「受け取りモード」。

こんにちは、朋子です。

 

ちょっと久しぶりの更新ですが

皆さん、お元気でしたか?

自分と仲よくしてますか?

 

私は相変わらず、

自分の思考と感情を見ながら、

あーでもない、こーでもないと

日々やっております。笑

 

 

このところ、

週に4日くらいは

朝にホットヨガへ行ってまして、

 

自分の身体の伸びを意識しながら

深い呼吸を繰り返し、

自分の心身と向き合うのが

「瞑想の延長のヨガ」という感覚で、

 

すごーく気持ち良くて、

すごーく貴重な1時間なんです。

 

 

なのに、

今朝は何だか、

行こうという気にならなかった。

 

気が乗らないときは、

行かないほうがいいってことだな。

 

…なーんて思ってると、

ピローンとラインが鳴った。

 

私の好きな

人類意識研究家のHappyちゃん(竹腰紗智さん)の

LINE@に登録してまして、

 

彼女から

「今朝は7時半からソースチャンネルやるよー」

っていう連絡だった。

 

彼女は、

「ソースチャンネル」と名付けた

インスタライブでの朝の誘導瞑想をしてて、

 

私は毎朝それを聴きながら

瞑想してた訳なんだけど、

 

彼女が1カ月LAにダンス留学し、

その間ソースチャンネルはなかったので

自分で瞑想してたものの、

深くは入れませんでした。

 

そしたら

彼女が急に帰国して

(早く帰国しろという感覚が来て

急遽予定を早めて帰国したらしい)

 

今朝、帰国後初の

久しぶりのソースチャンネルで

誘導瞑想をやってくれた。

 

今朝、私には

「ヨガに行く気になれない」

という「感覚」がきて

ヨガを休み、

 

超久しぶりに

Happyちゃん帰国後一発目の

「ソースチャンネル」で

瞑想をするという、

 

この完璧なタイミング。笑

 

 

そして今朝の瞑想、

すーーんごい深く入れた。笑

 

 

しかも、

瞑想の後に

その深く入れた体感に浸りながら、

 

「いやー今日は久しぶりに深いわ~」

「すごいリラックスできた~」

って感動に浸ってたら、

 

なんか

面白いイメージが湧いて

心が軽くなるのを感じたんです。

 

 

それがどんなのかっていうと、

 

自分の心臓のあたりから、

つまり「心」から、

 

黒くて小さな鉱石みたいなものが

ものすごい大量に、

 

ぶわぁぁぁーーーーー!!

っと、

 

空に向かって吹き出すイメージが

脳裏に浮かんだんです。

 

どんどん吹き出し続けて

全然止まらなくて、

空が真っ黒になるんじゃないかってくらい、

心から黒い鉱石が吹き出し続ける。

 

もう、

じゃんじゃん、出続ける。笑

 

だんだん、

吹き出す鉱石の数が減ってきたとき、

 

何となく、自分で気付き始めた。

 

f:id:yuuhotoissho:20190317135704j:plain

…あ、これはもしかして、

今朝の深い瞑想によって、

 

私が今までの人生で

心に溜め込んできた

ネガティブな感情とか

間違った思い込みとか

無意味な無価値観とか

無意味な罪悪感とか

 

そういう不要なものを、

 

もう本当にいらないから!

ってことで、

 

いま、

全部ぜーんぶ出し切ってるんだ!

 

 

…絶対そうだ!

 

もう全部出してやる!

 

もう全部、吹き出してくれ!笑

 

もう全部、出ちゃってくれーー‼‼

 

……

 

そんなこと考えてるうちに、

黒い鉱石は出なくなって

すっかり止まった。

 

はーーー、

やっと止まった。

出し切ったか。

 

なんか

心がめっちゃ軽くなった。

 

今まで抱えてた重たい荷物を

全部降ろしたような感覚。

 

 

そしてその時に

 

ふと頭に浮かんだのは、

 

……

 

「受け取りモード」

 

…っていう言葉。

 

エイブラハムが

本やワークショップの動画で

よく言ってる言葉だ。

 

 

…そっか。

 

なるほど、

「受け取りモード」か。

 

確かに、

私が苦手だった感覚だ。

 

もっと素直に、

 

人の優しさとか

愛とか

手助けとか

自分の願ったものとか

欲しいものを

 

受け取っていいんだよ

 

ってことなんだ。

 

 

確かに

「受け取る」ということが苦手だった。

 

その要因としては、

 

そんなのもらえないと遠慮したり

申し訳ないとか

そこまでしてもらうのは悪いとか

そこまでしてもらう価値が私にあるのかとか

迷惑をかけた自分を責めたりとか

 

そういう

どーでもいい余計な気持ちが

 

人の優しさや愛を

知らず知らずのうちに

本当に無意識に

 

「受け取り拒否」

 

していたかもしれない。

 

 

その

どーでもいい余計な気持ちを、

 

今日、黒い鉱石として、手放した訳だ。笑

 

なるほど!!

 

自分的に、めっちゃ納得してます。

 

この、

おっきな気づきと

おっきな体感。

 

…私は今日から、

 

「受け取りモード」で

生きていきます。

 

 

今日も読んでくれてありがとう(*^^*)

しんどい感情こそ、感じ切る!

