この

「全肯定ツッコミ」の真似をしてみたら

いいと思うんですよね。

 

 

「あーまた今日も寝坊したー

…けど遅刻しなかった私は天才

 

「わー髪もボサボサでひどい顔だなー

…忘年会明けにしては悪くない

 

「私ってば、ご飯支度が遅いー

…遅くてもご飯出すこと自体偉い

 

…というように、

 

ダメ出ししてることに気づいたら、

そこからの自分肯定。

 

なんと、

楽しく転換できちゃうんですよ!

 

 

これ、さらっと書きましたけど、

すごくいい転換方法だと思うんですよ!

 

なかなか自分責めをやめられない人や

気分転換が苦手な人が、

 

楽しく意図的に自分を肯定していける

すごくいい方法だと思うんですが、

 

話を『ぺこぱ』から持ってきたせいか、

この重要性が充分に伝わってない感がある。笑

 

是非みなさん、youtube

M1の『ぺこぱ』の漫才を観て、

その意識の転換方法について

やり方を盗んで、真似してみて下さい。

 

 

こういう日常のちょっとした転換が

大事なんですよ!!

 

こういうのって、

楽しんでやればもうこっちのもんです!

Smiley, Emoticon, Anger, Angry, Anxiety, Emotions 

 

今日も読んでくれてありがとう(*^^*)

 

 

M1『ぺこぱ』からの学び。

こんにちは、朋子です。

 

皆さん、ゆうべのM1グランプリ、観ましたか?

 

私はテレビはほとんど観ないほうなのですが、

家族が皆テレビ大好きなので、

家族が観てるものを気が向いたら一緒に観る、

というスタイルです。

 

昨日のM1は家族みんなで観ましたが、

面白かったですねー。

 

皆さんは、どの漫才が一番好きでしたか?

 

私がダントツで素晴らしいと思ったのは

『ぺこぱ』でしたー。

 

なんか物凄いエネルギーを感じましたよね。

 

f:id:yuuhotoissho:20191223142328p:plain

 

…エンパス気味の方は

テレビとの付き合い方って

工夫が必要だと思うんですよね。

 

テレビってのは

気分が悪くなる情報が多すぎるのと、

それをさらに煽るような報道の仕方で

さらに気分が悪くなる要素満載なんです。

 

ドラマやお笑いも、

創作物だとわかっていながらも

気分が悪くなる要素が多すぎるんです。

 

漫才やコントでさえも、

観ていて気分が悪くなるものはあって、

 

まぁただ単に「好み」なのかもしれませんが、笑

 

そういうことで、

日々テレビから受ける影響ってのは

自分的には大きいしチリツモなので、

自分ではあまり観ないんですよね。

 

ついでに言ってしまうと、

「かま〇たち」の漫才が苦手です。笑

 

彼らは漫才師としては高い技術らしいですが、

 

観客を意図的にイライラさせて

そこに喜びを見出しているボケ方が

個人的に苦手です。笑

 

 

そのへん、『ぺこぱ』は

エンパス気質の私としては

安心して観ていられます。笑

 

ボケに対して思いっきり突っ込むかと思いきや、

突っ込むどころか「全肯定」

「全肯定ツッコミ」とでも言いましょうか。

 

ボケを突っ込まずして「全肯定」

 

こんな気持ちのいい漫才が

今まであったでしょうか?笑

 

 

www.youtube.com

 

 

意識を学ぶ私達にとって、

『ぺこぱ』の「全肯定ツッコミ」から学ぶものは

たくさんあると思うんですよ。 

 

「視点を変えると全てがOKになる」

 

「高いところから俯瞰して見ると

問題が問題ではなくなる」

 

「焦点をどこに当てるかで

現実がひっくり返る」

 

 

…もしかして『ぺこぱ』のお二人、

 

宇宙の法則の実践者か?

あるいは天然宇宙人か?

 

 

そしたらやはり、

ボケ担当のシュウペイさん、

恐らく「天然宇宙人」ですね。笑

 

※宇宙の法則など知らなくても

地でそれをナチュラルにやってる人のことを

私は勝手に「天然宇宙人」と呼んでます。

 

 

彼の発言を見て下さいよ。↴

 

「絶対に決勝に行くと決めてたので、

翌日は完全オフにしてました」

 

⇒これは、夢が叶った時に

自分がやりそうな行動を先取してやると

夢が叶いやすくなるという技です。

 

 

「決勝に行くっていうビジョンしか

描いてなかったので、

今年はそれが叶っていくのが楽しくて。」

 

⇒抵抗を全く持たずに夢を描くという、

宇宙の法則の実践者たちにとって

最もムズくてつまづくところを、

ナチュラルにやっておられる。

しかも叶うことを楽しむ余裕っぷり。

 

 

「自分たちの強み、持ち味は、

ぺこぱが生み出した、

ぺこぱにしかできない漫才です。」

 

⇒自分たちの漫才は、

たとえ型破りだとか漫才じゃないとか

あれこれ言われようと、

唯一無二の創造物だということに

自信を持っておられる。

 

 

…素晴らしい天然宇宙人!!

 

尊敬します!!

 

 

今日も読んでくれてありがとう!

 

 

 

全細胞はハイヤーセルフと繋がっています。

こんにちは、朋子です。 

 

今日は前回の記事☟の続きです。

自分最高意識が「普通」になったらいいよね。 - ひたすら自分と向き合う

 

 

自分最高意識をいつも思い出し、

その意識を自分のものにし、

キープしていく良い方法はないのか?