こんにちは、朋子です。

 

 

自分が書いた過去の記事を

自分で読んでいて、

 

「やっぱりこれ大事だよなぁ」

…いいこと書いてるわ。 

 

って改めて思ったこと。笑

 

自分の実体験から見ても、

やっぱりこれ大事。

 

今日はそれについて書いてみます。

 

f:id:yuuhotoissho:20190306185509j:plain

 

いま、

何かがうまくいかなかったり

何かで悩んでいるとして、

 

怒り、辛い、寂しい、悲しい、

妬み、羨ましい

 

みたいな感情とか、

 

あるいは

 

自己否定、罪悪感、無価値観

私ってダメだなぁ…

 

みたいなものが浮上してきてるとしたら、

 

 

ポジティブな気分に転換しようとする

 

その前に、

 

その感情を

「感じ切る」

ってことが

 

とってもとっても大事です。

 

 

目の前の出来事によって

いま湧いた

ネガティブな感情ってのは、

 

過去に自分が封印した感情

だったり、

 

過去の体験で傷ついた時の感情

だったりします。

 

だから

 

自分でしっかり受け止めて

その感情を感じ切ることで、

 

その感情が

「やっと自分にわかってもらえた」

と癒されて、

成仏されます。

 

 

これをやってから、

 

さあ、じゃあちょっとずつ

気分と思考を変えていくか、

 

ってことに着手するわけです。

 

 

この

「感情を感じ切る」

「自分で癒してあげる」

 

という大事なところを

すっ飛ばして

即ポジティブに持っていこうとしたり、

 

ネガティブな感情はしんどいから

感じないようにしようとして

無視すると、

 

その感情が成仏しなくて

いつまでも

心の奥底に残るもんだから、

 

自分にわかって欲しくて、

自分に受け止めて欲しくて、

成仏したくて、笑

 

その感情が湧くような出来事が

繰り返し起きて

同じようなことで

しんどい思いをしてしまう。

 

 

だから、いま、感じ切る。

 

 

1回では終わらないかもしれない。

 

何度も出てきます。

 

何度か感じていけば

だんだん感情の大きさが弱くなってきます。

 

 

 

過去記事でも書いていますが、

 

私の場合は

 

「寂しい」

「愛されたい」

「わかってもらいたい」

 

この気持ちが本当に大きかったので、

今も時々出てきます。

 

やはりこれは

幼い頃の経験からきています。

(実際はもちろん愛されてたんだけど)

 

そういう過去の感情が、

 

今、目の前の出来事で思い出されて、

今、その感情が湧いてきてしまっている。

 

つまり、

 

今、目の前の出来事によって

辛くなっている

というよりは、

 

今の出来事に対して

過去の感情が過敏に反応して

今、湧いてきてしまっている。

 

そんな感じです。

 

 

私の場合、

もう何度も自分で受け止めて

自分で癒しているので

 

最近は

その感情が出てきたとしても

感情の大きさとしては弱くなってますが、

 

それでも、出るには出ます。

 

 

出たら、

 

泣いて、受け止めて、

わかるよって言って

自分を安心させてあげる。

 

何度も出るってことは

それだけ辛かったってことだから

何度でも、感じ切る。

 

 

「感じ切る」ことは

ちっとも怖いことじゃないんです。

 

むしろ

何度も感じ切って

受け止めてあげることで

自分がラクになるのを感じます。

 

っていうか、

確実にラクになります。

 

 

だから最近は

ネガティブな感情が湧いたら、

 

…あれ、この感情は

過去の何かの体験から来てるのかな?

 

って考えてる自分がいます。

 

 

そして

 

これは

「観念(思い込み)に気づく」

ってことに繋がっていきます。

 

結局のところ、

 

私の

「愛されてない」っていうのも

思い込みなんだけど、

 

思い込みかー。って思えるには、

やっぱり

なぜそう感じてしまったか?

っていうのを

過去の経験とともに思い出して

「感じ切る」ことが大事です。

 

だから、大丈夫なんです。

怖くないです。

 

悲しい、寂しい、

自信がない、

愛されてない気がする、

 

 

どうしてそう思っちゃったかな?

 

そう思っちゃうような

過去の経験があったかな?

 

たぶん、あるんです。

 

 

ちゃんと「感じ切る」

ちゃんと「受け止める」

ちゃんと「癒してあげる」

 

 

これを自分にしてあげられるのは

自分しかいないんです。

 

 

どんな感情も

感じ切っていきましょう!

 

 

 

今日も読んでくれてありがとう(*^^*)

 

 ↴こちらもご参照下さい。

※前は「優歩」というハンドルネームで

記事を書いていましたが、

もちろん朋子が書いてます。笑

 

yuuhotoissho.hatenablog.com

 

気づいたら、戻す。の繰り返し。

こんにちは、朋子です。




私は元々は

常に「外側意識」

つまり

いつも相手優先

それが

「いい人の条件」

みたいに思ってたから、

「自分がどう思ってるか」

それよりも、

相手はいまどう思ってるかな?
相手は楽しいかな?
もっと気を遣うべきかな?
私は評価されてるかな?

これを、ずーっと考えてました。



だけど

それをやめると決めて、



できるだけいつも、

自分はどう思ってるか
自分はどんな感覚か
気分はいいのか悪いのか
自分はどうしたいのか

というように、

自分の心に注目していこう、


つまり

「内側意識で生きる」

ってことを
ここ数年でやってきたんです。



これは練習あるのみって感じで、

外に意識が向いてることに
気づいたら、
そこから内に向ける。


気づいたら、内に。
気づいたら、内に。
気づいたら、内に。

これを繰り返すだけ。笑


はい、もうね、

長年のクセだから
ほっとくと、すぐ外側意識。笑


自分より相手の気持ちがよくわかる。笑

相手と同じ体験をした訳でもないのに
相手の気持ちに心から共感できる。

これは職業病かもしれない。
(ソーシャルワーカーという仕事してたので)



当然なんですよ、

だって、
ずーっとそうやって生きてきたし
それが正解だと思ってたから。



それを、

気づいた時に、
意識を自分に戻す。

外側向いてるな~と気づいたら、
自分に意識を戻す

これを
繰り返しやってたんです。

そしたら、だんだん
自分に注目してる時間が増えて
慣れてくるんです。

f:id:yuuhotoissho:20190226172315j:plain

おかげさまで最近は
だいぶ内側意識だったんだけど、


先日、とある仕事に出向き、

そこに行った途端、
思いっきり外側意識になった。


仕事ができる有能どころが集まってる。
能力も素晴らしい。

私は
頭が回るほうではないし
仕事もバリバリやるほうではない。

「たまにしか来ない、使えない人」

っていう位置づけなんだろうな。


…なーんて考え始めたのだ!笑



実際は、多分、
誰もそんなこと思ってない。

みんないい人だから、
誰も私のことをそんなふうに思ってない。

みんな自分の仕事が忙しいから、
いい意味で
そんなに私に注目してないのだ。笑

勝手に、自分を責めて、
勝手に、自分をダメな人扱いしてるだけ。




しかも
私にできるのは場を和ませることくらいだ、

とか考え始めて、

ひとりひとりに話しかけてみたり
変な質問をしてみたりと
おかしな気を遣い始めた。笑


だけどその時、

「あーいま、思いっきり外側意識になってるなー」
って、自分ですぐに気づいた。

なぜ気づいたか?

胸がモヤモヤしたから。
気分が悪くなったから。



懐かしいこの、
「胸のモヤモヤ」。



…場の空気に飲まれたな。
…って思った。笑




だけど、
その場で自分と会話して、
またすぐ内側意識に戻った。


いま、自己否定モードに入ってる。
周りにも無駄に気を遣ってる。
すんごく気分が悪い。

意識を、自分に戻そう。

仕事しに来たんだった。
自分のペースでやればいいんだった。

みんな忙しくて
猫の手も借りたいくらいだから、

いつも来ない私が来たってだけで、

「助かる!」なんて言ってもらえて、
超ラッキー。笑

私は私のできることをやれば、それでいい。

早く終えて、早く帰ろう。


無駄に周りに気を遣うことをやめて
自分に集中して仕事し始めたら、

逆に周りが気を遣ってくれて、

お茶やお菓子を出してくれたり
子供の帰宅時間を心配してくれる。

不思議なもんだ!笑



…ということで、

何が言いたかったかっていうと、


外側意識になってる時は

「気分の悪さ」
ちゃんと気づかせてくれるから、

気づいたら、また内側意識に戻す。

これを

繰り返し繰り返し、

気づいたら、戻す、
気づいたら、戻す、

ってやってたら、

気づいた時に、

すぐ、その場で、
戻せるようになるんだな。


ってことがわかった!笑


前は戻すのに時間がかかってた。

帰って自分ノート書いて戻そうとか、
エイブラハムの本を読んで戻そうとかしてたから、

ちょっと時間かかってた。笑


だけどだけど、

その場で戻せるんだ!

ちょっと感動!

(まぁ状況によるんだろうけど)



そう思えば、

外側意識になることだって怖くない。

「気づいたら、すぐ戻せるんだ。」



人と比較する必要なかった。
人に気を遣う必要なかった。


私はこれでいいんだった。
自分の感覚が一番大事なんだった。


そうやって、
その場で、頭の中を変えていって、
内に戻していく。



気づいたら、戻す。

これを、地道に繰り返す。


人がどう思ってるかより、
自分がいまどう思ってるかが大事!




今日も読んでくれてありがとう(*^^*)

世界は本当に優しい

こんにちは、朋子です。

 

その時々の、自分の

「気持ち」

「感情」

「本音」

それを拾い上げて、

 

やりたいようにやろう、

やりたいことをやろう、

頑張るのをやめよう、

無理しないことにしよう、

自由にしてみよう。

 

 

…そう決めてから、

 

 

今まで何となくやっていたことを辞めたり

 

それによって仲間と会う機会が減ったり

 

期待して依頼してくれているのに

「やりたい」と思えず

自分の気持ちを優先して断ったり

 

 

…そういうことが増えました。

 

 

これは

私にとって画期的なことです。

 

私は典型的な

「NOと言えない日本人」

だったので、笑

 

頼まれれば何も考えずにOKしてた。

 

 

それを去年から、

 

「返事する前に自分によく聞く」

断るなら丁寧に断る」

 

ということに

コツコツ取り組んできた訳なんだけど、笑

 

やはり「怖さ」はつきもので、

 

「嫌われるかもしれない」

 

という気持ちは出ます。

 

 

だけど実際、

 

色んなコミュニティでの

色んな場面で

本当に自由にさせてもらって

わがままさせてもらってるけど、

 

……

 

みんな、優しい。

 

本当にみんな、優しい。

 

f:id:yuuhotoissho:20190220161310j:plain

 

何か大事なことをお断りしても、

 

 

残念だけど、

しょうがないよね。

 

…って、言ってくれる。

 

そして、

その気になったら、

いつでも言ってきてよ!