 

日々、あれこれ自分で試しています。

 

 

これも毎度書いていることですが、

 

こういうのって、

どんな方法が自分にヒットするか?

しっくりくるか?

腑に落ちるか?

 

それは、その人のタイプ、

例えば理論からだと理解しやすいタイプとか

理論より体感を先に得たいタイプとか

自己否定があるかないかとか

性格とか気質とかによって

 

本当に千差万別なので、

 

一番しっくりくる方法を自分で探したり、

自分なりにアレンジしたり、

自分で編み出したりして、

 

とにかく、

「気軽にあれこれやってみる」

ってのがいいと思うんです。

 

 

どういうことを考えたら、

どういうことに意識を向けたら

自分はいい気分でいられるのか?

自分に満足できるのか?

 

そういうことについて、

日常生活を使って

自分と会話しながら

気軽に楽しく試していけばいいと思うんです。

 

 

 

それで、

 

私が「これ、割といいな」と思った考え方を

ひとつご紹介します。

 

 

…それは、

 

 

「自分の全細胞を意識する」

 

 

…は?と思った方、大丈夫ですよー。笑

 

至ってカンタンな話です。

 

 

 

以前の私は、常時

「悪い気分」「ネガティブな思考」

でいたので、

 

…いい気分って、どんなだっけ?

っていうところまでいってたんです。

 

いい気分になる思考を選択したとしても、

すぐにそれを潰す思考が生まれてくる。笑

 

 

そんな状況でしたが、

 

手っ取り早くいい気分になれる

ツールを見つけました。

 

それは「瞑想」です。

 

私は思考より先に体感で腑に落とすタイプ

なのかもしれません。

 

エイブラハムの誘導瞑想CDが

youtubeに上がっているので

よく聴いていましたが、

YouTube

 

その「健康」に関する瞑想のところで、

このようなセリフがあるんです。

すごく良いのでご紹介します。

(以下引用)

 

 

皆さんの知的な体は何兆もの細胞で出来ていて、

 

その細胞は

いつも調和とバランスを探し求めています。

 

意図的に気分のいい思考に集中すると、

体の細胞は自然なバランスを取り戻します。

大切なのは、深い呼吸をする事です。

 

皆さんの体の細胞は

ソース(ハイヤーセルフ)に従っています。

 

体の細胞は、どんな事があっても

バランスを回復する能力をいつでも持っています。

 

(引用ここまで)

 

 

私達の何兆もの細胞たちは、

その1個1個がすべてが

ソース(ハイヤーセルフ)と繋がっていて、

 

全細胞一丸となって私たちを応援し、

サポートし、働いてくれています。

 

細胞たちが本領発揮するために

私達ができる、たった一つのこと。

 

それは、

 

「リラックスすること」

 

なんです。

 

 

深呼吸してリラックスするだけで、

 

「はぁ~…」ってなりますよね?

 

それはちょっと大げさに言えば、

「安心感、満足感、至福感」

「喜び、幸せ、無限」

を感じているということです。

 

さらには、

 

ソース(ハイヤーセルフ)と繋がった細胞たちは、

 

「こうやったらうまくいくよ~」

「こっちのほうがいいよ~」

「そっち、やばいよ~」

 

という情報を、

「ハッ」という気づきや、

「何となくそう思う」という

 

「感覚」として送ってくる。 

 

 

つまり、

私達のことを常時、

全面的に強力サポートしてくれる。

全力で応援してくれる。

 

それが私たちの「全細胞」な訳です。

 

Milky Way, Universe, Person, Stars, Looking, Sky, Night

 

私の頭の片隅には、

人間の細胞の数はたしか「60兆個」

っていう昔の知識がありましたが、

 

2013年、海外の学者さんが論文で

「約37兆6000億個」と発表されたようです。

 

37兆個の全細胞が、毎日毎瞬、

自分を全力でサポートしてくれて、

自分を尊重し、応援してくれてる。

めっちゃ愛されてる訳です。

 

そう考えただけで、

安心感に包まれませんか?

いい気分になりませんか?

 

 

 

ちなみに、

 

37兆個の全細胞のうち、

26兆3000億個が「赤血球」

 

つまり、

全細胞の3分の2は、

酸素を運ぶ役目である赤血球

ってことなんですよ。

 

話はここでも、

「やっぱり呼吸が大事か!」

「深呼吸してリラックスしよ!」

 

ってところに着地する訳です。笑

 

 

…ということで、まとめ。

 

 

37兆個の全細胞が、

24時間毎瞬、あなたを全力サポート。

37兆個ですよ、37兆個!!

 

深呼吸してリラックスすれば、

ますます細胞たちは本領発揮します。

 

…そう思うだけで、

安心感に満たされます。

 

瞑想も、オススメです。

 

 

また、いい気分になれそうな

色んな考え方について書いていきます。

 

今日も読んでくれてありがとう(*^^*)

 

/* */ @import "/css/theme/handwriting/handwriting.css"; /* */ /* */ body{background:#F5A2A2;} /* */ /* ### ブログタイトルの文字色 ### */ 6 #title a{ 7 color:#FF66CC !important; 8 } #title{ font-family: "Mplus 1p"; font-size: 10px; letter-spacing: 0px; } h1.entry-title a{ color: #752100; font-size: 20pt; }