 

とまで言ってくれる。

 

もちろん、

良く思ってない人もいるかもしれない。

 

だけど、

私の耳にそれは入ってこない。

私の耳に入ってこないってこと自体が、

みんなの「優しさ」だと思う。

 

 

ほんっとーに、

みんな優しい。

 

私の自由を許してくれる。

すごく理解してくれる。

 

 

世界って、優しいんだなぁ。

 

って、すごく思う。

 

本当にありがたいことです。

 

みんな、いつもありがとう。

 

読者のみなさんも、

気まぐれな更新にも関わらず、

いつもありがとうございます♡

 

昔は苦手だった「感謝」が

最近できるようになった。笑

 

日々、成長!

 

 

今日も読んでくれてありがとう(*^^*)

 

ホントの自分で嫌われよう

こんにちは、朋子です。

 

人に好かれたいという気持ちは

誰もが当然持ってるけど、

 

好かれることが第一目的になって、

 

自分を出さないままに

 

本当の自分ではない

「好かれるモード」の自分で

好かれたとしても、

 

あまり嬉しくないどころか、

虚しささえ感じる。

 

しかも、

 

こんなに「自分」を封じ込めて

相手に合わせたというのに、

 

その結果、

文句言われたり

不満そうにされたりした日には、

 

もう、怒りすら感じる。笑

 

 

私もそういうことを

ずっとやってきたんです。

 

私の場合、 

相手に合わせているという

自覚すらなかった。笑

 

 

f:id:yuuhotoissho:20190212191042j:plain

 

だけど、 

少ーしずつ、

 

自分の思ったことを相手に言ってみたり

相手と違う意見を勇気出して言ってみたり

 

勝手かな?わがままかな?と思いつつ

自分の自由にさせてもらったり

実はこうしたい、と言ってみたり

 

…そういうことを

勇気出してやってみると、

 

 

あれ?

何だかあっさり了解してくれたり、

言ったことを面白がってくれたり。

 

そして、

 

なんとなんと、

 

自分が言った意見が通らなかったり

やんわり否定されたり

はっきり断られたとしても

 

…さほど気にならない。

 

それどころか、

 

思ったことを言ったことによる、

 

「爽快感」

「満足感」

 

そしてそんな自分への

「信頼」

を体感できるなんて。

 

この感覚は素晴らしいです!

 

…この感動、

外側意識、他人中心で生きてきた人にしか

わからない感動かもしれない。笑

 

 

 

そして、

だんだんわかってくる。

 

断られたり

ダメ出しされたり

叱られたり

注意されたり

 

それって

 

今のあなたのその言動が

好きではない、受け入れ難い」

 

っていうだけであって、

 

私という人間を

否定された訳じゃないんだ

 

私という人格を

否定された訳じゃないんだ

 

 

 

そうなんですよね。

 

今の旦那のその言動がムカつく。

 

ただ、それだけ。

 

旦那のすべてが大嫌い。

もうどっか行っちまえ。

とは思わない。

(思う時もある。笑)

(別に思ってもよし。笑)

 

さらには、

 

同じ言動されても

日によって

すっごいムカついたり

さほど気にならなかったりする。

 

 

なんでかって?

 

…その日の「気分」だ!笑

 

受け取る側の

その日の「気分」で

受け取り方が変わってしまう。

 

つまり

 

受け取る側の「気分」で

いいだの悪いだの言われたりもするし

 

相手に合わせたところで

好かれるとも限らないのだ。

 

 

そんなもんだ!笑

 

こんな不安定で

どうにもならない

どうでもいいことに

エネルギーを使うことの

なんともったいないことか!

 

 

 

だから、

 

相手に好かれようとか

良く思われようとか

相手に合わせてとか

 

そういうところに

エネルギーを注ぐのを

やめてみよう!

やめちゃおう!

 

 

 

大好きなフレデリック

またいいタイミングで

『スキライズム』という曲を

youtubeにアップしてた。

 

これはもう、

リズムもメロディも

まさにフレデリックらしい曲!

 

「ウソの自分で好かれるよりも

ホントの自分で嫌われよう」

 

っていう歌詞が素晴らしい!笑

興味のある方はどうぞ↴

 

www.youtube.com

 

 

今日も読んでくれてありがとう(*^^*)

本気の「自分全肯定」。

こんにちは、朋子です。

 

このところ、

 

自分ともっと仲良くなる

自分を大好きになる

絶賛キャンペーン中です。笑

 

 

前回の記事にも書きましたが、

 

自分を大好きになるうえで

重要なポイントである、

 

自分を本気で全肯定する、

ということ。

 

この、

「本気の全肯定」

 

について、今日は語りたい。笑

 

f:id:yuuhotoissho:20190210160436j:plain
  

自分と仲良くなろうとする時、

 

「自分のこういうところが嫌い」

とか、

 

「自分のこういうところがダメ」

だと思っているところを、 

 

…それ本当にダメなのか?

 

って、

改めて考えてみて欲しいんです。

 

…あれ?

 

ダメって程でもなかったな。

 

…ってか、

 

これが自分の

可愛いところじゃん。

 

そう思えるかどうかが

重要ポイントだと思うんです。

 

 

 

 …それでですね、

 

これから、

超大事なことを言います。

 

 

…言いますよ!笑

 

 

人の魅力とか、

その人「らしさ」とか

愛しさってのは、

 

本人が、

 

「欠点」

「ダメ」

「嫌い」

 

そう思ってるところにこそ

存在するんです。

 

だから、

 

自分で自分の全部を

受け入れて認めて

OK出して、

 

どんな自分も可愛い。

どんな自分も好きだな。

 

ってなれば、

 

もうね、

 

自然に、勝手に、

その人らしさが発光して

魅力が溢れてくるし

現実が変わってくるんです。

 

↑これはもう、

声を大にして言いたい。笑

 

 

 

私たちは、

 

自分でOK出してて、

自分が好きだと思えるところは

自分の「いいところ」

 

自分で受け入れ難いところは

自分の「ダメなところ」

 

そうやって自分で、

 

いいとかダメとか

好きとか嫌いとか

勝手に仕分けしてるんだけど、

 

だけどその、

 

いいとかダメとか

好きとか嫌いとかの

 

「判断基準」は、

 

過去の経験からくる

自分の観念(思い込み)だったり、

その時々の周りの意見だったり、

常識的には…とか

今の時代は…とか

 

とにかく

 

判断基準自体が

不安定だったりする。

 

 

…そう考えると、

 

ダメな自分なんて言ったって、

 

そんなの、

 

確固たる「ダメ」ではないのだ。

 

だって、

ダメの基準自体が

よくわからん基準なんだから。

 

 

 

そう考えると、

 

自分という「全体像」が

どどーん!と、

ここにあるだけ

 

「こういう感覚を持ってるんです」

「こういう傾向を持ってるんです」

「こういうのが自分なんです」

 

…って、ただ、それだけ。

 

 

そこに、

良い悪い、好き嫌いの

区分けを持ち込まずに

客観的に自分を見てみる。

 

 

空の上で、

何やら複数の神様たちが、

地上にいる自分を見降ろしながら

ワイワイ会話してるのを

イメージしてみて下さい。

 

 

…空の上では、

こうなってる。

 

↓ ↓ ↓

 

 

「なるほどこういう感覚の人間ね」

「なかなか面白い感覚の人だよね」

「個性的な感覚の人だね」

「この感覚持ってるのは世界でこの人だけだから」

「ふむ。もう全体的に存在自体が面白いね」

「こういう自分がダメって思うこともあるらしい」

「へー、ウケる。勝手にそう思ってんだ」

「なにがどうダメなのか全然わからん」

「ってかダメっていう概念がわからん」

「どういう基準でダメとか決めてるんだか」

「どんなんでもそのままで面白いのに」

「どんなんでもOKなのに」

「どんなんでも全部が『自分』ってだけなのに」

「ねー。」「ねー。」

 

 

 

…わかりますか!?

 

これが「全肯定」の世界です。笑

 

 

今あなたが

自分のこういうところが

ダメ、嫌い、

そう思ってるところは、

 

どれもこれも、

ダメなんかじゃないんです。

 

 

だからまず、

 

自分のこういうところが嫌い、

自分のこういうところがダメ。

 

って思ってるところを

紙に書き出してみて、

 

…本当にダメなこと?

…本当にそんなふうに思われてる?

…本当にそんなことになる?

…別にいいんじゃない?

…ほんとーにこれ問題?

…別に問題なくない?

…別にダメでもなくない?

 

って、やってみて下さい。

 

 

これやっていくと、

 

どんな自分も自分なんだから、

これで生きていくしかないんだし、

だったらこの自分と

もっと仲良くなって、

こういう自分を好きになりたい。

 

自分って

結構面白いし、

結構可愛いな。

この自分で

どんな人生を歩もうかな!

 

って思えてきます。

 

 

私も、

もっと自分を好きになって、

「可愛いヤツ。」って

思いたいんです。笑

 

 

「こんな自分はダメな自分」

ってのは幻想です。

 

そう思う代わりに、

 

気に入らない自分に対しても

「可愛いヤツ。」

って言ってあげたい。

 

 

 

今日も読んでくれてありがとう(*^^*)

自分ともっと仲良くなるには?

こんにちは、朋子です。

 

前回の記事にも書きましたが、

節分と立春を境目に、

急激にすっきりした気分になり、

新たな気持ちで日々を過ごしています。

 

※前回の記事↴

今日は「立春」ですね。 - ひたすら自分と向き合う

 

私は占星術とか天文学とか

全く知識ないけど、

 

天体の動き、月の満ち欠け、

暦とか季節の節目、

地球全体と宇宙のエネルギー、

 

そういうものからの

心身への影響はかなりデカいな、

 

というのは

一昨年あたりから実感してる。笑

 

どんよりモードだった数週間を脱却して、

さあ、リフレッシュして、

さらに自分と仲良くしていこう!

というモードになっています。

 

f:id:yuuhotoissho:20190208210519j:plain

 

それで、ここ数日考えていたこと。

 

「自分ともっと仲良くなる」

 

ために、もっとできることはないか?

 

 

自分と一緒にいると、とても楽しい。

自分と会話すると、すごく面白い。

自分が可愛くて仕方ない。

自分が大好きで仕方ない。

自分に夢中。

 

そういうふうになりたい。

 

どうしたら、そうなれるのか?

 

 

で、ふと思った。

 

 

家族とか友達に向けている

優しさとか愛を、

 

同じように、というか、

それ以上に、

自分に向けたらいいんじゃないか?と。

 

 

例えば、

 

娘に対していつも感じている、

何ができてもできなくても、

無条件にとにかく「可愛い!」

と感じるこの愛を、

 

そのまま自分に向けたらいい。

 

友達に向けて言う、

「今はそれでいいと思うよ」

「別に問題なんてないじゃん」

「大丈夫だよー」

「すごくいいじゃん!」

 

っていう、

上っ面で言ってるんじゃない

心底思ってるこの優しさを、

そのまま自分に言ってあげたらいい。

 

なぜ自分には

つい厳しくなってしまうのか?

 

もっと自分に対して優しくして、

「すごくいいね!」って言ってあげて

一番の理解者になってあげて

すっごく仲良くなりたい。

 

自分を褒めるとか

自分の良さを認めるってことは、

 

恥ずかしいことでも

調子に乗ってることでも

何でもない。

 

「私のこういうところ、いいじゃん!」

って、

口に出さなくていいから、

心の中で堂々と言ってあげる。

 

それを堂々としないから、

自分が拗ねるんです。

 

拗ねた心は、どうなるか?

 

拗ねた心から出てくるワード。

 

それが

 

「どうせ」なんです。

 

 

「どうせ私なんて。」

 

これが自分の全方位に影響します。

 

拗ねまくった自分の心は

自分にすら本音を言ってくれなくなります。

 

こうして、自分がわからなくなる。

 

そうです、これが

私が長年歩んできた

自分がわからなくなる過程です。笑

 

 

 

だからこそ、 

 

大事な人に対していつも向けている

優しさと愛情を、

自分に向けてみる。

 

しかも半端じゃない、

本気の「全肯定」です。

 

自分で自分を

ダメだと思い込んでいるところ、

能力が足りないとか

できないとか思ってるところ、

 

そういうところこそ、

自分らしさだと認めて

 

そういうところこそ、

可愛いところだと受け入れる。

 

自分全肯定、自分全許容して、

 

自分の全部が好き!

 

って、なりたいなー。

 

 

…そんなことを考えていたら、

 

またまた、

ロスにダンス留学中の

人類意識研究家、

竹腰紗智さん(Happyちゃん)が、

似たような内容のブログ記事を

アップしてくれた。笑

 

彼女は本当に、

私が考えていることを

すごタイムリーに

ブログの記事にしてくれる。笑

 こちら↴

どんな自分も可愛い。 | 私の頭の中

 

 

そうそう。

「私は何やっても可愛い」

 

…っていう、

自分全肯定して自分を愛する視点。

 

やっぱり、

自分全肯定、これこそが超大事。

 

男性だったら、

「自分は何やってもイケてる」

(ダサいとこも含めてイケてる)

 

…って感じになるのかな。笑

 

 

とにかく、

 

何かができるからとか、

何かを頑張ってるからとか、

そういう

何か条件を付けた愛じゃなくて、

 

ダサくてクズな自分も含めて、

自分で自分を無条件に

可愛い、大好き、いい!

って思えると、いいよなー。

 

そういうことを

日常の色んな場面で

やっていきたい!

 

そんなふうに思う、今日この頃。笑

 

皆さんも是非!

自分全肯定でいきましょう。

 

 

今日も読んでくれてありがとう(*^^*)

 

今日は「立春」ですね。

こんにちは、朋子です。

 

昨日は「節分」、

今日は立春ですね。

f:id:yuuhotoissho:20190204145607j:plain

 

このところ

かなりどんより過ごしていた私ですが、

 

今日は昼頃から

いきなりすっきりした気分になり、

 

「いやーめっちゃ久しぶりの

この爽快感!」って感じで、

 

急に戻れたので、

自分でも驚いています。笑

 

 

節分には

「エネルギーを分ける節目」

「エネルギーの流れが変わる節目」

という意味があるそうです。

 

節分の2週間前くらいから

何となく気分が落ち気味で、

眠気とだるさも結構凄くて、

 

自分のエネルギー、

けっこう落ちてるな…

 

ということを感じていました。

 

 

カフェでコーヒーを飲んでも

自分ノートを書いても

フレデリックを聴いても

ドラムを叩いてみても

エイブラハムの本を読んでも

Happyちゃんの動画を観ても

ケーキを食べてみても

瞑想しても

 

……

 

なかなか気分が上がってこない。

 

 

どうしよう…

 

ボルテックスから外れまくってる。

 

自分と繋がってる感覚も薄れてる。

 

このままずっと気分が上がらなかったら

どうしよう。

 

…という、

焦りの気持ちもありましたが、

 

まぁ、いっか。

 

謎にエネルギーが落ちる時は、

今はそういう時期だってことだ。

 

寝て過ごしたっていいんだし、

引きこもったっていいんだし、

どんより過ごしたっていいんだし、

何もしなくてもいいや。

 

思いっきり、どんよりしてやる。

思いっきり、寝てやる。

 

そう考えて、

 

遮光カーテンを閉めて

布団に入ってみたりして、

めーっちゃどんより過ごしました。笑

 

このどんより感、久しぶり。笑

 

 

それにしてもこのどんより感、

私のものだけではない、

何か外からの影響も感じる。

 

そう思って色々調べてみたら、

 

やっぱり、

節分の2週間くらい前から

地球全体のエネルギーが変化してるらしい。

 

そして立春である今日から

エネルギーがガラっと変わるらしいよ。

 

 

…ということで、

 

私もいま、その流れに乗り、

すっごい久しぶりに

気分がすっきりしてる。笑

 

この爽快感!!笑

久しぶりのこの感覚!!

 

同じような方、

いるんじゃないでしょうか??

私のブログを読んでくれてるくらいだから

似かしい方が多いような気がする。笑

 

このところどんよりしてた方、

今日の気分はどうですか?

 

恐らく、徐々に徐々に

上向きになっていくから大丈夫!

 

さあ!

今日からまた新たな気持ちで

自分と繋がっていこう!

 

 

今日も読んでくれてありがとう(*^^*)

「昼寝」について。

こんにちは、朋子です。

 

このところ、

 

「体は元気なのに気持ちが元気ない」

 

という状況でした。

 

特に何があった訳でもないので、

ただのバイオリズムの波なんだと思う。笑

 

 

前は

1日中どんよりした気分で

胸がモヤモヤしているっていうのが

自分の気分のスタンダードだったのに、

 

おめでたい思考と

いい気分でいることの方が

多くなってくると、

 

ちょっと胸がモヤっとしたり

なかなか気分が上がらなかったりすると

 

けっこう苦しくって、

 

 

…前の私は、

よくこの気分でずっといられたなぁ…

 

 

って思う。笑

 

 

だけど私もまだまだ

新しい生き方を始めた初心者だから、

 

前の私の思考と感情に

戻ってしまう時も、

もちろんある。

 

 

それで、

いつも書いているように

こういう時はひたすら、

 

自分がホッとできること

自分が安心できること

自分がリラックスできること

自分の気分が良くなること

 

…これをひたすらやる訳です。笑

 

 

それで、

私の自分に戻るためのツールとしては、

 

カフェでコーヒーを飲みながら

ひたすら自分ノートを書くだとか、

近所の銭湯に行くとか

大好きなフレデリックを聴くとか

 

色々あるんだけど、

 

今回は、敢えて、

 

敢えて、

 

 

・・・

 

 

 

 

「寝る」

 

っていうことを

選択してみた。笑

 

 

 

なぜかというと。

 

 

このブログで度々紹介している

人類意識研究家の

竹腰紗智さん(Happyちゃん)が、

 

イデアを降ろしたい時、

インスピレーションを得たい時、

自分に意識を戻したい時、

ソースと繋がりたい時、

エネルギーを溜めたい時、

余計なことを考えてしまいそうな時、

 

そういうときは、

 

「寝る」。

 

っていつも言ってて。笑

 

彼女は人類意識研究家だから

そこんとこ徹底してて、

本気でやってる。

 

社会的地位のある

偉い方との会議中であろうと、

 

眠いという感覚が来たら、

別室に移って昼寝する。笑

 

そしたら

すごい閃きやインスピレーションが

降りてくるって。

凄いよね。

 

 

 

 

 

だけど、

 

具合が悪い訳でもないのに

昼間っから

「寝る」

ということに対して、

 

私の中に若干の抵抗感があり。笑

 

 

それはやはり、

私の母がそうだったからだ。

 

私の母は本当によく動く働き者で、

横になるのは

本当に具合が悪い時だけで、

昼寝をしているところを

見たことがない。

 

だから、

具合が悪い訳でもないのに

昼寝していいの?

 

…という発想になる。笑

 

 

だけど、

当たり前だけど、

 

お母さんが

昼間っから寝たっていい訳で。笑

 

寝ることに対して、

 

昼間だからダメとか、

起きたばっかだからダメとか、

お母さんだからダメとか、

疲れてないからダメとか、

 

そんな制限、ないのだ。笑

 

自由に寝ればいい。

予定がないならね。笑

 

 

 

f:id:yuuhotoissho:20190130142429j:plain

 

 

まあ、そんなこんなで今回、

 

自分の枠外しという意味も込めて、

 

自分に意識を戻すツールとして、

今まであまり選択してこなかった

 

「寝る」

 

ということにトライし、

 

数日、ひたすら昼寝しました。笑

 

5分でも、30分でも、2時間でも、

それはその日の感覚で決めて。

 

 

結論はというと、

 

寝ることで思考が停止して

本来の自分に戻るので

まず気分がすっきりする。

 

寝てただけなのに、

起きた時、結構お腹が空いてて、

そのタイミングで好きなものを食べると

気分が上がってくる。笑

 

数日やってると

だんだん

気分の良さとか心地良い感じを

思い出してきて、

何かをやろうという気になる。

 

このタイミングで

好きなことをやると

気分が上がってくる。

 

 

…ということで、

 

めっちゃオススメ。笑

 

 

ポイントは、

罪悪感を持たないこと。

 

堂々と「寝る」ということを選択し、

 

「本来の自分に意識を戻すために寝ます」

という意識で、寝る。笑

 

何分でもいいし、

何日でも、毎日でも、

寝たい時に、寝る。

 

お仕事されてる方も、

ランチのあと、

デスクで10~15分寝るだけでも

だいぶ違うらしいです。

集中力が増して

午後の仕事がはかどるらしいですよ。

 

 

今まで

昼寝の習慣がなかった方にこそ

おすすめしたい。笑

 

全ての人類に

好きな時に寝るという権利はある。笑

 

 

 

今日も読んでくれてありがとう(*^^*)

人には人のタイミングがある

こんにちは、朋子です。

 

このところ、

学生時代の友達から

人間関係について相談を受けて、

ラインで色々と話しています。

 

彼女、基本的には

人生に対して楽観的で、

楽しいことが好きだし、

思うように自由に生きてる女性です。

 

…なんですが、

 

なぜか、なぜだか、

人間関係でいつも悩んでいる。

 

いつも明るく楽しく生きていて

好きな趣味も持っていて

イキイキと生きる素敵な彼女が、

 

なぜかいつも

「人間関係」

というジャンルに関しては、

 

考え方が

ド級ネガティブで、

 

よくもまあ、

そんなふうに次々と

ネガティブなこと思いつくね~

 

と思わず言ってしまうくらい、

 

相手との関係について

悪い方へ悪い方へと考えてる。

 

もうね、凄いんですよ。

完全に私の上を行っている。笑

 

私と話して、

「あ~なるほどね!」

「そういう考えもあったか!」

と気持ちが上向きになった

次の瞬間、

 

「…でもさ~」

とまたネガティブになる、

 

この無限ループの繰り返し。

 

エンドレス、無限ループ。笑

 

大好きなフレデリック

『オドループ』という曲を

思わず連想しちゃったよ。笑

 

興味のある方だけどうぞ。↴

※記事内容と曲は一切関係ありません。笑

 

www.youtube.com

 

えーーー!

たった今、気持ち上がったじゃん!

その考え、いいねって言ったじゃん!

なるほど~!って、なったじゃん!

 

今まで話した時間は

何だったんだーーー⁉

 

って感じですよ。笑

 

 

…で、

この無限ループを繰り返すうちに、

 

私は、わかった。

f:id:yuuhotoissho:20190124192025j:plain

彼女は、

 

基本、

楽観的で楽しいことが好きで、

前向きで、素敵な女性なのだ。

趣味も楽しんで、

キラキラ生きてる。

 

だから

「ポジティブに考える」

ということは日常的にやってるし、

出来ない訳がない。

 

だけど、

 

「人間関係」というジャンルに限り、

 

「ネガティブ」でいるほうが

「安心」なのだ。

 

 

誰にでも、

ネガティブになってしまう

「ジャンル」がある。

 

お金、健康、仕事とか色々ね。

 

それが彼女にとっては

「人間関係」なのだ。

 

相手に期待して裏切られた時の

自分のショックを最小限に抑えたい。

 

悪いほうに考えておけば、

そうなった時ガッカリしなくて済む。

 

そういう思考は

多かれ少なかれ、誰でも持ってるけど、

 

彼女のそれは非常に強い。

 

それは

自分を守るための「ネガティブ」

なのであって、

 

自分が傷つかないための「予防線」

なのだ。

 

当たり前だ。

誰だってそうだもんね。

私だってそうだった。

 

 

そして

「こうなったらどうしよう」と

悪いほうに考えたことが

引き寄せの法則により現実化し、

 

「ほら、やっぱりこうなった」と

ますますネガティブ思考を強化する、

 

だからまた予防線を張る、

 

ということが繰り返されている。

 

 

それでも、

今の彼女にとって、

 

この思考とこの現実化こそが

「安心」なのだ。

 

だから、

「人間関係を良くしたい」

という思いはあったとしても、

 

「自分のネガティブ思考を変えたい」

「ポジティブな思考に変えたい」

 

とは、思えない。

 

相手とのいい関係を

ポジティブにイメージしたとして、

 

もしそうならなかったら…?

そううまくはいかなかったとしたら…?

相手に裏切られたとしたら…?

 

…ということを想像したら、

 

もう恐すぎて、

恐怖過ぎて、

 

それだったら

最悪なことを考えといたほうが

安心だわ!

 

…となっているのだ。

 

 

…わかります。よくわかる。

 

私も何十年もその状態でいたから。

 

 

 

そっか。

 

それなら、

今の彼女は、これでいいんだ。

 

今の彼女は、

今はネガティブでいる方が安心なんだから、

 

今はこれでいいんだ。

 

 

「今は」ってのがポイントです。

 

「今は」ネガティブでいるほうが安心だから、

「今は」これでいい。

 

彼女は、

彼女のタイミングで、

勝手に、自分で、変わるんだ。

 

 

私自身がそうだったように、

 

「もう、本気で変わりたい!」

「もう、本気でどうにかしたい!」

 

って彼女自身が心の底から思った時に、

 

彼女のタイミングで、変わるんだ。

 

 

 

だから、

 

今はネガティブでもいい。

 

「今ネガティブな彼女」を

否定しなければいいんだ。

 

 

だから私は彼女に、

 

「よくそんなに次々と、

悪いことが思いつくね~」

「うん、それは最悪だね~」

「めっちゃネガティブだね~」

 

とか言いながら、

彼女の話をただ

うんうんと聞いてることにした。笑

 

 

みんな、自分の

「タイミング」ってもんがある。

 

ちゃんと、自分のタイミングで

変化する時が来るんだ。

 

人間関係というジャンルに限り

めっちゃネガティブである彼女が、

私は好きだ。笑

 

だけど、必ず、

「もう本気で変わりたい!」

って言う日が来るだろうなー…

 

という予感もしてる。笑

 

その時は、

私がああだこうだ言わなくても、

彼女は、自分で変わっていくんだ。

 

そういうのって、

なんかいいな~~。

 

自分の変わる力を信じる、

人の変わる力を信じるって、

いいよな~。

 

なんて、思ったりしました。

 

 

 

今日も読んでくれてありがとう(*^^*)

/* */ @import "/css/theme/handwriting/handwriting.css"; /* */ /* */ body{background:#F5A2A2;} /* */ /* ### ブログタイトルの文字色 ### */ 6 #title a{ 7 color:#FF66CC !important; 8 } #title{ font-family: "Mplus 1p"; font-size: 10px; letter-spacing: 0px; } h1.entry-title a{ color: #752100; font-size: 20pt; }